初台ショーケース

お客さま・社会のイノベーションを推進し「新たな価値創造」を

初台ショーケースは、“Show”(展示・ショーケース空間)と
”Design”(共創・デザイン空間)が一体となって、新たな発想・価値を生み出す空間です。
同じ展示物をリアル/リモートで一緒に体験いただきながら、
お客さまと発見やアイデアを共有することができます。

初台ショーケースのご案内

お客さまの事業成長、経営、地域、社会の課題解決をめざす社内外のあらゆるメンバーがリアル/リモートで集い、発見やアイデアを共有する空間「Customer Success Base」としてデザインしています。
“Show”と “Design”が一体となり、NTT東日本の取り組み・アセットをワンストップでご案内しつつ、お客さまと新たな価値を創出するためのベース空間です。

  • ShowShowcase Stage
    展示・ショーケース空間
    • 矢印
    • Show&Design
    • 矢印
  • DesignDesign Core
    共創・デザイン空間

1階 Showcase Stage ~展示・ショーケース空間~

遠隔地から操作できる分身ロボット「OriHime Porter*」を活用し、ショーケースにご来場のお客さまをご案内いたします。当社の取り組みやサービス、ユースケースに関するデジタルコンテンツを集積した展示発信ツール”Value Box”は、ご来場のお客さまがタブレットで自在に操作し、ご覧いただくことができます。リモート共創の拠点となる2つの”Remote Hub”は、お客さまとの商談をはじめ、多目的用途で活用可能な空間です。リアル/リモート/ハイブリッドを想定し、マイク、スピーカー、カメラ等により、会議を円滑に進めるツールを備えています。

▲「OriHime Porter*」がご案内
  • 「OriHime Porter*」のご案内日時はこちら
▲展示発信ツール”Value Box”
▲リモート共創拠点”Remote Hub”
  • *
    「OriHime Porter」は株式会社オリィ研究所の登録商標です。

2階 Design Core ~共創・デザイン空間~

プレゼンテーション、ワークショップ、配信等、さまざまな用途に対応可能なフレキシブル空間で、各種ICTツールを活用したリモート共創環境を整備しています。

▲ワークショップの座席配置例
▲フレキシブルにレイアウトが可能
▲配信等にも対応可能な各種機器

ページの先頭へ

SDGs達成への取り組み

初台ショーケースではSDGs達成に向けて、環境に配慮し取り組んでいます。

初台ショーケースではSDGs達成に向けて、古い漁網を回収したリサイクル材や、廃木材チップを原材料とした設備を使用しています。また、ショーケースご来場のお客さまのご案内は、遠隔操作型分身ロボット「OriHime Porter」を障がいのあるNTTグループ社員が自宅等の遠隔地から操作し実施。リモートワールドの推進にも寄与します。

▲床材に漁網を回収したリサイクル材を使用
▲廃木材チップを原材料としたカウンターテーブル
▲遠隔操作で「OriHime Porter」がご案内
  • 「OriHime Porter」のご案内日時はこちら

ページの先頭へ

アクセス

Googleマップで見る

名称
NTT東日本 初台ショーケース
所在地
東京都新宿区西新宿3-19-2 1階・2階
交通
京王新線(都営地下鉄新宿線乗り入れ) 初台駅東口下車 徒歩5分
  • 初台駅東口は東京オペラシティビルに直結しています。
開館時間
平日10:00-17:00(年末年始を除きます)
  • OriHime Porterによるご案内は月・木 10:00-12:00
  • メンテナンス等による臨時休館の場合があります。
  • スタッフによるご案内をご希望の方は、弊社営業担当者または初台ショーケース(hatsudai-sc@east.ntt.co.jp)にご連絡ください。

ページ上部へ戻る