ローカル5Gが切り拓く未来を

デジタルトランスフォーメーション(DX)が重要なテーマとなるこれからの時代において、ローカル5Gが実現する未来とは、どんな世界なのでしょう。企業や自治体の抱える人手不足解消や生産性向上といった課題の解決だけではなく、ニューノーマルへの対応が求められる生活シーン等での課題解決においてもローカル5Gの活用が期待されています。

ABOUT

ローカル5Gとは

地域の企業・自治体等が自社敷地内に柔軟に構築・保有が可能な5Gシステム。
国の免許制度により周波数を自社の敷地内で占有できるため、「超高速大容量」、「超低遅延」、「高セキュリティ」における安定的な通信が可能。広範囲のエリアをカバー。

パブリック5G

通信事業者が提供している通信サービス。 高画質な動画再生等、スマホやタブレットでの利用が中心。 広範囲のエリアをカバー。

Wi-Fi

免許不要で低コストに設置可能。 数十メートル程度のエリアをカバー。

ユースケース

ローカル5Gの構築により、
これまで以上に
AIやロボット等が活用され、
課題解決に向けた
新しいソリューションが創り出されます。

LOCAL 5G OPEN LAB

ローカル5Gの社会実装に向け産学共同の検証環境「ローカル5Gオープンラボ」を国立大学法人東京大学と共に設立いたしました。

LOCAL 5Gがひろげる新しい事業の可能性

ローカル5Gを起点にした「技術×事業」の推進

NTT東日本グループは、ローカル5G等の「技術」だけでなく、農業、eスポーツ、文化・芸術等、地方創生につながる「事業」にも積極的に取り組んでいます。 これらの「技術」と「事業」の掛け合わせで、「地方創生・地域DX化」を更に推進していきます。

その他の無線
  • Wi-Fi

    プロによる導入から運用までのサポートが付いた、
    安心・カンタン・すぐに使えるWi-Fiサービス等をご提供しています。

  • LPWA

    従来の無線通信技術と比較し、
    「低消費電⼒」、「広いサービスエリア」、「低コスト」を可能とするを自営無線をご提供しています。

ページ上部へ戻る