Amazon FSx for Windowsとは何か?

最近は様々なコラボレーションツールを利用できるようになりましたが、ファイルサーバーによるシンプルなファイル共有のしくみもまだまだ多く利用されています。
これまでファイル共有は職場や家庭などオンプレミスのシステムで行うイメージが根強いですが、Amazon Web Services (AWS)のクラウド上でも同様に行うことができます。
この記事では、ファイルサーバーの概要やAWSでファイルサーバーを構築する方法について解説すると共に、AWSのマネージドWindowsファイルシステムサービスであるAmazon FSx for Windowsを利用する手順を紹介します。

ファイルサーバーについて

外付けHDDとの比較

ファイルサーバー(NASを含む)と外付けハードディスクドライブ(HDD)はいずれもストレージであり、データを保存するという役割は共通していますが、次のような違いがあります。
まず、ファイルサーバーはユーザーが使用する端末と同じネットワーク内に設置され、複数のユーザーがネットワーク経由でアクセスすることができます。
一方、外付けHDDはあるユーザーが使用する端末にUSBケーブルなどで直接接続されます。他の端末からその外付けHDDにアクセスする際にHDDが接続されているあるユーザーが使用する端末経由でのアクセスとなるため、接続されている端末の性能低下などの恐れから、一人もしくは一時的な数名程度のユーザー端末間でのファイル共有などで利用されることが一般的です。
この違いはそれぞれのストレージの性質によるものであり、利用シーンによって適性が異なるため、一方のストレージがもう一方のストレージよりも優れているというわけではありません。
ファイルサーバーを使用するか、あるいは外付けHDDを使用するかは用途によりますが、ファイル共有が目的である場合は複数のユーザーがネットワーク経由でアクセス可能なファイルサーバーの方が適しています。
ファイルサーバーは同じネットワーク内に設置しますが、設置場所としてはオンプレミス環境とAWSなどのクラウド環境などがあります。前者についてはNASやサーバーハードウェアの準備と設定が必要で、後者の場合には利用するクラウドサービスを決定し設定を行う必要があります。

AWSでファイルサーバーを構築する3つの方法

AWSでファイルサーバーを構築するには次の3つの方法があります。
まず、第1の方法はAmazon Elastic Compute Cloud (EC2)のLinuxインスタンス(仮想マシン)にSambaサーバーをインストールする方法です。
SambaサーバーとはWindowsネットワーク内でファイルやプリンターなどを共有するために使用されるSMB/CIFSと呼ばれる通信プロトコルを実装したLinux/Unix向けのオープンソースソフトウェアであり、Windowsクライアントに対してファイルサーバー機能を提供することができます。
次に、第2の方法はAmazon EC2のWindows Serverインスタンスを利用する方法です。
Windows Serverはファイル共有機能を標準的に備えているので、追加のソフトウェアをインストールすることなく設定を行うだけでファイルサーバーとして使用することができます。
最後に、第3の方法はAmazon FSx for Windowsを利用する方法です。
Amazon FSx for WindowsはマネージドWindowsファイルシステムサービスを提供するAWSのサービスであり、AWSにファイルシステム自体の管理を任せることができます。
どの方法を選択するかは要件次第ですが、マネージドサービスであるAmazon FSx for Windowsを利用することでファイルサーバーの構築や運用に要する負荷を軽減することができます。

Amazon FSx for Windowsによるファイルサーバーの構築

前段までではファイルサーバーと外付けHDDの違いやAWSでファイルサーバーを構築する方法を解説しました。
先に述べた通り、AWSでファイルサーバーを構築する場合、マネージドサービスであるAmazon FSx for Windowsを利用することが推奨されます。
以下、Amazon FSx for Windowsの基本的な使用方法として、Windowsファイルシステムを構築して2台のAmazon EC2 Windows Serverインスタンスの間でファイルを読み書きする手順を紹介します。

