フレッツ・セッションプラスに必要な機器と構成例

【利用シーン1:フレッツVPNを利用して複数拠点と、インターネットを同時利用】

構成例1

*1 マルチセッション機能とは、複数のセッションを同時に利用できる機能です。

ご利用のルーターの最大セッション数が3以上(利用するセッション数以上)である必要があります。

ご利用の機器の最大セッション数等のご確認はこちら

【利用シーン2:インターネット接続とフレッツVPNの同時利用】

構成例2

※同一契約者回線(フレッツ・アクセスサービス)にて、フレッツVPNへの接続とインターネットへの接続を同時に利用する場合は、上記の構成とすることに加え、セキュリティ確保にご留意ください。

※ご利用のルーター、フレッツ・セーフティ対応機器の最大セッション数が利用するセッション数以上である必要があります。

※ご利用の機器の最大セッション数等のご確認はこちら

【利用シーン3:ご家庭から端末毎に個別のISPとフレッツVPNを同時利用】

構成例3

*1 PPPoEブリッジ機能とは、ルーター環境下のパソコンが直接PPPoE手順で発信すると、ルーターがその通信を素通しして橋渡し(ブリッジ)することで、フレッツ・セッションプラスの利用を可能とする機能です。

ご利用のルーター最大セッション数がルーター経由で利用するセッション数以上である必要があります。

ご利用の機器の最大セッション数、PPPoEブリッジ機能のご確認はこちら

【参考】

構成例4

※ご利用のルーター最大セッション数がルーター経由で利用するセッション数以上である必要があります。

※ご利用の機器の最大セッション数、PPPoEブリッジ機能のご確認はこちら

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

ページ上部へ戻る