標的型攻撃メールを疑似体験
“不審なメールを開かない”対応の徹底を図る
標的型攻撃メール訓練

「標的型攻撃メール訓練」とは?

フレッツ光などによるインターネット接続環境で「標的型攻撃メール」を疑似体験する訓練サービスです。
ウイルス対策だけでは完全に防ぐことは難しいと言われている「標的型攻撃メール」への対策として、社員の訓練を通じて、“不審なメールを開かない”ように意識づけます。
アシストも合わせてご契約の場合は、訓練計画・設定についてのコンサルティングを受けることができ、ノウハウがないお客さまも安心して訓練を実施することができます。

サービスイメージ

※訓練結果は標的型攻撃メール訓練ポータルサイト上で確認できます。

「標的型攻撃メール訓練」の特長

標的型攻撃メール
を疑似体験

標的型攻撃メールを疑似体験できます。開封してしまうと警告メッセージが表示されるため、情報セキュリティ意識の向上が期待できます。メール開封結果(個人、組織、役職別)はPDFでダウンロード可能です。また、「訓練結果報告オプション」をご契約いただくと、標的型攻撃メール訓練の実施日時、送付したメール本文の内容、開封情報のグラフ、他社比較、今後の情報セキュリティ対策に関するアドバイスもレポートします。

情報セキュリティ意識を
見える化

部署別、役職別などで開封率を集計できます。また、開封者の特定ができるため、情報セキュリティ意識が低い社員に対し、個別に指導することができます。

手軽に実施

訓練用メールはテンプレートが用意されているため、手間なく作成することができます。また、アシストのご契約により、訓練計画やポータルサイトの設定に関するコンサルを受けられます。(受付時間:平日9:00~17:00 年末年始は除く)
訓練結果の確認もカンタンです。

「標的型攻撃メール訓練」の利用シーン

利用シーン
1
標的型攻撃メール受信時に想定される
開封リスクを見える化

実際に体験することで、情報セキュリティの意識を高める。

もし、うちの会社に「標的型攻撃メール」が届いたらどうなるのかな?

利用シーン1

利用シーン
2
社員の情報セキュリティ教育に活用

「知る」だけでなく「対応できるか」が重要

研修は定期的に実施しているけれど、実際に標的型攻撃メールが
送られてきたら、きちんと対応できるのかな?

利用シーン2

「標的型攻撃メール訓練」のご利用料金

基本メニュー
(1ID=1訓練メール送信)
訓練結果報告
オプション
1~999ID 1,000~
2,999ID
3,000ID~ 1契約あたり
メール訓練+アシスト機能 800円(税抜) 700円(税抜) 600円(税抜) 15,000円(税抜)
メール訓練 500円(税抜) 400円(税抜) 300円(税抜)

+

インターネット接続サービス 初期費用・月額利用料
(フレッツ光の場合はこちらをご確認ください)

+

プロバイダサービス 月額利用料
【標的型攻撃メール訓練について】
  • IDの利用可能期間はサービス利用開始日より180日です。期間内であれば標的型攻撃メール訓練ポータルサイトにアクセスし、お客さまご自身で送信先のメールアドレスや訓練メール本文等の設定を行った上で、任意のタイミングで訓練メールを送信することができます。
  • IDは180日以内に消費してください。消費しない場合においても返金はできません。
  • お申し込み後のID数、訓練結果報告オプションもしくはアシストの有無は変更できません。
  • Webサイトの閲覧に制限をかけている場合や、メーラーの設定などによっては正常に訓練が行えない場合があります。ご契約前に、訓練用メールサーバからお客さま側メールサーバとの間で正常にメールの送信、開封ログの収集が行えるか、サービス提供可否確認を実施します。
【アシストについて】
  • お客さまとあらかじめお約束した日時に、オペレータによるメール訓練のコンサルティング及びユーザーポータルサイトの設定に関する操作説明を実施します。(受付時間:平日9:00~17:00 年末年始は除く)
  • アシストのみのお申込はできません。

標的型攻撃メールの訓練サービスは
NTT東日本にお任せください!

情報セキュリティトータルサポート

  • 中堅・中小企業の皆様へ 情報セキュリティ対策に関する最新情報はBiz Driveのメルマガでッチェック!

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

ページ上部へ戻る