光コラボレーションモデル対象サービスについて

  • 光アクセスサービスに加え、一部オプションサービスについてご提供いたします。
  • 今後も、市場ニーズを捉えながら対象サービスの拡大を検討してまいります。
NTT東日本
必須 光アクセスサービス
  • フレッツ 光ネクスト ファミリータイプ
  • フレッツ 光ネクスト ファミリー・ハイスピードタイプ
  • フレッツ 光ネクスト ファミリー・ギガラインタイプ
  • フレッツ 光ネクスト マンションタイプ
  • フレッツ 光ネクスト マンション・ハイスピードタイプ
  • フレッツ 光ネクスト マンション・ギガラインタイプ
  • フレッツ 光クロス(※1)
任意選択(※2) 光アクセスサービス フレッツ 光ライトプラス(※3)
オプションサービス(※4)
  • ひかり電話(基本プラン、A(エース))(※5)
  • ひかり電話オフィスタイプ(※5、※6)
  • ひかり電話オフィスA(エース)(※5、※6)
  • リモートサポートサービス
  • フレッツ・テレビ伝送サービス(※7)
  • 24時間出張修理オプション
  • ※1
    IPoE方式のみの提供となるためPPPoEセッションを用いる接続は出来ません。
  • ※2
    任意選択のサービス単体でのご提供はいたしません。
  • ※3
    戸建て住宅向けメニューのみの提供となります。フレッツ光ライトとは異なるサービスです。
  • ※4
    本表以外のオプションサービス(光コラボレーションモデル対象外サービス)は原則、NTT東日本からお客さまに直接ご提供いたします。
  • ※5
    フレッツ 光クロスではご利用になれません。
  • ※6
    フレッツ 光ライトプラスではご利用になれません。
  • ※7
    放送サービスのご利用には放送事業者さまとお客さまのご契約が別途必要です。

提供エリア

NTT東日本のフレッツ 光ネクスト・フレッツ 光ライトプラス・フレッツ 光クロス提供エリアと同一のエリア

  • 各自治体さまとIRU契約を締結しているフレッツ 光ネクストエリアについては、ご提供にあたりNTT東日本と各自治体さまとの調整が必要です。

提供単位

1回線単位

ページの先頭へ

光コラボレーション事業者さまにご対応いただくことについて

  • 原則、光コラボレーション事業者さまにすべてのお客さま対応の実施をお願いいたします。
    • 光コラボレーション事業者さまのサービス提供以降に、お客さまから移転・解約・タイプ変更などの申し出があった場合につきましても、光コラボレーション事業者さまにてご対応の実施をお願いいたします。
  • 開通工事や故障修理などの業務は、NTT東日本が実施いたします。
  • 光コラボレーション事業者さまの実施する業務の一部を、NTT東日本及びNTTグループ会社などにて受託させていただくことも可能です(特徴(3)参照)。

光コラボレーション事業者さまとの役割分担

  • ※1
    移転・解約・タイプ変更の場合も同様のフローとなります。
  • NTT東日本が開通工事や故障修理などを円滑に実施するため、光コラボレーション事業者さまからお客さまの情報を提供していただき、当該目的に限定しNTT東日本において保持・利用させていただきます。

ページの先頭へ

光コラボレーションモデルの特徴(1)お客さまとの契約形態について

  • お客さまへの役務提供は、光コラボレーションモデル対象サービスについては光コラボレーション事業者さまから、対象外サービスについてはNTT東日本からとなります。

契約形態イメージ

光コラボレーションモデルにおける契約形態

  • 上記の他、光コラボレーション事業者さまのサービスを利用してサービス提供を行う契約形態もございます。

ページの先頭へ

光コラボレーションモデルの特徴(2)転用について

  • フレッツ光から光コラボレーション事業者さまが提供する光サービスに円滑に切替を行うため、フレッツ光をご利用中のお客さまのご利用環境を変更することなく、契約形態のみ変更する手続きを「転用」といいます。(※1)
  • 転用前に利用していたフレッツ光のお客さまIDとひかり電話の番号等は、転用後も変更なくご利用いただくことができます。(※2)

フレッツ光から光コラボレーション事業者さまの光アクセスサービスへの転用について

  • ※1
    光コラボレーションモデル対象外のオプションサービスについては、引き続きNTT東日本からご提供させていただきます。
  • ※2
    転用と同時にタイプ変更・移転がある場合、お客さまID・ひかり電話の電話番号の変更、工事が発生する場合があります。

ページの先頭へ

光コラボレーションモデルの特徴(3)NTT東日本などへの業務委託について

  • 光コラボレーション事業者さまが円滑に事業を開始できることを目的として、光コラボレーション事業者さまが実施する業務の一部をNTT東日本及びNTTグループ会社などへ委託するスキームをご提供いたします。

光コラボレーション事業者さまからNTT東日本への業務委託

ページの先頭へ

ご留意いただきたい事項について

  • 光コラボレーションモデルをお申し込みいただく際のご留意事項は以下のとおりです。

ご留意事項

  • 以下の事項に当てはまる場合は、ご提供をお断りすることがあります。
    • 電気通信事業者の届出を行っていない場合
    • 反社会勢力に関与している、あるいは公序良俗に反する事業を営んでいる場合
    • 事業運営上支障が生じるなど当社の信用・利益を損なうおそれがある場合
    • 当社又は第三者の保障された権利(知財等)を害するおそれがある場合
    • 設備の大規模な改修を伴う等、技術的または経済的に著しく困難な場合
  • サービス提供に関し負担すべき金額の支払いを怠るおそれがあるとNTT東日本が判断した場合は、預託金の預け入れ又は金融機関などの債務保証により債務の履行の担保を求めることがあります。

その他の制限事項

自家利用の禁止
  • 光コラボレーション事業者さまが専ら自社(一定の基準を超える資本関係があるグループ会社など実態として同一の企業と考えられる場合を含みます)での利用を目的に本モデルにおけるサービスを利用することはできません。
相互接続等との併用時の扱い
  • 光コラボレーション事業者さまが、本モデルにおけるサービスの顧客情報を用いるなどして、意図的に本モデルにおけるサービスから相互接続または当社以外の設備を用いて提供される競合サービスへの移行を継続・反復的に行っている場合は、本モデルにおけるサービスの契約を解除し、違約金を適用させていただきます。
役務を再卸する場合の扱い
  • 光コラボレーション事業者さまが本モデルの役務の再卸を希望される場合は、事前にお申し出いただきお客さまに対する責任の範囲について別途協議させていただきます。
  • 光コラボレーション事業者さまが提供するサービスなどの販売を第三者に委託することは可能です。

光コラボレーションモデルのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・お申し込み別ウィンドウで開きます

ページ上部へ戻る