Amazon FSxファイルシステムの作成

まず、Amazon EC2 Windows ServerインスタンスからアクセスするためのAmazon FSxファイルシステムを作成します。

AWSのWebコンソールのAmazon FSxのページへアクセスして「Create file system」ボタンをクリックします。

「Select file system type」ページが表示された後、「Amazon FSx for Windows File Server」を選択してから「Next」ボタンをクリックします。

「Create file system」ページが表示された後、File system nameに適当なファイルシステム名(My File Systemなど)、Storage capacityに「32」、Virtual Private Cloud (VPC)にAmazon EC2 Windows Serverインスタンスを起動するVPC、VPC Security GroupsにTCP/UDP445 + TCP135 + TCP/UDP1024-65535へのインバウンドアクセスを許可するセキュリティグループ、Preferred subnetにAmazon EC2 Windows Serverインスタンスを起動するサブネット、Standby subnetに適当なサブネット、AWS Managed Microsoft AD directoryにお使いのディレクトリをそれぞれ入力/選択してから「Next」ボタンをクリックします。

Summaryページが表示された後、「Create file system」ボタンをクリックします。

Amazon FSxファイルシステムが作成された後、ファイルシステムを選択してから「Attach」ボタンをクリックすると、ファイルシステムのアドレスが表示されます。 このホスト名は後の手順で使用するので控えておきます。

ファイルの書き込み

次に、1台目のAmazon EC2 Windows Serverインスタンスを起動し、Amazon FSxファイルシステムへファイルを書き込みます。
なお、Amazon Machine Image (AMI)はWindows Serverであれば基本的にどれでも良いですが、今回は「Windows Server 2016 Base AMI」を使用します。

1台目のAmazon EC2 Windows Serverインスタンスを起動しファイルの書き込む

インスタンスが起動した後、リモートデスクトップ接続でアクセスしてからエクスプローラーを起動します。
エクスプローラーのナビゲーション領域に含まれる「Network」にカーソルを合わせてから右クリックをしてコンテキストメニューを表示し、「Network」-「Map Network Drive」をクリックします。

Map Network Driveダイアログが表示された後、Driveに適当なドライブ名(Z:など)、Folderに控えたファイルシステムのアドレスをそれぞれ入力/選択してから「Finish」ボタンをクリックします。

エクスプローラーのナビゲーション領域に追加したドライブが表示された後、Notepadなどを使ってドライブへファイルを書き込みます。

ファイルの読み込み

最後に、2台目のAmazon EC2 Windows Serverインスタンスを起動し、Amazon FSxファイルシステムからファイルを書き込みます。

2台目のAmazon EC2 Windows Serverインスタンスを起動しファイルの書き込む

インスタンスが起動した後、リモートデスクトップ接続でアクセスしてからエクスプローラーを起動します。
エクスプローラーのナビゲーション領域に含まれる「Network」にカーソルを合わせてから右クリックをしてコンテキストメニューを表示し、「Network」-「Map Network Drive」をクリックします。

Map Network Driveダイアログが表示された後、Driveに適当なドライブ名(Z:など)、Folderに控えたファイルシステムのアドレスをそれぞれ入力/選択してから「Finish」ボタンをクリックします。

エクスプローラーのナビゲーション領域に追加したドライブが表示された後、ドライブをクリックしてファイルを表示し、1台目のインスタンスから書き込んだファイルを開いて内容を確認します。

クリーンアップ

起動した2台のAmazon EC2 Windows ServerインスタンスとアタッチしたAmazon EBSボリュームを削除します。
また、Amazon FSxファイルシステムを削除します。

おわりに

オンプレミスからAWSへ移行する場合など、クラウド上でファイル共有ができると便利なケースは少なくありません。
Amazon FSx for Windowsをはじめとして、この記事で紹介した方法を用いることによってクラウド上にファイルサーバーを構築することができます。

ネットワークからクラウドまでトータルサポート!!
NTT東日本のクラウド導入・運用サービスを確認してください!!

Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureの
導入支援サービスのご相談、お問い合わせをお待ちしております。

ページ上部へ戻る