情報システム専任担当者無しで、ファイルサーバーをクラウド化!

代表取締役会長CEO 森田 健一さま、代表取締役社長COO 佐藤 典哉さま
株式会社 医歯薬ネット
業種 コンサルティング
従業員数 40名
本社所在地 東京都品川区
主な事業内容 医院・病院・薬局開業支援
医療機器販売
会計・税務・人事労務業務
不動産・建築業(宅建免許番号:東京(2)第91278号、
建設業許可番号:東京都知事(特-30)第148962号)
医療系人材紹介業(厚生労働大臣許可番号:13-ユ-305081)
ホームページ https://www.ishiyaku-net.jp別ウィンドウで開きます
導入サービス Amazon Web Services(AWS)リセール別ウィンドウで開きます
クラウド導入・運用サービス別ウィンドウで開きます
クラウドゲートウェイ クロスコネクト別ウィンドウで開きます
クラウド利用サービス Amazon EC2
Amazon S3
サービス導入時期 2020年5月
ご担当者さま 総合企画部
小川 拓也 さま
クラウドの選定理由
  • サーバーなどのハードウェアの管理稼働が低減可能
  • AWSが持つ汎用性・拡張性に魅力を感じ採用を決定
NTT東日本の選定理由
  • 端末・ネットワーク・クラウドのすべての領域において、構築のみならず長期間に渡る運用フェーズにおいても必要としているスキルと支援体制を有していること
  • 運用・保守の料金においても安価であったこと

企業規模を問わず、企業システムでのクラウド活用が広まってきています。

情報システム専任担当者無しで、ファイルサーバーのクラウド化を実現された、株式会社医歯薬ネットさま(以下、「医歯薬ネットさま」といいます。)の事例をご紹介いたします。

今回は、総合企画部 小川 拓也さまにお話をお伺いしました。

ご相談前の課題

NTT東日本にご相談いただく前の課題についてお教えください。

小川 拓也さま

弊社の医院・病院・薬局開業コンサルティングと関連業務推進事業において、最近は、集合セミナーからオンラインセミナーに移行してきています。また、開業されようとしているお客さまとの密なコミュニケーションは大変重要です。
多くのお客さまにより良い貢献を行うために、例えば、外出先において必要な情報をその場で素早くご提示できることや、従業員間(社内)の密な情報連携が現場で求められています。

弊社は全国に4つの支社と2つの営業所を設けており、事業の全国展開に向けた更なる営業所の増設も視野に入れています。そのような背景があり、業務を支える情報システム基盤の安定化とROIの最大化が事業上の課題でした。

これまでは、オンプレミスサーバーをメインとして、Microsoft Azure上のサーバーをバックアップとして利用してきたのですが、システムの故障発生から復旧までに時間がかかり、業務に支障が出ることがありました。

また、営業担当者の現場では、外出先からオンプレミスファイルサーバーへのアクセスできなかったため、お客さまとの会話の流れで提示したい資料があっても、対応ができないといった営業活動の効率化における課題がありました。

システム運用の現場では、弊社は専任の情報システム担当者を配置していないこともあり、いかに稼働をかけずにシステムを運用するかといった課題もありました。(小川さま)

NTT東日本への相談のきっかけ

NTT東日本に相談いただいたきっかけを教えてください。

たまたま別件でNTT東日本と打合せを行っていた際に、システムの構築・運用保守の話題になり、弊社の課題を聞いていただきました。

その際に、NTT東日本のクラウド関連のソリューションが役立ちそうだと感じました。

また、先にお伝えした課題の他に、オンプレミスのバックアップとして利用していたMicrosoft Azureの利用料金(従量課金部分)が徐々に高くなっていることも気になっていました。そのため、NTT東日本へは、既存で利用していた「Microsoft Azureを拡張する案」と「AWSに変更する案」の2つの提案をお願いしました。(小川さま)

クラウド・AWS選択の理由

なぜクラウド・AWSを選択されたのでしょうか?。

現在の業務においてデジタルデータの活用や、情報を共有しながら業務を行うことは重要だと考えています。また、情報システムの故障復旧時間をできるだけ短くしたい、という思いもあります。クラウドを利用することにより、少なくともサーバーなどのハードウェアの管理稼働が低減できますので、クラウドを選択しました。

