診療所向け電子カルテ
「Bizひかりクラウド Future Clinic 21 ワープ」

サービス概要

Bizひかりクラウド Future Clinic 21 ワープは、診療所向け電子カルテサービスです。ペン操作と手書き入力の簡単操作で、先生方の日々の診療をサポートします。電子カルテデータは、データセンターのサーバーにバックアップ保存されますので、災害時などに備えることもできます。
また、サーバーのハードウェアおよび電子カルテアプリケーションソフトを購入する必要がないため、初期導入費用が抑えられ、電子カルテを手軽に導入することができます。

サービスイメージ

Future Clinic 21 ワープの概要図

特長

手書き入力や画面タッチによる簡単・シンプルな操作

  • 手書き感覚でのテキスト入力、画像貼り付けなど、従来の紙カルテに記入するように、専用ペンによる操作で簡単に入力することができます。
  • よく使う用語やシェーマをスタンプを押すように入力できるスタンプ入力機能も備えています。

堅牢なデータセンターで運用・バックアップする安全安心なサービス

  • 堅牢なデータセンタで患者さまのカルテデータバックアップ、薬剤(新薬)などのマスターデータ更新や、アプケーションソフトの更新などを実施します。

臨床経過が一目で分かるタイムライン機能

  • 診療記録を年単位~月単位~日単位で一覧表示できるタイムライン機能を装備。
  • 患者さまの、臨床経過を手元で素早く把握することができ、治療計画の立案や、臨床研究にも役立ちます。

外部システム連携※など豊富な診療支援機能

  • 日医標準レセプトソフト(ORCA)や、予約システム、画像ファイリングシステムなど、他のアプリケーションとの連携が可能なことから、診療内容にあわせて外部システムとの柔軟な組み合わせが可能です。
  • 外部システム連携については、別途NTT東日本または提携代理店までご相談ください。

このページに関する資料請求・お問い合わせはこちらから 資料請求・お問い合わせ


表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

ページ上部へ戻る