過去のイベント開催・出展レポート

  • NTT東日本グループによる「第13回 現場力向上フォーラム」が、2020年1月15日、16日の2日間にわたりNTT中央研修センタにおいて開催されました。今回、その中でもとくにスマートシティに欠かせない「一次産業活性化」「最先端技術」「センサー技術の活用」「地域課題解決」「アセットマネージメント」「災害対策」「ローカル5G」をキーワードにブースをレポートします。
  • 基調講演①は、「授業が変わる 子どもが変わる そして未来が変わる」株式会社情報通信総合研究所 ICTリサーチ・コンサルティング部特別研究員 平井 聡一郎様、基調講演②は、「WEBQUを活用した学級経営」早稲田大学 教育・総合科学学術院 博士(教育学) 河村 昭博様、基調講演③は、「行動力の時代~勉強することの新しい意味~」立命館小学校 ICT教育部長 Global Teacher Prize 2019 Top10 Finalist 正頭 英和様。それぞれの基調講演をレポートで紹介します。
  • 日本各地で人手不足・事業継承・生産性向上などの課題が顕在化してきており、それらを解決するためにICTを活用することが不可欠になってきています。政府も中小企業を支援するため、「中小サービス等生産性戦略プラットフォーム」を発足し、中小企業のICT導入を支援する取り組み行っておりますが、その動きに連動する形で日本商工会議所・各地商工会議所とNTT東日本・西日本および日本電信電話ユーザ協会が協力しICT活用に役立つセミナー『中小企業経営活力プラス実践塾』を展開しています。
  • 地方自治情報化推進フェア2019では、地方公共団体の電子行政推進に資する最新システムなどの展示とデモンストレーションを実施。NTT東日本は「スマートシティ(地方創生)への取り組み」「自治体向けBPOソリューション」「自治体情報システムのクラウド化」の3テーマに、デジタルサイネージや実機、デモ機によるサービス展示を行いました。
  • 「国際モダンホスピタルショウ」は、健康福祉社会の発展に寄与することを目的として開催される「健康・医療・福祉」の分野においては日本最大規模の展示会です。NTTグループでは、医療の発展を『ささえる』/医療現場の働き方を『かえる』を2大テーマに、予防や治療に関わる先進的な取り組みや、業務の効率化を支援するソリューションなど、医療現場の課題解決をお手伝いするグループ内のさまざまなサービスや技術を集結して展示を行いました。
  • 地方自治情報化推進フェア2018において、NTTグループは、NTT東日本、NTTコミュニケーションズ、NTTデータの3社で共同出展いたしました。NTT東日本の出展ブースでは「安心安全な街づくり」「観光推進・地域活性化」をテーマにしたソリューションをご紹介いたしました。
  • IT技術をはじめ農業を強くするための次世代の技術や製品が一堂に集まる国際次世代農業EXPO。第5回を迎える今回、NTTグループは、「農と食をつなぐICT~デジタルトランスフォーメーション~」をテーマに共同展示をいたしました。そのなかで、農業分野のIoTにおける最適なソリューション提供に向けてNTT東日本が行なったデモ展示やプレゼンテーションの内容についてご紹介します。
  • 本年の「国際モダンホスピタルショウ2018」では、「つながる安心 いつまでも どこまでも」を出展テーマに、医療の現場をサポートする医療情報システム、医療情報のセキュリティや経営を支えるシステムを紹介する「病院 × ICT」や、AI・IoTを活用した先進的な取り組みを具体的な事例を用いて紹介する「医療・健康 × AI・IoT」など、NTT東日本を中心にNTTグループのさまざまなサービス・技術を一堂に展示いたしました。
  • 日本最大の教育分野向けIT展示会である「教育ITソリューションEXPO」。第9回目となる今回、NTT東日本をはじめとするNTTグループの出展ブースでは、好評を博している各種の教育ITソリューションを一堂に展示しました。
  • 東京都公立小中学校ICT教育環境整備支援事業(出前ICT環境整備支援事業・ICTアドバイザリー事業)の平成28年度採択校・足立区立小中一貫教育校興本扇学園にて、平成29年2月に開催された「教育ICTセミナー」での公開授業の様子および研究報告、指導講評についてをご紹介いたしました。

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税込です。

ページ上部へ戻る