クラウドゲートウェイ サーバーホスティングの料金シミュレーションのご紹介

クラウドへの移行にあたって、気になるのが料金!当社が提供するクラウドサービスであるクラウドゲートウェイ サーバーホスティング別ウィンドウで開きますの公式ページでは、本サービスの料金表だけでなく、簡単にご利用いただける料金シミュレーションツール別ウィンドウで開きますを提供しています。このツールを利用することで、お考えのシステムの構成に応じた月額料金や工事料金などの概算料金を確認することが出来ます。

当コラムでは、料金シミュレーションツールの利用方法をご紹介します。
クラウド導入をお考えの方はどうぞ一度、コラムをご覧いただき、料金シミュレーションを体験してみてください。

料金シミュレーション

クラウドゲートウェイ サーバーホスティングの公式ページの「利用シーン例・料金別ウィンドウで開きます」に掲載されている「ファイルサーバーのクラウド化」を例にして、料金シミュレーションを行います。

料金シミュレーションは以下のリンク先から利用できます。
リンク:料金シミュレーション別ウィンドウで開きます

※料金シミュレーションの合計金額は、実際の見積額とは異なる場合があります。

利用したいメニューのカテゴリーをクリックすると、一気にジャンプすることができますので、そこからメニューを探します。まずは、「サーバー」カテゴリーをクリックします。

「仮想サーバー」まで移動したら、仮想サーバーのご利用になりたいプランや台数を選択します。今回、利用シーンの例に合わせて各項目を選択します。選択した項目に対応する料金が表示されます。

「追加ボタン」をクリックすれば、異なる条件の仮想サーバーを追加できます。

続いて、「ネットワーク」カテゴリーをクリックして、「閉域ネットワーク接続」の項目を選択します。先ほどの仮想サーバーの料金に閉域ネットワーク接続の料金が加算された料金が表示されました。

ここまででおおよその料金は確認できますが、見積書を作ってみましょう。
「会社名を入力ください」の欄に会社名を入力し、「お見積書を作成する」をクリックします。

空欄の場合でもお見積書は作成可能です。

概算見積書が作成されました。
画面下部にある「PDF出力」をクリックすれば、PDF形式で出力できます。

おわりに

今回はクラウドゲートウェイ サーバーホスティングの料金シミュレーション別ウィンドウで開きますの使用方法をご紹介いたしました。
クラウド導入を検討する上で、料金がどれほどになるのか、知りたい方は料金シミュレーション別ウィンドウで開きますで計算してみてください。
クラウド導入で利用するプランがわからない、プラン選択をしたいが難しく迷っているなどでお困りの方はお気軽にNTT東日本へお問い合わせ別ウィンドウで開きます・ご相談ください。
クラウドのプロフェッショナルがご提案いたします。

Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureの
導入支援サービスのご相談、お問い合わせをお待ちしております。

ページ上部へ戻る