バージョンアップ情報Netcommunity SYSTEM BX 対応可能端末拡大のお知らせ

対応可能端末拡大のお知らせ(2008/12/11)

対応可能端末拡大のお知らせ

<対応可能端末>
  • NTTドコモ社製 「onefone(TM)(FOMA(R) N906iL)」(以下、onefone)の接続が可能となりました。

ページの先頭へ

注意事項等

<WLAN(無線LAN)モードでご利用時の注意事項>
  • 「onefone」からの発信時、WLAN(無線LAN)のサービスエリア内にいても「110」「118」「119」等の緊急通報番号については、必ずFOMAネットワークへの発信となります。
  • 「onefone」にて保留した通話を転送する場合は、ディスプレイ画面の状態を確認して操作してください。
  • 保留転送時、転送先ダイヤルの後に#をつけても即時発信となりません。 を押して発信してください。
  • WLAN(無線LAN)モードで利用する場合、「ドライブモード」「非通知着信拒否」「電話帳登録外着信拒否」等の「着信拒否」の設定をしないでご利用ください。
  • 「onefone」で通話中のメニュー操作(「onefone」取扱説明書p426 「WLAN(無線LAN)音声通話中画面」の一部メニュー)については、対応しておりません。
  • 動作中(着信・発信・保留・内線通話など)にWLAN(無線LAN)のサービスエリア外に出た場合、動作中の機能などに支障をきたす場合がございます。WLAN(無線LAN)のサービスエリア内でご利用願います。

<IP対応ビジネスホンでご利用になる場合の注意事項>
  • 「onefone」は一桁で発信を試みた場合、電話帳でメモリ番号1~9に設定されている番号に発信いたします。内線番号を1桁で運用する場合、ご利用前に、内線番号と電話帳のメモリ番号を合わせておく必要があります。
  • 「onefone」のプレゼンス機能、メッセンジャー機能はご利用する事ができません。
  • 「onefone」から他の内線電話機へ非通知発信はできません。
  • 「onefone」では共通保留/共通保留への応答を行うことはできません。
  • 「onefone」を内線コードレスとして利用し、WLAN(無線LAN)サービスエリア外にいるときもFOMAネットワーク経由で着信したい場合は、主装置にて圏外転送の設定が必要となります。
  • 外線との通話を別の外線に転送する場合は、主装置に別途設定が必要です。
  • 「onefone」でパーク保留/パーク応答への応答を行う場合は、主装置にパーク保留の設定を行う必要があります。
  • 特番の設定はお客さま個別にご指定いただくことが可能です。
  • 「onefone」ご利用時、主装置のエコーキャンセラ機能(利用時は別途オプション品が必要です)をご利用になっていた場合、ノイズをキャンセルする機能の働きにより、ご利用の環境によっては、通話相手の音声が一瞬ミュートされる場合がございます。エコーキャンセラ機能については、通話相手との通話経路上にアナログ/デジタル変換がある場合は、設定を推奨としていますが、ご利用の環境に応じて、エコーキャンセラ機能をOFFにしてください。
  • 上記のIP対応ビジネスホンの設定をする場合は、お買い求めいただいた販売担当者にお申し付けくださいますようよろしくお願い致します。

ページの先頭へ

ダウンロード

<操作補助マニュアル>
  • 「FOMA」、「onefone」は株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。
Get Adobe® Reader®

PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーをクリックしてダウンロード(無償)してからご覧ください。

ページ上部へ戻る