クラウドゲートウェイ クロスコネクト

セキュアな接続で
いろいろなクラウドサービスを
思う存分活用したい。

それなら、クラウドゲートウェイ クロスコネクト

お知らせ
  • 2021年7月28日(水)

    クラウドゲートウェイ クロスコネクト(帯域確保型)の提供を開始しました

「クラウドゲートウェイ クロスコネクト」は、信頼性の高い閉域ネットワーク経由でクラウドサービスを利用したい法人のお客さま向けに、クラウドサービス(Amazon Web Services(AWS)、Google Cloud Platform ™、Microsoft 365、Microsoft Azure、NIFCLOUD、Oracle Cloud)およびNTT東日本のデータセンターへの接続を可能とする定額制のネットワークサービスです。さまざまなクラウドサービスとNTT東日本が提供するフレッツ・VPNサービス※1やビジネスイーサワイドなどを接続して、セキュアにシステムを構築することができます。
複数のお客さまで帯域を共用するベストエフォート品質の「共用型」と一定の帯域を確保する「帯域確保型」の2種類の接続タイプから選択できます。

※1「フレッツ・VPN プライオ」および「フレッツ・VPN ワイド

◎商標について

  • Amazon Web Services(AWS)は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
  • Google、Google Cloud Platform、GCPは、Google LLCの登録商標または商標です。
  • Microsoft 365 、Microsoft Azureは、米国Microsoft Corporationおよびその関連会社の商標です。
  • NIFCLOUDは、富士通クラウドテクノロジーズ株式会社の商標または登録商標です。
  • OracleとJavaは、Oracle Corporationおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。

共用型

クラウドサービスに接続する回線を複数のお客さまで共用し、安価でベストエフォート型のサービス

サービス構成

帯域確保型

クラウドサービスに接続する回線において、お客さまが選択した帯域を確保するサービス<最大10Gbps>

サービス構成

※帯域を確保する領域は、閉域ネットワーク回線の接続点からクラウドサービスとの接続点までの区間(青点線枠)となります。

クラウドゲートウェイ クロスコネクトのサービスの特長

接続可能なクラウドサービスおよびデータセンターサービス


クラウドゲートウェイ クロスコネクトのパンフレットをダウンロードいただけます。

クラウドゲートウェイ クロスコネクトの特長やご利用シーンについてわかりやすくご紹介しています。
サービス導入のご検討にご利用ください。

※「帯域確保型」は8月下旬に更新予定です。

NTT東日本のクラウドゲートウェイサービス

クラウドゲートウェイシリーズとはフレッツなどから簡単・セキュアにAmazon Web Services(AWS)、Google Cloud Platform、Microsoft 365、Microsoft Azure、NIFCLOUD、Oracle Cloud、NTT東日本のクラウド(IaaS)へ接続可能なサービスです。


表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税込です。

ページ上部へ戻る