万引き対策にお悩みの
店舗の皆さまへ

「AIガードマン」
店内で検知した不審行動情報を
スマートフォンアプリへお知らせします。

◎AIガードマン対応AIカメラ
(アースアイズ株式会社製・別売)

「AIガードマン」とは

万引き対策を目的としたNTT東日本のAIカメラ用プラットフォームサービスです。AIカメラ(アースアイズ株式会社製・別売)が検知した店内での不審な動きを、AIクラウドから店員のスマートフォン(専用アプリ)にお知らせ。店員の声かけによって万引き抑止を支援します。

  1. 1不審行動の
    パターンファイルを提供
    検知情報を送信
  2. 2検知した情報を
    店舗スタッフに伝えて、
    「お声がけ」を促進
  3. 3「お声がけ」の状況を
    レポートし、店舗の
    万引き対策を支援

◎「AIガードマン」は、アースアイズ株式会社が保有する登録商標です。

◎ご利用にはインターネット接続環境、Wi-Fi接続環境、対応するAIカメラ(アースアイズ株式会社製)および 専用アプリが別途必要です。なお、専用アプリのご利用にはアースアイズ株式会社との契約が必要です。

◎本サービスは万引き防止の完全性を保証するものではなく、本サービスのご利用により生じるご契約者さまの被害およびご契約者さまが第三者に与えた損害について、NTT東日本では一切の責任を負いかねます。

小売業を悩ませる
万引きの3つの事実

  • 年間の万引き被害額は4,615億円※1以上(推計)にのぼる
  • 万引きが疑われる不審な行動を発見するのには限界がある
  • 店舗スタッフの「お声がけ」は万引きの抑止が期待できるが、難しいことも

年間の万引き被害額は
4,615億円※1以上(推計)にのぼる

小売業における万引きの被害額は4,615億円※1以上と推計されています 。

新聞やテレビなどで報道されている振り込め詐欺を含む特殊詐欺による被害額390億円※2と比較しても、万引き被害の大きさがうかがえます。


※1 出典:全国万引犯罪防止機構の調査により万引防止官民合同会議で発表された推計値(2010年10月14日)

※2 出典:警察庁「平成29年の特殊詐欺認知・検挙状況等(暫定値)について」(2018年2月)

万引きが疑われる不審な行動を
発見するのには限界がある

店舗では店内に死角を作らないための対策を行い、不審な行動がないか目を配っています。

しかし、店舗スタッフの業務はそれ以外にもある(商品の案内など接客対応や商品補充などの品出し業務)なかで、人手による不審な行動を発見するのには限界があります。

イメージ

店舗スタッフの「お声がけ」は
万引きの抑止が期待できるが、難しいことも

警視庁が実施した万引き被疑者などを対象にした調査では、店舗スタッフの「お声がけ」により万引きを諦めるという結果が出ています。

一方で、店舗スタッフ一人が担当する売り場面積の広い大型店舗などは、店舗スタッフの目が行き届かず、来店客へのお声がけが難しくなる場合があります。

万引きを諦める要因
万引きを諦める要因イメージ

出典:警視庁ホームページ 万引き被疑者等に関する実態調査分析報告書(平成27年度調査)より抜粋

店舗の万引き対策を
「AIガードマン」がお手伝いします。

ページの先頭へ

AIガードマンの特長

01
不審行動のパターンファイルを提供、
検知情報を送信

AIクラウドは、万引きが疑われる不審行動のパターンファイルをAIカメラ(アースアイズ社製、別売)に配信します。
AIカメラが店舗スタッフに代わって店内を監視し、不審行動を検知※3すると、検知した時間や対象者の静止画などの検知情報と検知前後の動画をAIクラウドに送信されます※4


※3 商品を探している来店客や品出し中の店舗スタッフなどの行動を不審行動として検知する場合があります。

※4 AIカメラがインターネットに接続されていないなど、検知した情報をAIクラウドへ送信することができない場合、スマートフォン(専用アプリ)に通知することができません。

