AWS入門 初心者が覚えておくべきAWSの基本

代表的なクラウドサービスであるAmazon Web Services(AWS)にはたくさんのサービスがあり、初めて使用する人にとってはどこから学んだらよいのかがわかりづらいかもしれません。今回は、AWSの入門者に向けてAWSの基本を解説します。

AWSを勉強する際のポイント

まず、AWS初心者の方は次の4つのステップで学ばれるとよいでしょう。概要をつかんだら早めにAWSに触れて、簡単なサーバーを構築してみることをおすすめいたします。

  • (1)AWSの全体像を知る…セミナーや入門書で全体の概要をつかむ
  • (2)主要なサービスについて調べる…まず基本的なサービスであるEC2とS3、RDSについて学ぶ
  • (3)操作性や独特の用語に慣れる…AWSにアカウントを作成し、EC2とS3の設定を通じてAWSのマネージメントコンソールに触れる
  • (4)ウェブサーバーを構築してみる…簡単なサーバーを独力で作成してみる

そもそもAWSとは?

AWSは代表的なクラウドコンピューティングサービスです。まずクラウドコンピューティングはどういうものなのかを理解したうえで、AWSについて学びましょう。

クラウドコンピューティングとは?

クラウドコンピューティングは、「クラウド」と短く呼ばれることもあります。クラウドは、システムの大半があらかじめインターネット上で運用されているサーバーなどを利用する形態であり、ユーザーが自前でサーバーなどのハードウェアやソフトウェアを持たなくても、インターネットを通じて、コンピューターによるサービスを必要な時に必要な分だけ利用できるサービスです。

それに対して、サーバーやソフトウェアなどのシステムを全てユーザーが管理する設備内に設置して、利用・運用する形態を「オンプレミス」と呼びます。

AWSとは?

2006年に、Amazon 社内のビジネス課題を解決するために生まれた IT インフラストラクチャのノウハウをもとに、アマゾン ウェブ サービス(AWS)という名称でサービスがスタートしました。世界で最も利用されているクラウドインフラサービス(※)です。

※クラウドインフラサービス(IaaS、PaaS、ホステッドプライベートクラウド)におけるAWSの市場シェアは約35%で世界1位となっています。(米調査会社Synergy Research Group/ 2018年第4四半期)
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1902/13/news078.html別ウィンドウで開きます

AWSの利用者(主に管理するエンジニア)は、AWSに主にサーバーまわりの最新資源の調達やパフォーマンスチューニング、そしてセキュリティ対策を任せることができ、利用者は自社サービスの開発や改善など、コアビジネスに集中することができます。AWSでできることやAWSが優れている点については、以下のページをご参照ください。

AWSでシステム構築・運用するうえで必ず覚えておいた方がいい用語

AWSでよく使われる用語の意味を学びましょう。

VPC

AWS VPC(Amazon Web Service Virtual Private Cloud)とは、ユーザー専用のプライベートなクラウド環境を提供するサービスです。AWSでは、基本的にVPCが必須ですが、最初に使うVPCはAWS側が自動的に用意してくれます。

Region(リージョン)

AWSサービスのバックボーンは、「リージョン」と呼ばれる地理的に離れた領域のデータセンター群がそれぞれ接続されることで構成されています。各リージョンではAWSのサービスがそれぞれ独立して提供されています。例をあげると、日本には東京リージョン(ap-northeast-1)があり、米国にはバージニア北部リージョン(us-east-1)、オレゴンリージョン(us-west-2)などがあります。

AZ(エーゼット、アベイラビリティゾーン)

AWSサービスのバックボーンは、「リージョン」と呼ばれる地理的に離れた領域のデータセンター群がそれぞれ接続されることで構成されています。各リージョンではAWSのサービスがそれぞれ独立して提供されています。例をあげると、日本には東京リージョン(ap-northeast-1)があり、米国にはバージニア北部リージョン(us-east-1)、オレゴンリージョン(us-west-2)などがあります。

サブネット

サブネットとは、ある1つの大きなネットワークの中をさらに小さく分割した小規模ネットワーク=ネットワークの範囲のことをさします。サブネットは「サブネットマスク」という考え方で分割を行いその範囲を示します。IPアドレスとサブネットマスクを組み合わせることで、ネットワークの範囲(サブネット)を指定することができます。(例:172.16.0.1 / 255.255.255.0 など)

