ストレージ導入お役立ちコラム

お客さまが安心してご利用できる「気持ちいいぐらいにちょうどよい」、NTT東日本の国内データ保管のオンラインストレージを


NTT東日本 ビジネス開発本部 第一部門 クラウドサービス担当 村瀬 慧

開発に至った背景やきっかけ

新型コロナウイルスの影響で様々な地域のお客さまがリモートワークや非対面でのコミュニケーションを余儀なくされる中で、開発者として何かできることはないかと常に考えていました。
そこで、離れたお客さま同士をつなぎ合わせ、お客さまのビジネスや事業活動に寄り添うオンラインストレージを開発したいという思いから、コワーク(協働)ストレージサービスの開発プロジェクトを始めました。

開発に向けて重要視したこと

インターネットの普及に伴い、企業規模の大小を問わず、社内外の関係者が定常的なメンバーとなったプロジェクトによるビジネス推進が行われるようになってきました。そのようなプロジェクトにおいては、社内のみで共有すべき情報、特定の社外関係者と共有すべき情報、自分自身のみが管理すべき情報などが存在し、それぞれ適切に管理・共有する必要があります。
世の中には個人向けや世界的な規模の企業向けオンラインサービスはすでにありますが、SOHOや中堅中小企業向けの使いやすいサービスが意外と少ないとも感じていました。

そのような背景を踏まえ、「コワークストレージ」の開発において特に重要視したことは次の2点です。
・簡単に操作でき誰もが使いやすいサービスであること
・安心して利用できるセキュアなサービスであること
一部ですが、これらの点を踏まえて実装した機能をご紹介いたします。

簡単に操作でき誰もが使いやすいサービス

コワークストレージは社内PCのローカルフォルダやファイルと同じような感覚で利用できる、使いやすいサービスに仕立てました。デスクトップ上では、Cドライブと同じようにコワークストレージのドライブが表示され、ファイルをドラッグ&ドロップで簡単にオンラインストレージにアップロードすることができます。
もちろん「コワークストレージ」は、ブラウザやモバイルでもご利用いただけます。


安心して利用できるセキュアなサービス

社内外とのファイルのやり取りに関して、メールによるパスワード付Zip送付や標的型攻撃メールへの対応が必要になっています。デスクトップ上やブラウザ上で発行した共有リンクをメールに添付して相手に送ることにより、これらの脅威の回避やリスク軽減ができます。


また、社内共有用と個人用に加え、社外との共有を目的としたプロジェクトフォルダを標準でご用意しています。社内共有フォルダの中にプロジェクトフォルダを配置することができます。アクセス権はフォルダごとに自由に設定することができ、格納されている情報のセキュリティ要件に合わせた柔軟な設定を選択することができます。


まずはご体験ください!

NTT東日本が開発した国内データ保管のオンラインストレージだからこそ、誰もが簡単に安心して利用できる機能を揃えたサービスを開発しました。
また、コワークストレージは、無料キャンペーンがありますので、実際にご利用いただきその利便性をご体感いただけます。ぜひコワークストレージをまずは体験していただき、社内外のなかま、地域の人たち、新しい自分をつないでみてください!

※ 無料トライアルはお申し込みが必要となります。
※ 無料トライアルにはプランなどに条件があります。

今すぐコワークストレージを無料で体験しましょう!

有料プランは月額¥2,750(100GB / 5ID)からご利用いただけます。

NTT東日本の経験豊富な専任スタッフがわかりやすくお答えします

お問い合わせはこちらから

料金詳細や導入にあたっての疑問など、いつでもお気軽にご相談ください!

ページ上部へ戻る