クラウドサービスとは?注目される背景やメリットを解説!

企業規模の大小や、業界を問わず、クラウドサービスを活用する企業が増えています。クラウドサービスとは、例えば企業システムの、サーバー、ストレージやデータベース、ネットワークなどの機能を、主にインターネットを経由して、利用できるサービスです。代表的なサービスとしては、AWS(Amazon Web Services)やMicrosoft Azureなどがあります。
今回は、クラウドサービスの概要やメリット・デメリット、代表的なクラウドサービスなどについて解説いたします。

オンプレミスとクラウドを比較 e-Bookをダウンロードして理解を深めましょう!

クラウドサービスとは

最初にクラウドサービスについて基本的なことを押さえておきましょう。

クラウドサービスとは

クラウドサービスとは、自社で物理的なコンピューターやサーバーソフトウェアを持たずに、インターネットを通じて、サービスとしてサーバー機能などを利用できる形態(または、システム形態)のことです。従来は、自社でハードウェアを購入し、購入したCD-ROMやダウンロードしたサーバーソフトウェアをハードウェアにインストールしてサーバーを構築する方法が一般的でしたが、クラウドサービスの場合ではネットワーク(インターネット)に接続するだけでサービス(サーバーなど)を利用することができます。

クラウドの意味・由来とは

クラウドとは「雲」を意味します。かつてネットワークのことを雲のイメージで表現することが多かった名残から、クラウドに設置されたサーバーなどから提供されるネットワーク経由のサービスということで「クラウド」というサービス名称になったともいわれています。

ちなみに、クラウドサービス提供のためのサーバーなどの物理的な設置場所や設置場所内部についての詳細は、セキュリティの観点から、契約者であっても利用者には開示されません。

クラウドサービスが注目される理由

ではなぜクラウドサービスが注目されているのでしょうか。目的に応じてさまざまな理由がありますが、ここでは3つの理由を紹介します。

BCP対策に適している

クラウドサービスでは、サーバーやサーバーソフトウェアを買い取るのではなく、利用した量に応じて支払う形態が取り入れられています。サーバーなどのシステムリソースを、「占有」したり「所有」するのではなく、「利用」する形態であるクラウドサービスならではの料金モデルといえます。

多様な働き方に対応できる

クラウドサービスを利用すると、テレワークや在宅勤務などの多様な働き方を実現するシステム環境が整えやすくなります。従来、社内のネットワークに接続するためには会社へ出社するかアクセスするPCに特別なソフトウェアをインストールしてアクセスするなどの必要がありました。
クラウドサービスを利用することにより、基本的にインターネットに接続できれば、いつでもどこでも会社のネットワークに接続することができるようになります。また、クラウドサービスが提供する、データへのアクセス権限の許可/拒否を設定するアクセス権限設定や、3rd Party 製品などを利用することにより、情報漏洩や不正アクセスのリスクケアが行うこともできます。

クラウドサービスの種類

クラウドサービスには、以下のような種類があります。

IaaS(Infrastructure as a Service)

IaaSはサーバーやネットワークなどのインフラ部分の機能を提供するサービスです。OS、CPU、メモリ容量などを選択・変更して、自社が持つサーバーアプリケーションを実行するための環境を準備でき、また、柔軟に変更することができます。ただし、自由度が高い代わりに、OSやハードウェアに関する専門知識が必要です。
主なIaaSのサービスとしては、以下のようなものがあります。

  • Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)
  • Microsoft Azure Virtual Machine
  • Google Compute Engine など

オンプレミス(自社でサーバーなどを所有するシステム形態のこと)と同様に、社内で専門知識を持つスタッフを常時は抱えられないがIaaSを活用したいという場合には、外部業者に設計・構築や運用を依頼する方法もあります。

PaaS(Platform as a Service)

PaaSでは、IaaSで提供される部分に加え、アプリケーションを動かすためのOSや開発ツールの機能までをクラウドサービスとして提供されるサービスです。IaaSとSaaSの中間的な位置づけにあたります。利用したいサーバーアプリケーションが必要とするOSまでは決まっていて、プログラム(コード言語の記述)などでカスタマイズをしたい場合に適しています。AWSやAzureの多くのサービスはPaaSとして提供されています。
主なPaaSのサービスとしては、以下のようなものがあります。

