• <自治体のお客さま>
    スマート自治体の実現をサポートする「AIよみと~る(LGWAN接続タイプ)」もご提供しております。詳しくはこちらからお問い合わせください。

    <NTT東日本との協業にご興味のある企業さま>
    貴社ブランドでAI-OCRをお取り扱いいただくビジネスパートナーも募集しております。詳しくはこちらからお問い合わせください。

読み取りデモ無料受付中
よくある活用事例TOP10 AI-OCR導入ガイド
稟議にそのまま使えるペーパーレス化推進ガイドブック
自社に合った業務効率化の手法がわかる! 業務効率化の手法まとめebook

AIよみと~る(手書き文字認識・読取・データ化)って?

  • 手書き書類や帳票の文字読取を行い、データ化するAI技術を使ったAI-OCRサービスです。
  • 大量の書類のデータ化により帳票処理業務の稼働削減が期待できます。

※本サービスのご利用には、スキャナー等の帳票類を電子化する機器およびインターネット接続環境が必要です。

※本サービスは、AI inside株式会社の「DX Suite」を活用しております。

MM総研大賞 スマートソリューション部門 AI/IoT分野 最優秀賞

AI-OCRとは?OCRとの違いについて

OCRは、Optical Character Recognition/Readerの頭文字をとっており、光学文字認識を指します。書類や帳票に用いられている手書きの文字を読み取り、テキストデータ化する技術です。請求書・申込書などに用いて、特に経理や書類管理業務で活用されています。

そして光学文字認識技術であるOCRに、AIの技術を組み合わせたものがAI-OCRです。人工知能による最新技術が加わることで、文字認識精度が高まり、くせ字や異なるフォーマットのものでも活用が可能となります。

また、定形作業を自動化するRPAとさらに組み合わせることで、データの抽出から加工までを自動で行うことができ、業務効率化を図ることができます。

AIよみと~るって何ができるの?
1分間の紹介動画はこちら
AI-OCRって何?
  1. 書類・帳票をアップロード
    書類・帳票を
    アップロード
  2. AIを使ってデータ化
    AIを使って
    データ化
  3. 読取り結果をファイル出力
    読取り結果を
    ファイル出力
  4. 「おまかせRPA」 と連携して自社システムへも自動入力
    「おまかせRPA」と連携して
    自社システムへも自動入力

AIよみと~るのモデルプラン・料金

スキャナーとインターネット接続環境があれば
プラン2の場合、同一帳票1枚当たりの「読取範囲」
×
1ヵ月の「処理枚数」=6万まで

通常版なら月額11万円で
定額の使用が可能です!!

例えば…同一帳票1枚あたり
読取範囲が20ある帳票なら、
月に3,000枚まで定額内で処理可能です。

入会申込書 入会申込書
3,000枚まで11万円定額内※ 3,000枚まで11万円定額内※

※月の読取箇所が6万を超える場合は、別途「従量利用料」が必要になります。

※種類の異なる帳票を読み込む場合は、別途「自動帳票仕分け機能(オプション)」が必要になります。

AIよみと~るのプラン・料金の詳細

AI-OCRの活用事例

税理士法人における
転記業務の効率化
全国64拠点(海外6拠点)、グループ合計で約1,400名の社員を抱える辻・本郷 税理士法人。今回この事務所がAI-OCRを導入したのには2つの理由がある。
賃貸管理書類の転記・
入力業務の効率化
株式会社ジェイエーアメニティーハウスはJA組合員の賃貸物件管理を主業務として神奈川県域で約20,000戸を管理している。不動産業につきものといえるのが
花き出荷伝票システム
入力作業の稼働削減
東京都中央卸売市場・板橋市場花き部として切り花や鉢ものなど観賞用植物全般を取り扱う株式会社東日本板橋花きは、全国の生産者から集まる商材を、都内の

よくある質問

AIよみと~るについて皆さまから寄せられるご質問にお答えします

AI-OCRって普通のOCRと何が違うのですか?
開く
「AI-OCR」は、OCRにAI技術を加えることで、大量の手書き文字のデータを機械学習することができます。その学習により、人によって特徴が異なる手書き文字の読み取り精度(認識率)が飛躍的に向上し、手書き文字をデータ化することが可能になっています。
AIよみと~るは、どのような文字が読み取れますか?
開く
手書き文字、活字両方のデータ化に対応しています。紙帳票の金額・商品名・取引先などの指定項目をいつも手入力している、目検確認をしているのであればAIよみと~るで業務効率化できる可能性が高いです。
AIよみと~るで読み取る紙書類例:請求書・納品書・注文書・輸出入関連の帳票等
導入・毎月かかる費用について教えてください。
開く
スキャナーとインターネット接続環境があれば、初期費用不要、月額3.3万円~ご利用いただけます。詳しくは、AIよみと~るの料金ページをご確認ください。
手書き書類のスキャナーは特別な機器が必要ですか?
開く
PDFなどへ変換可能なスキャナーであれば、一般のスキャナーでご利用いただけます。
ファイル形式は PDF、JPEG、PNG、TIFFに対応しています。
AI-OCRの導入に向けて、何から検討すればいいの?
開く
まずは、入力を多く行っている紙書類を見つけることをお勧めしています。
NTT東日本に問合せ頂ければ、無料で読み取りデモも行うことが可能ですので、是非お問合せください。
AIよみと~るに関するお問合せはこちらから

資料ダウンロード

  • AIよみと~る総合リーフレット
  • 手書き文字をデータ化するための 8つのチェックポイント
  • よくある導入事例10選 AI-OCR導入ガイドブック
  • 稟議にそのまま使える ペーパーレス化推進ガイドブック
  • 自社に合った業務効率化の手法がわかる!
    業務効率化の手法まとめebook

2つの選べるデモ体験で
読取精度や処理時間を実感してみませんか?

①サンプル帳票でデモ
オペレーターがサンプル帳票でご紹介いたします (オペレーターデモ)
②今お使いの帳票でデモ
お客さま自身が今お使いの帳票で体験いただきます (セルフデモ)

インターネット接続環境があれば、体験できます

お気軽にお問い合わせください!

デモ体験可能時間 平日9:00-17:00

フリーダイヤル0120-765-000

〈 お問い合わせ時間 〉

チャット 平日9:00~17:00

電話 平日9:00~17:00
(年末年始を除きます)

AIよみと~るサービストップ

おすすめコラム

導入までの3STEP

  1. 弊社にお申し込みください
    弊社に
    お申し込みください
  2. アカウントをご提供します
    メールでアカウントを
    ご提供します
  3. かんたんな設定でスタートいただけます
    ブラウザページからかんたんに
    スタートいただけます

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税込です。

ご相談ください! 0120-765-000

お問い合わせ

ページ上部へ戻る