Microsoft Azureとは何か

クラウドの技術は普及期の段階にあり、オンプレミスからクラウドへの移行を検討する企業や組織も増加傾向にあります。
実際、クラウドサービスのマーケットはいまだに高い伸び率で成長しており、Amazon Web Services (AWS)、Microsoft Azure (以下「Azure」と呼びます。)、Google Cloud Platform (GCP)をはじめとするクラウド事業者がマーケットの成長を牽引しています。
主要なクラウド事業者の中でもAzureは、Active DirectoryやSQL ServerなどのWindows製品との親和性が高く、Windowsベースのオンプレミス環境の移行先クラウドとして有力な候補の一つとなっています。
このコラムでは、Azureとは何なのかなど、その概要を解説するとともに、Azureが提供するクラウドサービスの中から代表的なものをいくつかピックアップして紹介します。

Azureとは

Microsoftによるパブリッククラウド

AzureはMicrosoftが運営するクラウドプラットフォームであり、MicrosoftはAzureを通じて同社が保有するサーバーマシンなどのリソース利用を提供しています。Azureの利用者は自らサーバーマシンなどを保有することなく、提供されたリソースを使ってシステムやサービスを構築・運用することができます。
また、Azureに限らず一般的に、クラウドプラットフォームで提供されるサービスを利用する場合には、ハードウェア(サーバーマシンやネットワーク機器など)やソフトウェア(オペレーティングシステムやミドルウェアなど)そのものの管理・保守は、クラウド事業者の責任において実施されます。
したがって、オンプレミス(自社で設備を保有する場合)に比べて機器選定などの面での自由度は下がりますが、その反面、管理・保守・運用の負荷を軽減することができます。
クラウド事業者の責任範囲は利用するクラウドサービスの形態によって異なります。たとえば仮想マシンなどのインフラストラクチャを提供するIaaSの場合、クラウド事業者はサーバーマシンやハイパーバイザー(仮想マシンを管理するソフトウェア)などのレイヤまでについての管理・保守責任を持ちます。
Azureのように多数の利用者が、クラウド事業者が保有するハードウェアなどを、共同で利用できるクラウドプラットフォームは「パブリッククラウド」と呼ばれ、利用者はAzureのWebサイトからサインアップを行うだけで利用が開始できます。なお、クラウドプラットフォーム上の利用者データはさまざまな技術により論理的に分離されています。

Azureの強み

もちろんパブリッククラウドはAzureだけではなく、冒頭で述べたAWSやGCPも主要なクラウド事業者として肩を並べています。
AWSは3社の中で最も早い時期からクラウド事業を開始しており、知名度や書籍をはじめとする情報量などの点で一日の長があります。
GCPは同社の強みでもあるビッグデータ処理やAIの領域で優れている点に加え、最近ではKubernetesなどコンテナの領域でも他社をリードしています。
一方、これらの2社にはないAzure独自の強みとして、Azureと同じくMicrosoftによって提供されるWindows製品やOffice 365などの親和性が高い点が挙げられます。
この点はオンプレミスからクラウドへ移行する時に特に強みを発揮し、オンプレミス環境においてアイデンティティ/アクセス管理基盤のActive Directoryやデータベース管理システムのSQL Serverなどを既に利用している場合、Azureへ移行しやすくなっています。

Azureの情報セキュリティマネジメント

クラウドサービスを利用するにあたっては個別のサービス内容やテクノロジーの優劣だけではなく、情報セキュリティマネジメントやコンプライアンスの観点からクラウド事業者を評価することも重要です。
Microsoftは、Azureが様々な国際コンプライアンス標準・業界標準・各国固有のコンプライアンス標準を満たしており、これらの標準によって求められる情報セキュリティとコンプライアンスの管理策をAzureが遵守しているかを定期的なサードパーティー(審査機関)による審査を受け検証しています。
しかしながら、Azureに限らず、クラウド利用における情報セキュリティとコンプライアンスに関して留意しておく点があります。
Azureは、Fortune 500(米国の大手企業)が必要としているものと同等の高いレベルでの情報セキュリティ・プライバシー・コンプライアンスポリシー基づいて保護されたサービスを提供していますが、Azure上で利用者自身が構築・運用するシステム(アプリケーション)やサービスの情報セキュリティマネジメント責任は利用者自身にあり、「Azureを使っているから移行したシステムのすべてが安全」といった誤った認識を持たないように留意する必要があります。

Azureのサービス

前段では、Azureの概要について解説しました。
Azureではすでに様々なサービスが提供されており、さらに、新しいサービスや機能も次々と追加されていますので、正直すべてを網羅して理解することは難しいです。
以下、Azureが提供するクラウドサービスの中から代表的なものをいくつかピックアップして紹介します。

Azure Virtual Machines

Azure Virtual Machinesは、Azureにおける最も基本的なサービスの一つとして重要な役割を担っています。
このサービスはAzureプラットフォーム上で稼働する仮想マシンサービスです。Azureプラットフォーム上に構築した仮想マシンのデスクトップ(リモートデスクトップ環境)に接続することにより、自分のパソコンと同様の作業ができるリモートワーク環境を利用することができます。(自分のパソコンと完全に同じとは限りません。)
Azure Virtual Machinesは後ほど説明するAzure App ServiceやAzure Functionsと比べて最も自由度が高いサービスであり、利用者が必要とするソフトウェアやライブラリなどを自由にインストールして使用することができます。
その反面、追加でインストールしたソフトウェアやライブラリなどのメンテナンス(アップデートやパッチ適用など)は利用者自身で行う必要があり、その分他の2つのサービスと比べると運用の負荷は高くなる傾向にあります。
なお、Azure Virtual Machinesはサービスの利用形態としてはIaaSに該当します。

Azure App Service

Azure App ServiceはAzureのアプリケーション実行環境サービスであり、Azure App Servicesを使うことによって利用者が自ら仮想マシンなどを管理することなく、プログラムをクラウドへアップロードするだけでアプリケーションを実行することができます。
Azure Virtual Machinesと比べた場合、Azure App Serviceではインストールできるソフトウェアやライブラリなどの面で制約が多いですが、Azureが管理・保守に対して責任を持つ範囲も広いため、運用の負荷は低くなる傾向にあります。
なお、Azure App Serviceはサービスの利用形態としてはPaaSに該当します。

Azure Functions

Azure FunctionsはAzureのコード実行環境サービスであり、Azure Functionsを使うことによってAzure App Servicesと同様、利用者が自ら仮想マシンなどを管理することなく、プログラムをクラウドへアップロードするだけでコードを実行することができます。
Azure Functionsはプログラムをクラウドへアップロードするだけで実行できるという点ではAzure App Servicesとよく似ていますが、Azure App ServicesがWebサイトやWebシステムなどの実行環境として用いられるのに対し、Azure Functionsはイベントハンドラーなどの実行環境として用いられる点が異なっています。
なお、Azure Functionsはサービスの利用形態としてはFaaS(Function as a Service)と言われたりします。

おわりに

クラウドの普及に伴い多様化するニーズに対応すべく、クラウド事業者各社は新サービスの提供と各サービスのアップデートを続けています。各事業者の特徴をつかみ、最適なクラウド事業者を選択しましょう。

オンプレミスとクラウドを比較 e-Bookをダウンロードして理解を深めましょう!

移行準備段階で知っておくべきMicrosoft Azureの
サービスを学び、具体的にクラウド検討を考える!

Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureの
導入支援サービスのご相談、お問い合わせをお待ちしております。

ページ上部へ戻る