  • AWS Elastic Beanstalk、Lambdaなど
  • Microsoft Azure App Serviceなど

PaaSもIaaS同様に、使いこなすためには一定の技術的な知識が必要です。また、他のクラウドサービスと組み合わせてネットワークやシステムを構築するなど多様なシステム構成での利用が可能ですが、最適な形での設計を行うためには高いレベルの専門知識が求められます。

SaaS(Software as a Service)

SaaSは、PaaSで提供される部分に加え、利用したいアプリケーションの機能を提供するサービスです。基本的にアプリケーションをインストールしたりして所有するのではなく、ブラウザなどでアプリケーションの機能だけを利用できることと似ています。(クライアントPCにクライアントアプリケーションをインストールする場合もあります)
特定のアプリケーションの機能を利用するためには非常に便利ですが、あらかじめパッケージングされた機能を利用することが前提であり、カスタマイズの自由度はIaaSやPaaSと比べるとそれほど高くありません。(利用者が行う個別の設定などは可能です)技術者が確保できて自社用の細かなカスタマイズが必要とされる場合にはIaaSやPaaSの方が適しています。なお、SaaSの場合には、クラウドサービス事業者が提供する管理画面などで、サービスが提供する機能設定の範囲の必要な設定を行います。
主なSaaSのサービスには、以下のようなものがあります。

  • Amazon CloudWatch
  • Microsoft Office 365
  • Gmail、Googleドライブなど

逆にいうと、SaaSは、IaaSやPaaSと比べて、複雑な設計は不要です。自社独自の特別なカスタマイズが必要なく、全従業員が共通して利用する、コミュニケーション基盤などに適しています。「どのようなサービスが提供されているのか」「3rd Party製品を含む、他のサービスと連携することで自社要件を満たせるか」といったポイントを踏まえてサービスを選定すると良いでしょう。

オンプレミスとクラウドを比較 e-Bookをダウンロードして理解を深めましょう!

クラウドサービスのメリット・デメリット

クラウドサービスには、さまざまなメリットやデメリットがあります。

クラウドサービスのメリット

クラウドサービスのメリットは以下の通りです。

従量課金制なので使用した分だけしか料金が発生しない

クラウドサービスの多くは、使用した分だけ料金が発生する従量課金制となっています。イベントや季節変動などによるアクセス数や必要なデータ容量が大きく変わるようなシステムにおいても、ピーク時を想定したハードウェアなどを年間を通じて所有する必要がなく、使用量に応じた支払いが実現できます。

拡張性・柔軟性に優れている

クラウドサービスの場合には、自社でハードウェアを準備する場合と異なり、画面上で設定を変更するだけで容量を拡張したり調整したりすることができます。ハードウェア調達の手間がかからないことや物理的なスペースが不要なことから、拡張性や柔軟性に非常に優れていると言えます。

オンプレミスサーバーとの連携が可能

既にある自社設置(自社所有)型のサーバー(=オンプレミスサーバー)と連携させ、あたかも一つのネットワークやシステムのように使用することができます。例えば、自社のサーバーに保存してあるデータをクラウド上に定期的にバックアップとして保存するといった連携が可能です。

サービスのメニューが豊富

AWSだけでもデータベースやストレージなど120以上のサービスがあります。また、Microsoft AzureやGoogle Cloud Platform(GCP)にも多数のサービスがあります。最適な環境を構築するために、複数の提供者のサービスを併用して連携させることも可能です。

バックアップやパッチ適用作業などの運用が楽

クラウドサービスにはバックアップやパッチ適用作業(プログラムの一部を更新してバグの修正や機能変更などを行うこと)が自動的に行われるサービスも少なくありません。また、パッチ適用作業中などでも機能の一部が利用できるなど、自社サーバーの場合と比べて運用面の手間を軽減することも期待できます。

クラウドサービスのデメリット

クラウドサービスのデメリットは以下の通りです。

サービスの構築には専門的な知識が必要

オンプレミスと同様のポイントなのでクラウドサービス特有のデメリットではありませんが、誤解されていることもあるかもしれません。

特に、カスタマイズ性が優れるIaaSやPaaSのようなクラウドサービスでは、複数のサービスを併用したり連携させたりすることで機能を便利に活用することができます。しかしながら、クラウドサービスを利用してシステム設計・構築する場合でも、クラウドサービスの知識に加え、ネットワークやOSなどの専門知識が不可欠であることは、オンプレミスと同様です。

