クラウドゲートウェイ クロスコネクト
よくあるご質問

サービス全般

「クラウドゲートウェイ クロスコネクト」とはどのようなサービスですか。
「クラウドゲートウェイ クロスコネクト」は、信頼性の高い閉域ネットワーク経由でクラウドサービスを利用したい法人のお客さま向けに、クラウドサービス(Amazon Web Services(AWS)、Google Cloud Platform ™、Microsoft 365、Microsoft Azure、 NIFCLOUD、Oracle Cloud)およびNTT東日本のデータセンターへの接続を可能とする定額制のネットワークサービスです。さまざまなクラウドサービスとNTT東日本が提供するフレッツ・VPNサービスやビジネスイーサワイドなどを接続して、セキュアにシステムを構築することができます。
複数のお客さまで帯域を共用するベストエフォート品質の「共用型」と一定の帯域を確保する「帯域確保型」の2種類の接続タイプから選択できます。

※「フレッツ・VPN プライオ」および「フレッツ・VPN ワイド

「クラウドゲートウェイ アプリパッケージ」との違いは何ですか。
「クラウドゲートウェイ アプリパッケージ」は、クラウドサービスからネットワークまでをセットで提供し、特定のアプリケーションの利用量に応じた従量課金のサービスです。
一方「クラウドゲートウェイ クロスコネクト」は、ネットワークサービスのみを定額の料金で提供するため、お客さまご自身でクラウドを選択・カスタマイズして利用いただくことが可能です。
クラウドサービス自体もNTT東日本が提供するのですか。
Amazon.com,Inc.のAmazon Web Services(AWS)および日本マイクロソフト株式会社のMicrosoft Azureにつきましては、NTT東日本よりお申込みいただくことも可能です。

提供条件

サービスを利用するにあたり必要な通信機器はありますか。

【共用型】
本サービスを利用するにあたり必要となる通信機器はございません。
但し、「フレッツ・VPN プライオ」および「フレッツ・VPN ワイド」のいずれかのご契約、および接続先クラウドサービスのご契約が必要となります。

【帯域確保型】
本サービスを利用するにあたり、お客さま拠点にBGPルータのご準備が必要となります。
また、「ビジネスイーサワイド」および「高速広帯域アクセスサービス」のいずれかのご契約、および接続先クラウドサービスのご契約が必要となります。

※IETF RFC 4271で規定されるBorder Gateway Protocol(BGP)の機能を有するルータをお客さま自身でご準備いただく必要があります。NTT東日本からレンタル等での提供はいたしておりません。

同一名義で複数契約は可能ですか。
複数契約は可能です。但し、共用型の場合、1つのフレッツ・VPNグループに対し、本サービスは1契約のみとなります。
「フレッツ・VPN プライオ」および「フレッツ・VPN ワイド」と異なる契約名義での契約は可能ですか。
異名義でのご契約は可能です。但し、異名義でご契約いただく場合には、「フレッツ・VPN プライオ」および「フレッツ・VPN ワイド」のご契約者さまの同意書を提出いただく必要がございます。
クラウドサービスと異なる契約名義での契約は可能ですか。
異名義でのご契約は可能です。但し、申込み時に接続先のクラウドサービス毎に付与されるID等を申告いただく必要がございます。
接続可能な拠点数に制限はありますか。

【共用型】
拠点側の回線数は、「フレッツ・VPNプライオ」および「フレッツ・VPNワイド」ともに、1000回線接続可能です。
1001回線以上接続をご希望のお客さまは、弊社営業担当までご相談ください。

【帯域確保型】
BGPで接続可能な拠点数は1~2です(2拠点から接続したい場合はお問い合わせください)。
なお、お客さまの閉域ネットワークの拠点数に制限はございません。複数拠点とクラウドサービス間で通信する場合は、BGP接続する代表拠点を経由してその他拠点とクラウドサービス間が通信するようネットワークを設計ください。

※IETF RFC 4271で規定されるBorder Gateway Protocol(BGP)の機能を有するルータをお客さま自身でご準備いただく必要があります。NTT東日本からレンタル等での提供はいたしておりません。

基本契約期間(最低利用期間)はありますか。
ございません。

料金について

契約料は必要ですか。
不要です。
月途中からの利用の場合、日割り計算は行いますか。
日割り計算を行います。
解約時に違約金等は発生しますか。
違約金は発生いたしません。
本サービスの利用料をアクセスサービスと分けて請求してもらうことは可能ですか。
本サービスはアクセスサービスとは別に請求いたします。
本サービスの利用料をアクセスサービスの利用料と合算して請求してもらうことは可能ですか。
可能です。
アクセスサービスのご契約状況によって合算請求方法等が異なるため、詳しくは弊社営業担当者にお問い合わせください。

申込方法について

どこに申し込めばよいですか。
お客さまを担当する弊社営業担当者までお申し込みください。
弊社営業担当者のご紹介が必要なお客さまは、本ホームページからお問い合わせください。
申し込みにはどのような手続きが必要でしょうか。
弊社営業担当者からお渡しする、所定の様式に必要事項をご記載いただきます。
申し込みから開通まで、どのくらいの期間がかかりますか。

【共用型】
フレッツ・VPNサービスのご契約状況/設備状況等により異なりますが、最短で5営業日での開通となります。詳しくは弊社営業担当者にお問い合わせください。

【帯域確保型】
お客さまの閉域ネットワーク回線によって納期は異なります。詳しくは弊社営業担当者にお問い合わせください。

アクセス回線との同時申し込みは可能でしょうか。
本サービスとアクセス回線を同時にお申し込みいただくことは可能です。
お客さまを担当する弊社営業担当者までお申し込みください。
フレッツ・VPNサービスの申し込み前に申し込むことは可能でしょうか。
お申し込みいただけません。
フレッツ・VPNサービスのご契約がない場合、本サービスとフレッツ・VPNサービスを同時にお申し込みください。
クラウドサービスの申し込み前に申し込むことは可能でしょうか。
お申し込みいただけません。
クラウドサービス申し込み後に本サービスをお申し込みください。

OEMについて

OEM提供の概要を教えてください。
本サービスを自社ブランドで提供を希望するパートナー企業さまに、本サービスをOEMで提供します。パートナー企業さまは、自社のサービスと上記サービスを組み合わせたサービスを提供することが可能となります。

◎商標について

  • Amazon Web Services(AWS)は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
  • Google、Google Cloud Platform、GCPは、Google LLCの登録商標または商標です。
  • Microsoft 365 、Microsoft Azureは、米国Microsoft Corporationおよびその関連会社の商標です。
  • NIFCLOUDは、富士通クラウドテクノロジーズ株式会社の商標または登録商標です。
  • OracleとJavaは、Oracle Corporationおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。


クラウドゲートウェイ クロスコネクトのパンフレットをダウンロードいただけます。

クラウドゲートウェイ クロスコネクトの特長やご利用シーンについてわかりやすくご紹介しています。
サービス導入のご検討にご利用ください。

※「帯域確保型」は8月下旬に更新予定です。

NTT東日本のクラウドゲートウェイサービス

クラウドゲートウェイシリーズとはフレッツなどから簡単・セキュアにAmazon Web Services(AWS)、Google Cloud Platform、Microsoft 365、Microsoft Azure、NIFCLOUD、Oracle Cloud、NTT東日本のクラウド(IaaS)へ接続可能なサービスです。


表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税込です。

ページ上部へ戻る