Wearable Connect(ウェアラブルコネクト)活用事例

業種別の活用事例

作業現場における「Wearable Connect(ウェアラブルコネクト)」の導入例はさまざまです。
業種別の課題などに沿った活用例をご紹介いたします。

建設・土木現場

課題

  • 熱中症事故も発生しており現場での対策はアナログ的な対策は限界
  • 現場作業者の安全対策が入札条件に入っている案件が増えている
  • 単独作業になる場面が増えており事故や急病発生時の発見の遅れが心配
  • 現場作業者の高齢化が進んでおり体調管理の必要性がある

建設・土木現場

利用方法
  • 屋外作業中の体調管理(脈拍数等)
  • 転倒/転落事故などの安全管理
  • 熱中症対策(アラート)
  • 現場作業者の居場所把握(事故等発生時の早期発見)
想定される効果
  • これまでのアナログ管理に比べて効率的な安全管理の実現に貢献
  • 作業者本人含めた現場監督者にもアラート通知や端末での体調確認ができることで、現場での安全管理の軽減、作業員の安心感・満足感が向上
  • 本サービスの導入が想定される事例となります。導入効果を保証するものではございません。

製造業・工場

課題

  • 過去に死亡事故も発生。現状でも危険な現場があり安全対策が急務
  • 工場が広く、工場内は携帯電話・スマートフォンを持ち歩けないため、緊急時含め、工場作業との連絡手段がない
  • 昼夜を問わず単独作業になる場面が多い

製造業・工場

利用方法
  • 転倒/転落事故などの安全管理
  • 現場作業者の居場所把握(事故発生場所の把握)
  • 作業中の体調管理(脈拍数等)
  • メッセージ送信機能により、連絡手段を確保
想定される効果
  • 事故発生時、早期に把握ができる
  • 安全管理だけでなく、メッセージ送信機能により、携帯電話・スマートフォンを持ち歩けない作業者への連絡手段ができる
  • 現場作業員からもSOSを発信することができ、安心感・満足感が期待できる
  • 本サービスの導入が想定される事例となります。導入効果を保証するものではございません。

倉庫業(冷凍・冷蔵)

課題

  • 冷凍庫において、2時間近く作業することもあり、携帯電波が届かないため、事故等にあった場合、心配
  • -18℃の冷凍庫において、安全管理ができていない課題を認識

倉庫業(冷凍・冷蔵)

利用方法
  • 冷凍室を含む作業中の体調管理(脈拍数等)
  • 転倒/転落事故などの安全管理
  • 現場作業者の居場所把握(事故発生場所の把握)
想定される効果
  • 現場管理者は、従業員の事故発生を早期に発見できるよう従業員の位置情報をリアルタイムに取得が可能
  • 現場作業員からもSOSを発信することができ、安心感・満足感が期待できる
  • ログから冷凍庫内での連続作業時間等の把握ができたりと、場所や滞在時間等の一部の作業の見える化ができる
  • 本サービスの導入が想定される事例となります。導入効果を保証するものではございません。

「Wearable Connect(ウェアラブルコネクト)」についてのお問い合わせはこちら

お問い合わせ別ウィンドウで開きます

「Wearable Connect(ウェアラブルコネクト)」資料をダウンロードいただけます。

資料ダウンロード別ウィンドウで開きます

ページ上部へ戻る