テレワークとは

テレワークは、離職率の問題の解決をサポートし、企業・従業員にとっての理想的な勤務環境作りに貢献します。
ここでは、テレワークの活用により期待される効果、および導入プロセスをご説明します。

1テレワークとは

テレワークとは、「tele(離れた場所)」と「work(働く)」を合わせた造語で、ICT(情報通信技術)の発達により可能となった、時間や場所にとらわれない働き方のことです。
働く場所によって、「在宅勤務」「モバイルワーク」「サテライトオフィス勤務」の3種類に分類されます。

  • 在宅勤務
    在宅勤務
    在宅勤務とは、自宅を仕事場として業務を行うタイプのテレワークです。通勤にかかる時間を削減し、各々が自宅で理想的な仕事環境を構築できるため、従業員の負担を軽減できるメリットがあります。
  • モバイルワーク
    モバイルワーク
    モバイルワークとは、取引先企業のオフィスやカフェ、移動中のタクシー内などを利用し、特定の場所にとらわれることなく業務を行うタイプのテレワークです。業務は主にノートパソコンや携帯電話を使って行います。事業活動のうち必要な部分にのみ取り入れる形となるため、既存の体制を大きく変更しなくても良い点で優れています。
  • サテライトオフィス勤務
    サテライトオフィス勤務
    サテライトオフィス勤務とは、業務に必要な設備を備えたサテライトオフィス(本社から離れたテレワーク用のオフィス)を用意し、通勤の負担軽減を図りつつ労働生産性を高めるテレワークです。オフィスの維持にコストがかかるものの、在宅勤務より勤怠管理やモチベーションコントロールを行いやすい点で優れています。

「リモートワーク」と「テレワーク」はほぼ同義

リモートワークとは、オフィスから離れた場所を仕事場として遠隔から業務を行う働き方のことです。今では、テレワークとリモートワークはほぼ同じ意味の言葉として使われているおり、どちらもオフィスに出社せずに働くことを意味します。
地方自治体や行政機関は、助成金などの施策やイベント情報を公表する際に「テレワーク」と表記することが多く、リモートワークよりもテレワークのほうが身近な言葉であるといえるでしょう。

「テレワーク」の認知度は70%超

国土交通省が公表する「平成31年度(令和元年度) テレワーク人口実態調査」によると、回答者のうち「テレワーク」という働き方の認知度は、70.2%となっています。そのなかでも、「テレワーク」という働き方を「知っていた」と回答した人の割合は32.7%(前年度29.9%)と、上昇傾向にあります。

「テレワーク」という働き方の認知度

「テレワーク」という働き方の認知度

ページの先頭へ

ガイドブックのイメージ ガイドブックのイメージ

テレワーク導入ガイドブックを、
無料でダウンロードいただけます。

2021年1月改訂 新型コロナウイルス感染症対策にも!

何から始めればいいの? テレワークの基本について
わかりやすくご紹介しています。

さまざまなお悩みにお応えします!
まずは
お気軽にご相談ください。

小規模からの導入は可能?自社にあったテレワークの方法はある?くわしい人材がいないけれど、導入できるかな? 小規模からの導入は可能?自社にあったテレワークの方法はある?くわしい人材がいないけれど、導入できるかな? 小規模からの導入は可能?自社にあったテレワークの方法はある?くわしい人材がいないけれど、導入できるかな?

あなたに代わって、
上司に導入説明を行うことも可能です。

ページ上部へ戻る