また、いただいた提案をベースに、我々にとって最適な選択肢は何か、複数回のディスカッションを通して、AWSが持つ汎用性・拡張性に魅力を感じ採用を決定しました。

その後、SEさんを含めて詳細に仕様を固めていく中で、弊社のビジネス課題と現場課題はAWSで解決できそうだという確信を得ました。(小川さま)

パートナーとしてのNTT東日本の選定理由

今回のご検討の中で、パートナーとしてNTT東日本を選定いただいた理由について教えてください。

これまでも多くのベンダーとお付き合してきましたが、支援をお願いしていても、弊社の稼働が減らない、ということがよくありました。弊社は、専任の情報システム担当者を配置していないため、担当者の構築稼働や運用稼働をできるだけ減らしたいと考えています。

また、システムを見直すタイミングで稼働面のみならず、コストも抑制したいという思いもありました。

NTT東日本さまを選定した主な理由は次のとおりです。

  • 端末・ネットワーク・クラウドのすべての領域において、構築のみならず長期間に渡る運用フェーズにおいても弊社が必要としているスキルを有していること
  • 充分な支援体制を持っていること
  • 運用・保守の料金において安価であったこと

なお、今回ご提案いただいた内容は、理解しやすく、的確であったことに感心しました。また、初回のご提案後も営業担当者を中心として、弊社の立場に立って課題を深堀りしていただき、弊社からの質問や要望に対しても素早い対応を行っていただきました。(小川さま)

【構成図】

導入時の感想

導入時の感想をお聞かせください。

今回、NTT東日本には以下の対応を行っていただきました。

  • AWS上にファイルサーバーとADサーバーを構築
  • 既存システム(Azure)からAWSへのデータ移行
  • テレワーク環境はAWS上のサーバーに外部からアクセスできるように構築
  • ネットワーク全体の見直し・見える化
  • セキュリティレベルの向上

構築に入ってからは、関連会社との調整で手間取るシーンもありましたが、構築をご担当いただいた方が弊社の要望に沿って、最善と思われる形で調整を行っていただいたため、とても安心して任せられました。

さらに、工事完了後の問合せ対応においても、適切にご対応いただき、とても助かりました。(小川さま)

導入後の効果

あらためて、システム導入後の効果をお聞かせください。

まず、全体を通して、情報システム担当者の稼働を抑制し、かつ、安価に構築できたことには満足しております。
また、今回のシステム更改にあわせてネットワークも見直しし、拠点間接続が見える化されたため、トラブル発生時も、まずは全体を把握することができ、対策がしやすくなったという印象です。(小川さま)

今後のお客さまの展望とNTT東日本への期待

医歯薬ネットさまの今後の展望とNTT東日本への期待を教えてください。

今回のシステム導入を通じて、技術面やコスト面だけでなく、提案力などの多くのことを学ばせていただきました。今後も何か共同する形で新しい仕組みづくりを相談させていただければと考えております。

また、今回構築した新しいシステムは運用が始まったばかりですが、新しい技術を用いたさらなるコスト削減や稼働効率化に資するご提案など、弊社情報システムのクラウドパートナーとして長いお付き合いをしていただければと思います。

なお、NTT東日本は、会社が東西に分かれている関係上、西日本エリアの対応で、不便となることがあるため今後、ご改善いただけると助かります。(小川さま)

NTT東日本は、普及するクラウド活用のご支援を通じて、情報システム部門の業務推進や企業さまのビジネス拡大をこれからも支援していきます。

  • 文中記載の組織名・所属・肩書き・取材内容などは、すべて2021年2月時点(インタビュー時点)のものです。
  • 事例はあくまでも一例であり、すべてのお客さまについて同様の効果があることを保証するものではありません。
  • Amazon Web Services(AWS)、Amazon Direct Connect、Amazon EC2、Amazon S3は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
  • Microsoft Azure、Microsoft Active Directoryは、Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。

肥大するファイルサーバー。
クラウド活用した現代のファイルサーバー4つの構成で検討する!

クラウドの導入・運用に関する
ご相談、お問い合わせをお待ちしております。

ページ上部へ戻る