2022 APN AWS Top Engineers および 2022 APN ALL AWS Certifications Engineers にNTT東日本グループより計5名選出

2022年5月25日(水)にAWS Japanが発表した「2022 APN AWS Top Engineers(Service)」において、NTT東日本の白鳥 翔太が選出されました。
また「2022 APN ALL AWS Certifications Engineers」としては、五味 健太、鮫川 智徳(NTT-ME)、小暮 哲平、新山 陸 の4名が表彰されました。
昨年より「2022 APN ALL AWS Certifications Engineers」表彰者が1名増え、今年は計5名の選出者、表彰者を輩出することができました。

1.APN AWS Top Engineer Programとは

APN(AWS Partner Network) に加入しているAWSパートナー企業に所属しているエンジニアを対象にしたAWS Japan独自の表彰プログラムです。 複数のAWS認定資格を取得し、会社を超えてパブリックに技術力を発揮した活動を行ったり、その他技術力を発揮した活動や成果を挙げた者からAWS Japanが審査し、選出されます。
また、今年からはカテゴリー制度を導入。APN AWS Top Engineers (Service)とAPN AWS Top Engineers (Software)に分離しました。
更にAPN AWS Top Engineers (Networking / Security / Analytics /Database / ML)が新設されました。

APN AWS Top
Engineersカテゴリー

記事

Service

従来の制度を継続したカテゴリー。AWSに関する活動を総合的に判断して、エンジニアを表彰

Software

ISV/SaaSの自社プロダクトに対して高度なAWS技術を用いて活躍しているエンジニアを表彰

Networking

Networkに対してAWSに関わる高度な技術を有するエンジニアを表彰

Security

Securityに対してAWSに関わる高度な技術を有するエンジニアを表彰

Analytics

Analyticsに対してAWSに関わる高度な技術を有するエンジニアを表彰

Database

Databaseに対してAWSに関わる高度な技術を有するエンジニアを表彰

Machine Learning

MLに対してAWSに関わる高度な技術を有するエンジニアを表彰

受賞者からのコメント

白鳥 翔太

東日本電信電話株式会社
ビジネス開発本部
第一部門 クラウドサービス担当 担当課長

お客さまやパートナー企業のみなさまからのご指導並びに社内の関連する多くの方のご協力によって、3年連続の受賞ができました。
お客さま案件での貢献はもちろんのこと、コラム執筆やウェビナー登壇を通じてAWSをより身近に、使いやすく感じていただけるように努力してまいります。今後ともどうぞよろしくお願いします。

プロフィール:

2009年入社。
法人向けのネットワークエンジニアを経て、2012年にSIerやデータセンタ事業者向けのネットワークサービスのプリセールスを担当。
2016年よりAWSパートナー企業向けのネットワークサービスのプリセールスを経て、2018年より現職。
自社サービス開発・設計を手掛ける中で、2019年より「クラウド導入・運用サービス」のサービス主管を担当。

2.APN ALL AWS Certifications Engineersとは

AWS Partner Network (APN) に参加している会社に所属している AWS エンジニアを対象にした日本独自の表彰プログラムです。 AWS 認定資格を全て保持しているAWS エンジニアが対象となります。
具体的には2022 年 3 月時点で正式リリースされていた下記 11 種を取得した方が表彰対象となります。

AWS Certified Cloud Practitioner
AWS Certified Solutions Architect – Associate
AWS Certified SysOps Administrator – Associate
AWS Certified Developer – Associate
AWS Certified Solutions Architect – Professional
AWS Certified DevOps Engineer – Professional
AWS Certified Security – Specialty
AWS Certified Database – Specialty
AWS Certified Machine Learning – Specialty
AWS Certified Advanced Networking – Specialty
AWS Certified Data Analytics – Specialty

受賞者からのコメント

五味 健太

東日本電信電話株式会社
ネットワーク事業推進本部 設備企画部
ビジネス推進部門 クラウドネットワーク推進担当 担当課長

2年連続の受賞にあたり、お客さまや同じチームのみなさま、関係者のみなさまに大変感謝申し上げます。
昨年より増えて今回5名の選出となり大変うれしく思っています。
今後は、より一層世の中の発展のために、AWSを使ってもらえるように頑張っていきたいと思います。

プロフィール:

1999年入社。
データセンタ、サーバやネットワークのオンプレ装置や仮想化技術、様々なOSやコンテンツ等のレイヤまで幅広く経験。
2016年からAWSの勉強を始めてからはパブリッククラウドの凄さにハマり、2018年にアソシエイトとプロフェッショナルの5冠を達成し、2021年に12冠を達成。
現在はパブリッククラウドを活用したサービスの運用やクラウド活用の推進業務に従事。

鮫川 智徳

株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー
ネットワークサービス事業本部 ビジネスサービスセンタ
カスタマサービス部門 部門長

パブリッククラウドへ興味を持って知識習得を進めて資格取得を進めた結果、この度受賞することができました。
ご協力いただいた関係者のみなさまに感謝を申し上げます。
今後はパブリッククラウドに関するビジネスの更なる拡大やパブリッククラウドを活用したDXを推進したいと思います。

プロフィール:

2000年入社。
IP電話や宅内装置の開発業務や回線開通工事の統制業務を経験し2016年から設備企画部にてAWS上のシステム運用に携わり、パブリッククラウドの技術習得を開始。
AWS上のシステム運用のノウハウを活用し、2018年よりクラウド上のお客さまのシステムを運用するMI(メンテナンス・インテグレーション)ビジネスを開始。
2016年から順次AWSの認定資格を取得し、2021年に12冠を達成。
現在はパブリッククラウドをはじめとしたさまざまなお客さまシステムの監視や故障受付の業務に従事。

小暮 哲平

東日本電信電話株式会社
ネットワーク事業推進本部 設備企画部
ビジネス推進部門 クラウドネットワーク推進担当

昨年に続き、今年は2022 APN ALL AWS Certifications Engineers選出いただきました。大変光栄に思います。
これも、多数のクラウド案件を任せていただいた関係者のみなさまと各案件をサポートしていただきましたAWSの方々のおかげです。
感謝の思いでいっぱいです。
引き続きエンジニアとして研鑽を続けるとともに、これからも自身で発信や人材の育成にも注力していきたいと思います。

プロフィール:

2015年入社。
ネットワーク系の現場保守→計画→ネットワークオペレーションを回った後、1年間のCIerでのプロジェクト参画を経験することで、AWSやそれに関わるスキルを大幅に向上。
プロジェクト参画後は設備企画部に配属され、社内のクラウドを使ったサービスの保守やクラウド導入・運用サービスの立ち上げ、Amazon Connectを使った社内コールセンター構築などに従事。
2022年5月25日に「AWS SUMMIT 2022 事業成長のキモは、従業員満足度と顧客体験にあり! ~NTT東日本流 攻めの AWS 活用術」に登壇者として参加

新山 陸

東日本電信電話株式会社
ネットワーク事業推進本部 設備企画部
ビジネス推進部門 クラウドネットワーク推進担当

今回、担当内及び関係して頂いた方々のご尽力のおかげで受賞することが出来ました。
大変、感謝申し上げます。
まだまだ、インフラ、クラウドエンジニアとして未熟でありますので、今後更なる飛躍を遂げ、社内DXの発展に尽力して行きたいと思っております。
今後とも、お力添えの程、よろしくお願いいたします。

プロフィール:

2015年入社。
故障修理業務、OH業務歴任。現在アクセス系保全業務に携わりながら、東京南支店「スマートセンタWG」にてWebアプリ開発に参画し、ITスキルを向上させる。
2021年、クラウドの可能性に魅了され、独学でAWSの学習を開始。
2022年2月、AWS認定資格11冠達成。

3.AWS導入でお困りの場合はNTT東日本のAWS導入におけるサポートをご利用ください

AWS導入をご検討されている場合は、ぜひNTT東日本へご相談ください。 NTT東日本では、3つの特徴を兼ね備えており、それらを活かしてお客さまのクラウド導入をサポートさせていただきます。

①ネットワーク~クラウドまで一元的に提供
NTT東日本ではAWSのクラウドサービスの設計構築・ネットワーク構築・監視保守・運用代行を行い、セキュアなクラウド環境構築やIT業務効率化を可能とするトータルサポートサービスを提供しています。

クラウドのノウハウがない、クラウドに詳しいエンジニアがいない、クラウド移行や保守運用に必要な人的リソースを確保できないなど、クラウドへの移行や運用についてお悩みのお客さまは、まずはお気軽にご相談ください。

②24時間365日の運用保守対応
NTT東日本では、24時間365日の監視を実施します。
そのため、障害の発生に早く気づき、すばやく対応することができます。
これにより、クラウド環境の運用保守に必要な情シス担当者の負担を軽減することができます。