イメージ

02
検知した情報を店舗スタッフに伝えて、
「お声がけ」を促進

AIクラウドは、店舗スタッフのスマートフォン(専用アプリ)へ検知情報を通知します。通知された情報を元に店舗スタッフが対象者へお声がけすることで万引きの抑止が図れます。

また、AIクラウドでは検知時における動画をオンラインストレージに蓄積※5していますので、後から動画にて検知時の状況を確認することができます。

※5 オンラインストレージは契約プランにより容量が異なります。選択したプランの保存容量の上限値に達した場合は、保存日時が古い動画から削除されます。

店員による万引き対策フロー(3)現場指示(4)声がけ・登録

03
「お声がけ」の状況をレポートし、
店舗の万引き対策を支援

万引きされにくい店舗づくりには、通知を受けて店舗スタッフが対象者に「お声がけ」するという運用を定着させることが重要です。

店舗スタッフの登録に基づき「お声がけ」完了・未完了の管理が専用アプリで行えるようになっています。
サポートセンタから発行される定期レポートでは、「お声がけ」の実施状況がわかるので、運用の定着に向けた店舗スタッフへの指導などにも活用できます。

また、サポートセンタでは、検知感度などの設定変更や、専用アプリのご利用方法などに関するお問い合わせにも対応します(年中無休 9:00~21:00)。

定期レポートの活用イメージ

定期レポートの活用イメージ

店舗スタッフによるお声がけを定着させることで
スキが少なく、万引きされにくい店舗を作る

サポートの提供イメージ

サポートの提供イメージ

※6 お問い合わせの内容によっては対応できないことがあります。

ページの先頭へ

料金・提供条件

接続構成図

料金

月額利用料金

1AIクラウド 4,000円(税抜)
/AIカメラ1台
2オンラインストレージ※7※8 10GB 500円(税抜)
/契約
25GB 1,200円(税抜)
/契約
50GB 2,400円(税抜)
/契約
100GB 4,800円(税抜)
/契約
200GB 9,600円(税抜)
/契約
500GB 23,000円(税抜)
/契約
1TB 40,000円(税抜)
/契約
2TB 70,000円(税抜)
/契約
5TB 165,000円(税抜)
/契約

+

インターネット接続サービス 月額利用料
(フレッツ光の場合はこちらをご確認ください)

+

Wi-Fiサービス 月額利用料金

+

プロバイダサービス 月額利用料

※7 複数のAIカメラで共有できます。なお、AIカメラが一回の検知により作成される動画ファイル容量は概ね15MBとなります。

※8 プラン変更により、利用可能容量を超過した場合は、翌月末日に利用可能容量以下になるまでお預かりした順にデータを削除します。


初期費用

3AIカメラ(アースアイズ株式会社製) 238,000
(税抜)/台

+

基本工事費 AIカメラの設置予定場所への事前調査含む基本工事費 詳しくは、営業担当者へお問い合わせ下さい。
AIカメラ設置・設定費 AIカメラの設置・設定工事

+

インターネット接続サービス 初期費用
(フレッツ光の場合はこちらをご確認ください)

+

Wi-Fiサービス 初期費用

提供条件

  • ご利用にはインターネット接続環境、Wi-Fi接続環境、対応するAIカメラ(アースアイズ株式会社製)および 専用アプリが別途必要です。なお、専用アプリのご利用にはアースアイズ株式会社との契約が必要です。
  • AIカメラが検知した情報を受信する端末(iOSまたはAndroidのスマートフォン、タブレット)が必要です。

利用規約

当社の提供するAIガードマンの利用規約は、以下よりご覧いただけます。

Get Adobe Reader PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、左のバナーをクリックしてダウンロード(無償)してからご覧ください。

ページの先頭へ

お気軽にお問い合わせください。
万引き防止対策はNTT東日本にお任せください。

ページ上部へ戻る