構築の仕方によってはトータルコストが高くなってしまうことがある

クラウドサービスの多くは、従量課金制のため利用した分だけ費用が発生する仕組みになっていますが、設計・構築方法や選択するサービスなどによっては、自社サーバーで構築・運用するよりも支出費用が高くついてしまうことがあります。ただし、オンプレミスの場合には、システム運用のための人件費や時間なども必要であり、TCO(Total Cost of Ownership、システムの総所有コスト)を計算して、クラウドサービスかオンプレミスかの選択を行いましょう。

新サービスが次々に登場するので、新サービスや全体像の把握が難しい

クラウドサービスでは、次々に新たなサービスや新機能が提供されます。それまでできなかったことが新サービスの登場によってできるようになることも珍しくありませんが、より良いサービスを提供するための仕様変更なども行われます。運用フェーズにおいて自社に最適なクラウドサービスを利用したシステム運用を維持・向上させるためには、サービス事業者が提供する変更情報などについても定期的に確認する必要があります。

これらのデメリットを解消する一つの方法は、クラウドサービスを扱うIT業者を利用することです。専門知識にたけ、自社の状況やニーズに最適なクラウド環境を推奨してくれる業者に依頼することができれば、常に最新の最適なクラウドサービス環境を利用することができます。また、新たなサービスの利用や、既存サービスとの連携など、運用フェーズにおけるより最適なクラウド環境への更新もスムーズにできるでしょう。

代表的なクラウドサービス

クラウドサービスにはさまざまなものがありますが、ここではIaaSやPaaSの代表的なクラウドサービスについて紹介します。

Amazon Web Services(AWS)

Amazon Web Servicesは、Amazonが提供しているクラウドサービスです。クラウドサービスの草分け的存在でもあり、2019年時点で世界トップシェアを誇っています。安定性やセキュリティ、機能の多様性など信頼性が非常に高いクラウドサービスです。120以上の多様なサービスがあり、サービスの充実度も業界トップ水準です。

Microsoft Azure(Azure)

Microsoft AzureはMicrosoftが提供しているクラウドサービスです。AWSとそん色ないサービスを提供しており、比較検討されたり併用をされたりするケースも珍しくありません。特定の業界に特化したサービスや企業向けソリューションの提供などに定評があります。

Google Cloud Platform(GCP)

Google Cloud Platformは、Googleが主に自社サービス構築のために使用している機能を、利用者にも提供しようとしてリリースされたクラウドサービスです。ビッグデータの収集・管理やデータの高速解析などの機能に優れています。さらに、Googleが提供しているGoogleドライブやGmailなどのサービスとの連携面が優れている点もGCPの大きなメリットの一つです。

Oracle Cloud

後発ながら「次世代のクラウド」として現在注目を集めているのがOracle Cloudです。データベース関連のリーディング企業として君臨してきた同社のノウハウを生かして、暗号化や権限の設定などセキュリティ対策機能が充実している点がOracle Cloudの大きな特徴です。

IBM Cloudサービス

IBM Cloudサービスには、データの完全性(データが全て揃っていて、欠損やデータの不整合がないこと)、低レイテンシー(遅延が起こりにくいこと)、並列処理(複数の処理を並列に処理すること)の3つの特徴があります。企業の基幹業務のために多く使用されています。

まとめ

インターネットを経由してストレージやネットワークなどを利用し自社システムを構築できるクラウドサービスには、従量課金制、システムのアクセス状況に応じた拡張性、災害時やトラブル時における可用性、セキュリティ面での強さなどがあり、それらのメリットから企業での利用が広まっています。今回の記事を参考に、自社のシステム環境にクラウドサービスを利用できないかを検討してみてはいかがでしょうか。

オンプレミスとクラウドを比較 e-Bookをダウンロードして理解を深めましょう!

Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureの
導入支援サービスのご相談、お問い合わせをお待ちしております。

ページ上部へ戻る