③150社以上の導入実績を誇る有資格者500名によるクラウド化のサポート
NTT東日本では、150社以上の導入実績を誇る有資格者500名のエンジニアによるクラウド化のサポートを行っています。
高い技術と専門の知識を持ったエンジニア達が、お客さまのさまざまなご要望にお応えし、最適なクラウド環境を提供いたします。

4.まとめ

NTT東日本では、クラウドソリューションに関するWebサイトを公開しています。
中堅中小企業の情シス担当者さま向けにさまざまなコラムやこれまでNTT東日本で行ってきましたウェビナーのレポートなどを多数掲載しています。
クラウドの基礎からクラウド移行・構築、セキュリティ、クラウド運用など幅広く展開していますので、どうぞお気軽にご覧ください。
また、クラウドソリューションに関するウェビナーの開催やウェビナーの動画アーカイブも掲載しておりますので、クラウド導入の参考にご視聴ください。

クラウドのわからない・面倒でお困りの方はぜひご連絡ください。
クラウドを知り尽くす経験豊富なプロが貴社の
クラウド導入・運用の疑問・困りごとにお応えします!

クラウドの導入・運用に関する
ご相談、お問い合わせをお待ちしております。

無料ダウンロード

自社のクラウド導入に必要な知識、ポイントを
このに総まとめ!

あなたはクラウド化の
何の情報を知りたいですか?

  • そもそも自社は本当にクラウド化すべき?オンプレとクラウドの違いは?
  • 【AWS・Azure・Google Cloud】
    どれが自社に最もマッチするの?
  • 情シス担当者の負荷を減らしてコストを軽減するクラウド化のポイントは?
  • 自社のクラウド導入を実現するまでの具体的な流れ・検討する順番は?

初めての自社クラウド導入、
わからないことが多く困ってしまいますよね。

NTT東日本では
そんなあなたにクラウド導入に必要な情報を

1冊の冊子にまとめました!

クラウド化のポイントを知らずに導入を進めると、以下のような事になってしまうことも・・・

  • システムインフラの維持にかかるトータルコストがあまり変わらない。。
  • 情シス担当者の負担が減らない。。
  • セキュリティ性・速度など、クラウド期待する効果を十分に享受できない。。
理想的なクラウド環境を実現するためにも、
最低限の4つのポイントを
抑えておきたいところです。
  • そもそも”クラウド化”とは?
    その本質的なメリット・デメリット
  • 自社にとって
    最適なクラウド環境構築のポイント
  • コストを抑えるため
    具体的なコツ
  • 既存環境からスムーズにクラウド化
    実現するためのロードマップ

など、この1冊だけで自社のクラウド化のポイントが簡単に理解できます。
またNTT東日本でクラウド化を実現し
問題を解決した事例や、
導入サポートサービスも掲載しているので、
ぜひダウンロードして読んでみてください。

クラウドのわからない・
面倒でお困りのあなたへ

クラウドのご相談できます!
無料オンライン相談窓口

NTT東日本なら貴社のクラウド導入設計から
ネットワーク環境構築・セキュリティ・運用まで
”ワンストップ支援”が可能です!

NTT東日本が選ばれる5つの理由

  • クラウド導入を
    0からワンストップでサポート可能!
  • 全体最適におけるコスト効率・業務効率の改善
    中立的にご提案
  • クラウド環境に問題がないか、
    第3者目線でチェック
    してもらいたい
  • 安心の24時間・365日の対応・保守
  • NTT東日本が保有する豊富なサービスの組み合わせで
    ”課題解決”と”コスト軽減”を両立

特に以下に当てはまる方はお気軽に
ご相談ください。

  • さまざまな種類やクラウド提供事業者があってどれが自社に適切かわからない
  • オンプレミスのままがよいのか、クラウド移行すべきなのか、迷っている
  • オンプレミスとクラウド移行した際のコスト比較を行いたい
  • AWSとAzure、どちらのクラウドが自社に適切かわからない
  • クラウド環境に問題がないか、第3者目線でチェックしてもらいたい
  • クラウド利用中、ネットワークの速度が遅くて業務に支障がでている

クラウドを熟知するプロが、クラウド導入におけるお客さまのLAN 環境や接続ネットワーク、
クラウドサービスまでトータルにお客さまのお悩みや課題の解決をサポートします。

相談無料!プロが中立的にアドバイスいたします

クラウド・AWS・Azureでお困りの方はお気軽にご相談ください。

ページ上部へ戻る