クラウドゲートウェイ クロスコネクト
サービスの特長

1 パブリッククラウドに
セキュアに接続

NTT東日本の閉域ネットワークサービスから、仮想的に独立したネットワークでセキュアにクラウドサービスとの接続が可能です。

セキュアに接続

2 必要な機器等の
個別手配が不要

クラウド事業者が提供する接続サービスを利用する場合に必要な通信回線・ラック・機器等をパッケージ化してレディメイドで提供することにより、お客さまの手間を削減し、スピーディな利用開始を実現します。

※帯域確保型は、お客さまの閉域ネットワーク回線を当社指定の場所(東京)まで敷設いただく必要がございます。

※AWS Direct Connect、Google Cloud Platform ™ Partner Interconnect 、Microsoft Azure ExpressRoute、NIFCLOUD ダイレクトポート、Oracle Cloud FastConnectなど

通信回線・ラック・機器等をパッケージ化

3 リーズナブルな価格での導入が可能

共用型は、フレッツ・VPNサービス※1と組合せることにより、リーズナブルな価格でクラウドサービスとの接続を実現します。

※1「フレッツ・VPN プライオ」、「フレッツ・VPN ワイド

FLET'S VPN PRIO FLET'S VPN WIDE

帯域確保型では、NTT東日本が提供するキャリアグレードなネットワーク回線で※2、セキュア・広帯域なクラウド接続が可能です。

※2「ビジネスイーサワイド」および「高速広帯域アクセスサービス

Business Ether ワイド

高速広帯域アクセスサービス

4 複数クラウドおよび
データセンターに接続可能

接続先は対応するクラウドサービスおよびNTT東日本データセンターの中から複数選択することができます。
また、お客さまご自身で自由にサービスの機能を選択して、システムを設計・カスタマイズすることができます。

複数クラウドに接続が可能

接続可能なクラウドサービスと接続可能なデーターセンター

サービス 提供元 接続可能なクラウドサービス
共用型 帯域確保型
Amazon Web Services(AWS) Amazon.com, Inc.
Google Cloud Platform Google LLC
Oracle Cloud Oracle Corporation
Microsoft 365 日本マイクロソフト株式会社 ×
Microsoft Azure 日本マイクロソフト株式会社
NIFCLOUD 富士通クラウドテクノロジーズ株式会社 ×

NTT東日本データセンター

NTT東日本株式会社 ×

◎商標について

  • Amazon Web Services(AWS)は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
  • Google、Google Cloud Platform、GCPは、Google LLCの登録商標または商標です。
  • Microsoft 365 、Microsoft Azureは、米国Microsoft Corporationおよびその関連会社の商標です。
  • NIFCLOUDは、富士通クラウドテクノロジーズ株式会社の商標または登録商標です。
  • OracleとJavaは、Oracle Corporationおよびその子会社、関連会社の米国およびその他の国における登録商標です。


クラウドゲートウェイ クロスコネクトのパンフレットをダウンロードいただけます。

クラウドゲートウェイ クロスコネクトの特長やご利用シーンについてわかりやすくご紹介しています。
サービス導入のご検討にご利用ください。

※「帯域確保型」は8月下旬に更新予定です。

NTT東日本のクラウドゲートウェイサービス

クラウドゲートウェイシリーズとはフレッツなどから簡単・セキュアにAmazon Web Services(AWS)、Google Cloud Platform、Microsoft 365、Microsoft Azure、NIFCLOUD、Oracle Cloud、NTT東日本のクラウド(IaaS)へ接続可能なサービスです。


表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税込です。

ページ上部へ戻る