国際モダンホスピタルショウ2019出展レポート東京ビッグサイト
2019年7月17~19日

国際モダンホスピタルショウは、健康福祉社会の発展に寄与することを目的に、病院をはじめ保健・医療・福祉分野における質の向上・充実に役立つ機器、製品、システム、サービスなどを幅広く展示する、この分野においては日本最大規模の展示会です。
NTTグループでは、医療の発展を『ささえる』/医療現場の働き方を『かえる』を2大テーマに、予防や治療に関わる先進的な取り組みや、業務の効率化を支援するソリューションなど、医療現場の課題解決をお手伝いするグループ内のさまざまなサービスや技術を集結して展示を行いました。

【日時】2019年7月17日~19日 【会場】東京ビッグサイト 南展示棟・会議棟

「NTT東日本の医療への取り組み」について詳しく見る

NTTグループ共同出展 NTT東日本 展示ブースのご紹介①
- 医療の発展を「ささえる」-

医療等分野におけるネットワーク基盤の構築等に向けた取組み

NTTグループでは、個人・患者の健診や診療情報を医療機関等が共有し最適な医療を提供するための共通基盤の構築や利活用に向けた実証事業※1を総務省から受託し、医療情報を安心安全に流通できるデータ共有基盤の在り方や具体的な利活用モデルの検討を行いました。

  • ※1
    2017年度「医療等分野における高精細映像等データ共有基盤の在り方に関する実証」、2018年度「医療等分野におけるネットワーク基盤利活用モデルに関する調査研究」

実証事業を通じて感じた課題や医療現場からの意見等を踏まえ、本ネットワークがもたらす効果などを映像やパネルを用いてわかりやすく展示しました。

NTTグループ共同出展 NTT東日本 展示ブースのご紹介②
- 医療現場の働き方を変える -

診療所向けICTソリューション

診療所におけるこれからのICT利活用のシーンを、医療等分野におけるネットワーク基盤がもたらす効果などとともに紹介しました。

●AI問診と電子カルテの連携
AI問診「Ubie」のメリットと診療所向け電子カルテ「FC21ワープ」の連携による業務効率化をデモを用いて紹介しました。

●MRI・CT画像の安全な共有
オンラインストレージサービス「フレッツ・あずけ~るPROプラン」を利用して、特定契約者のみがアクセスできる共有フォルダで、特別な機器を用いず手軽&セキュアにデータの送受信を行うことができることをデモを用いて紹介しました。また、医療業界向け3省3ガイドライン※2に対応したリファレンスを公開していることについても紹介しました。

  • ※2
    医療業界におけるクラウドサービスの利活用促進を目的として、厚生労働省・総務省・経済産業省から策定された医療情報の安全管理に関するガイドライン

●院内ICTのトータルサポート
ICTの導入・活用に伴って悩みとなる、セキュリティをはじめとした診療所のネットワーク環境の整備やその運用・保守を、NTT東日本がトータルサポートできることを「ダイヤモンドサポート」を中心に紹介しました。

医療機関向けスマートフォン活用ソリューション

スマートフォンは、ナースコールのハンディ端末としてだけでなく、各種情報の参照や業務アプリを活用するツールとして、さまざまな院内業務の改善を行ったり、患者満足度を向上させたりすることが期待できます。
クラウド型PBXと連携したシステムデモを医療現場の業務改善事例と併せて紹介しました。

看護スタッフの稼働削減ソリューション

「ひかりクラウド スマートスタディ」の情報配信や研修・アンケートの機能を活用し、看護スタッフの稼働軽減するご提案を、NTT東日本関東病院での導入事例をデモと併せて紹介しました。

「未来に向けた働き方改革」を実現するRPAツール

●在宅医事文書作成の効率化ソリューション「Speech to Text+RPA」
病院でのRPA活用は、経営分析や労務・給与管理、医事事務、看護業務などさまざまなシーンでの業務改善が期待できます。
医療現場への具体的な導入事例として、訪問診療から医事文書作成までの在宅医療における事務稼働を効率化し、地域医療や他職種連携を支援するトライアルサービスを紹介しました。

関連サービス

ご来場いただきました皆さま、誠にありがとうございました。
他のイベント・セミナーにも、ぜひ、お越しください。

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

ページ上部へ戻る