AWS Direct Connectを無料で検証できる「AWS 専用線アクセス体験ラボ」でNTT東日本の閉域接続を体感しませんか?

比べて納得!クラウドへの接続方法 e-Bookをダウンロードして理解を深めましょう!

そもそも、AWS Direct Connectとは?

AWS Direct Connectとは、クラウド以外の拠点と「アマゾン ウェブ サービス(以下AWS)」の間を「閉域網」で接続するためのAWSのサービスです。
お客さまのオフィスやデータセンターとクラウドをインターネットを経由せずに接続することで、セキュリティを高め、比較的安定した通信が期待できます。
また、利用方法によっては既存のネットワークコストの削減につながるケースもあります。

「AWSと閉域網で接続する」と書きましたが、AWSのサービスに含まれるのはクラウド~閉域網との接続ポイントまでです。
相互接続データセンター内に、閉域網回線ケーブルの挿し口が用意されています。

つまり、接続ポイントまでの閉域網の契約や回線終端装置の置き場所(データセンターのラック等)は別途ユーザーにて用意する必要があります。
ユーザーが個別でAWS Direct Connectと接続しようとすると、回線を引き込むためのデータセンター契約、閉域網のプラン選定、事業者比較、回線契約、工事手続き、事業者毎の支払い手続き…と、検討事項が目白押しです。
検討負担が大きいと、なかなか踏み出しづらいですね。

そこで、さまざまなネットワーク事業者、ベンダーがAWSのパートナー(APNパートナー)となりAWS Direct Connect接続サービスを提供しています。

AWS Direct Connect接続サービスを利用すると事業者が接続ポイント~お客さま拠点を接続するのに必要なリソースがセットで提供されており契約の手間が省ける、回線や機器の保守を提供事業者に一任できる、すべてを自前で用意するより短期間で閉域接続環境が構築しやすいといったメリットがあります。

NTT東日本のAWS Direct Connect接続サービス

NTT東日本では、現在2種類のサービスを提供しています。

クラウドゲートウェイ クロスコネクト

フレッツ・VPNサービスからパブリッククラウドおよびNTT東日本のデータセンターへ、閉域接続を可能にする定額制のネットワークサービスです。
最低利用期間はなく、既存の拠点間通信環境を活かしてクラウドに接続できるのが特徴です。月額利用料は定額制です。

詳しくは以下のコラムでご紹介しています。
リンク:クラウドゲートウェイ クロスコネクトを使ってAWSに閉域接続してみた

クラウドゲートウェイ アプリパッケージ

フレッツ光回線があればすぐに使える(最短3営業日)AWS Direct Connect接続サービスです。
従量課金でリーズナブルにAWSに接続できます。

詳しくは以下のコラムでご紹介しています。
リンク:クラウドゲートウェイ アプリパッケージを使ってAWSに閉域接続してみた

比べて納得!クラウドへの接続方法 e-Bookをダウンロードして理解を深めましょう!

無料検証環境「AWS 専用線アクセス体験ラボ」のご紹介

AWSとNTT東日本ではAWS Direct Connectを無料でお試しいただける環境をご用意しています。
セキュリティの観点からクラウドの導入を躊躇されているお客さまや、既存オンプレシステムを閉域接続でのクラウド運用に切り替えていきたいとお考えのお客さまにおすすめです。ネットワークからクラウドまで、すべて無料でお試しいただけます。

AWS Direct Connectを利用するためにはネットワーク事業者との回線契約やデータセンターの用意が必要なので初期費用や最低利用期間を考慮すると、検証環境のご用意が難しいのではないでしょうか。

お客さまの課題を解決するために、ぜひ「AWS 専用線アクセス体験ラボ」をご活用ください。

場所

アマゾン新目黒オフィス(目黒セントラルスクエア)17F
〒141-0021 東京都品川区上大崎 3-1-1
JR 山手線、東京メトロ南北線、都営三田線、東急目黒線「目黒駅」より徒歩 1 分

検証可能時間

平日(月〜金) 10:00 〜 18:00
  ※夜間や数日に跨った検証についてはご相談ください。

お申込み方法

以下のフォームより必要事項をご記入の上、お申し込みください。
なお、「ご相談内容」の欄に、ご利用希望日時、検証環境のご利用目的をご記入ください。

※ご留意いただきたい点:

  • ご利用希望日時は2週間以上後の日付をご連絡ください。
  • 検証にはNTT東日本の担当者、AWSの担当者が立ち会います。
  • 機器のお持ち込み等、その他ご要望がありましたら、ご記入ください。

まとめ

今回はAWS Direct Connect接続とNTT東日本の閉域接続を無料で検証できる「AWS 専用線アクセス体験ラボ」についてご紹介しました。
「クラウドの閉域接続は低レイテンシーと聞くけれど、実測はどのくらい?」
「自社のアプリケーションと閉域接続の親和性を確かめたい…」
「接続構成の不安を払拭してから、クラウド移行を進めたい!」
など、ご相談・ご要望をお待ちしています。まずはお気軽にご相談ください。

比べて納得!クラウドへの接続方法 e-Bookをダウンロードして理解を深めましょう!

アマゾン ウェブ サービス、AWS、AWS Direct Connect、Amazon Web Services ロゴは、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureの
導入支援サービスのご相談、お問い合わせをお待ちしております。

ページ上部へ戻る