Amazon EC2

Amazon EC2(Amazon Elastic Compute Cloud)とは、AWSが提供する「仮想サーバー」のことです。EC2を用いてLinuxやWindowsなどさまざまなOSの仮想サーバーをすぐに実行できる環境を用意することができます。Amazon EC2では、複数の仮想サーバーを立てることができます。

Instance(インスタンス)

AWS クラウドに立てられた仮想サーバーをインスタンスと呼びます。EC2やRDSなどの仮想サーバーを数える時に単位として使われます。

Amazon EBS

Amazon EBS(Amazon Elastic Block Store)は、AWS上で操作できる仮想ディスクです。管理コンソールからEBSボリュームを作って、それをサーバーインスタンスへ接続、切断できます。接続することをアタッチ、切断をデタッチと呼びます。

Amazon RDS

Amazon RDS(Amazon Relational Database Service)はAmazonの提供するリレーショナルデータベースサービスです。MySQLやPostgreSQL、Oracle、SQL Serverなど多くの種類のデータベースを、管理画面から設定するだけで構築・設定して利用できます。

IAM(アイアム)

AWS上のサービスを操作するユーザーとアクセス権限を管理するのがIAM(AWS Identity and Access Management)です。ユーザーがアクセスするための認証情報やAWSリソースを制御するための権限を集中管理することができます。

Amazon S3

AmazonS3(Amazon Simple Storage Service)は、Amazonが提供するストレージサービスです。バケットと呼ばれるリソース(入れ物)にデータを保存します。S3は非常にコストパフォーマンスに優れたストレージサービスで、保存できるデータ容量に上限がありません。

Amazon CloudWatch(クラウドウォッチ)

Amazon CloudWatchは、AWSが提供する「フルマネージド運用監視サービス」で、AWSの各種リソースを監視してくれるサービスです。異常が生じた時にはそれをアラートで知らせるだけではなく、自動復旧も可能で、AWS上で監視を行う際には欠かせない存在です。

実際の構築ステップ

AWSの代表的なサービスであるEC2、S3を使った構築例をご紹介します。まずAWSにアカウントを作るところからやってみましょう。

アカウント作成とログイン

以下のページからAWSのアカウントを作成しコンソールにログインします。
https://portal.aws.amazon.com/billing/signup#/start別ウィンドウで開きます

Amazon EC2で仮想サーバーを起動する

AWSを利用しようという時にまず作成しなければならないのは、EC2であるといっても過言ではないでしょう。次の手順を参考にEC2で仮想サーバーを起動してみましょう。(無料利用枠を利用すれば12ヵ月にわたって無償で利用することができます)

AWSコンソールにログインしたら、以下のページにある Amazon EC2 コンソールを開きます。
https://console.aws.amazon.com/ec2/別ウィンドウで開きます

[インスタンスの起動] を選択して、以下の順に実行します。

  • ステップ 1: Amazon マシンイメージ (AMI) を選択する
  • ステップ 2: インスタンスタイプを選択する
  • ステップ 3: インスタンスの詳細を設定する
  • ステップ 4: ストレージを追加する
  • ステップ 5: タグの追加
  • ステップ 6: セキュリティグループを設定する
  • ステップ 7: 確認と起動

詳しい手順は以下をご覧ください。

Amazon S3でストレージサービスを利用する

コストパフォーマンスに優れたS3のストレージサービスを実際に利用してファイルの保存と取得を行ってみましょう。(S3についても12ヵ月の無料利用枠が利用できます)

AWSのコンソールにログインしたら以下のページから下記の順に実行します。
https://s3.console.aws.amazon.com/s3/別ウィンドウで開きます

  • ステップ 1: バケット(=データの入れ物)を作成する
  • ステップ 2: オブジェクト(=ファイル)をアップする
  • ステップ 3: 権限を設定する
  • ステップ 4: ブラウザなどで表示を確認

詳しい手順は以下をご覧ください。

まとめ

AWSは、すでにさまざまな企業のウェブサイトやウェブサービスで利用されています。AWSは、単純に仮想サーバーを立てるだけでなく、他にもシステム構築・運用に必要なさまざまなサービスが提供されています。機能やメリットについて学び、自社のビジネスに活用できないか積極的に検討してみましょう。

Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureの
導入支援サービスのご相談、お問い合わせをお待ちしております。

ページ上部へ戻る