バージョンアップ情報Netcommunity OG410X/OG810X(最新情報)

ファームウェア Ver.2.28(2020/4/14)

公開日 2020/4/14
バージョン Ver.2.28
ファイル
  • リンクの部分を右クリックし、「対象をファイルに保存」を選択してダウンロードしてください。

バージョンアップ方法はこちらをご覧ください。

取扱説明書

更新内容

  • 下部ルータとの接続性を向上しました。
  • インターネットの接続性を改善しました。
  • 特定条件下での安定性を改善しました。
  • 特定電話機との接続性を改善しました。
  • 工事者向け機能の一部を改善しました。
  • DNSのセキュリティ機能を改善しました。

ページの先頭へ

バージョンアップ方法

本商品は、自動バージョンアップ(初期設定)、手動(ローカル)バージョンアップが可能です。
なお、手動(ローカル)バージョンアップに設定されている場合、お客さまのご用命により、対象商品のバージョンアップ作業、設定変更作業等を弊社にて承ります。

    <自動バージョンアップ>
  • 「自動ファームウェア更新」の設定が「有効(初期値)」となっている場合は、以下の自動バージョンアップ実施日以降、最新ファームウェアを自動的にダウンロードして更新を行い、再起動します。
    「自動ファームウェア更新」の設定が「無効」となっている場合は、お客さま自身により手動で再起動を実施していただくことにより、バージョンアップされます。

    【自動バージョンアップ実施日】
    2020年5月12日以降、順次実施いたします。

    <手動(ローカル)バージョンアップ>
  • ローカルでファームウェアをダウンロード、手動でのバージョンアップを設定されている場合、対象商品の最新版ファームウェアをダウンロードいただき、機能詳細ガイドの「4-4 ファームウェア更新を行う」をご覧の上、バージョンアップを実施してください。

    <工事によるバージョンアップ>
  • NTT東日本にバージョンアップ作業及び設定変更をご用命いただく場合は、別途工事費を承ります。

ページの先頭へ

注意事項

  • 稼動中の機器の場合、自動バージョンアップが行われる際、機器は午前3時(初期設定)から2時間以内(親GWモードの場合は自動更新時間+60~119分のランダムタイミング、子GW・単独モードの場合は自動更新時間+0~59分のランダムタイミング)に再起動を行います。
  • バージョンアップを実施した場合は、約1分程度の再起動が必要となります。
    • 再起動に必要となる時間は概ねの目安です。お客さまのご利用状況により異なる場合がございます。
  • 再起動について、無通話監視を行った上で再起動が実施されるため、確立済の通話呼が切断されることはありませんが、通信(インターネット接続、PPPoE接続等)は切断されます。また再起動中は通話/通信が不可となります。

ページの先頭へ

ファイルのダウンロード

ページ上部へ戻る