テレワークの
メリットと課題

テレワークは、離職率の問題の解決をサポートし、企業・従業員にとっての理想的な勤務環境作りに貢献します。
ここでは、テレワークの活用により期待される効果、および導入プロセスをご説明します。

2テレワークのメリットと課題

テレワークの導入にはいくつかの課題・問題点があります。特に下記の3つをクリアできるかどうかは導入後の効果に大きく影響します。

  1. 情報セキュリティのリスク
  2. 勤怠管理などのマネジメント
  3. コミュニケーションの不足

「モバイルデバイス管理(MDM)」のような情報セキュリティシステムの導入や、勤怠管理システムやチャットツールなどの導入によるICT環境の整備を行うことで、これらの課題・問題点の解決に繋がる可能性があります。

テレワーク導入による5つのメリット

上記のような課題をクリアできれば、テレワークの導入によって以下のようなメリットが期待できます。
いずれも、多くの企業が直面する問題解決をサポートするものです。

  1. 離職率の低下
  2. 多様な人材の確保
  3. 生産性・業務効率の向上
  4. 災害などによるリスクの分散
  5. 企業イメージの向上

テレワークを導入することで、インフルエンザや新型コロナウイルス感染症などの拡大によって従業員がオフィスに出社できない場合でも業務を継続することができます。
また、在宅勤務を導入することで、従業員が仕事と育児・介護との両立ができるようになります。オフィスに出社しなくても業務を続けることができるようになるため、育児や介護を理由とした離職を減らせる可能性があります。

テレワーク導入時に注目すべき3つのポイント

テレワークを導入するときの判断において、注目すべきポイントが3つあります。

3つのポイント

テレワーク導入によりコストが増える、あるいは生産性低下の可能性がある場合、テレワークの導入は控えたほうがいいかもしれません。また、現時点で事業継続性に問題を抱えているかどうか、テレワーク導入により「災害時の業務対応」が改善されるかどうかも注目すべきポイントです。

ページの先頭へ

ガイドブックのイメージ ガイドブックのイメージ

テレワーク導入ガイドブックを、
無料でダウンロードいただけます。

2021年1月改訂 新型コロナウイルス感染症対策にも!

何から始めればいいの? テレワークの基本について
わかりやすくご紹介しています。

さまざまなお悩みにお応えします!
まずは
お気軽にご相談ください。

小規模からの導入は可能?自社にあったテレワークの方法はある?くわしい人材がいないけれど、導入できるかな? 小規模からの導入は可能?自社にあったテレワークの方法はある?くわしい人材がいないけれど、導入できるかな? 小規模からの導入は可能?自社にあったテレワークの方法はある?くわしい人材がいないけれど、導入できるかな?

あなたに代わって、
上司に導入説明を行うことも可能です。

ページ上部へ戻る