医療ICTに対するNTTグループの取り組み国際モダンホスピタルショウ2018超高齢社会に向けて、ICTを活用したサービスで医療・介護の現場をサポート2018年7月11~13日

国際モダンホスピタルショウ2018 イベント概要

国際モダンホスピタルショウは、健康福祉社会の発展に寄与することを目的に、病院をはじめ保健・医療・福祉分野における質の向上・充実に役立つ機器、製品、システム、サービスなどを幅広く展示する、この分野においては日本最大規模の展示会です。

NTTグループは、皆さまに選ばれ続ける「バリューパートナー」として、幅広い業界の様々なプレイヤーとのコラボレーションを通じ、新たな高付加価値サービスやビジネスモデルの創造を進めております。 医療・介護・ヘルスケアの分野におきましても、医療機関等のデジタルトランスフォーメーションをサポートすることにより、先進諸国を中心に進む超高齢社会に対して、誰もが安心して医療サービスを受けられる健康社会の実現をめざします。

本年の「国際モダンホスピタルショウ2018」では、「つながる安心 いつまでも どこまでも」を出展テーマに、医療の現場をサポートする医療情報システム、医療情報のセキュリティや経営を支えるシステムを紹介する「病院 × ICT」や、AI・IoTを活用した先進的な取り組みを具体的な事例を用いて紹介する「医療・健康 × AI・IoT」など、NTT東日本を中心にNTTグループのさまざまなサービス・技術を一堂に展示いたしました。

日時:2018年7月11日~13日
会場:東京ビッグサイト(東京国際展示場)
来場者数:8万121人

つながる安心 いつまでも。どこまでも。

国際モダンホスピタルショウ2018 NTTグループブースのご紹介

医療×NW

NTTグループでは、医療等分野の情報連携基盤となる全国的なネットワーク(相互接続基盤)の実証事業を総務省様より受託し、全国5つのフィールドにて実証を実施しました(平成29年度)。

実証事業を通じて感じた課題や医療現場からの意見等を紹介することで、医療情報を安心安全に流通できる医療等分野における全国共通ネットワークのあるべき姿についての取組みを映像やパネルを用いてわかりやすく展示しました。

病院×ICT

「フレッツ・あずけ~るPROプラン」を利用し、ID・パスワードに加えて、回線や端末の情報を使った多要素認証機能によるセキュアな通信を実現し、連携医療機関間で重要データを安全に共有できる仕組みを紹介しました。

「クラウドゲートウェイ クロスコネクト」を活用したメディカルデータプラットフォーム構築例や、診療所向け電子カルテ「Bizひかりクラウド Future Clinic 21 ワープ」を展示しました。

関連サービス

  • 診療所向け電子カルテ「Bizひかりクラウド Future Clinic 21 ワープ」
    ペン操作と手書き入力のシンプルな操作で、診察をサポートする電子カルテサービスです。
  • NTT東日本データセンター
    安全性・信頼性の高いデータセンターで、大切な情報資産をお預かり。24時間365日、監視・保守・運用からセキュリティ対策まで、ワンストップでご提供します。
  • 
    フレッツ・あずけ~るPROプラン
    法人・事業者さま向けの高セキュリティなオンラインストレージサービスです。
    フレッツ・あずけ~るPROプラン
  • 
    クラウドゲートウェイ クロスコネクト
    フレッツ・VPNサービスからクラウド(IaaS)やNTT東日本データセンターとの接続機能を提供。
    CloudGateway CrossConnect

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

ページ上部へ戻る