クラウドサーバー/VPS/レンタルサーバーの違い

クラウドサーバーが登場する前は、Webサイトやシステムなどを構築・運用するためにインターネット経由ですぐにアクセスできるサーバーを手に入れたい場合には、仮想専用サーバー(virtual private server: VPS)が多く利用されていました。
また、ソフトウェアパッケージをインストールするなどの特別な設定の必要がない場合、VPSの代わりにレンタルサーバーを利用することもありました。
VPSやレンタルサーバーは現在も利用され続けており、クラウドサーバー/VPS/レンタルサーバーのそれぞれの違いを理解することで、ユースケースに応じた適切な使い分けができます。
このコラムでは、クラウドサーバーの概要をVPSやレンタルサーバーとの違いを踏まえて解説するとともに、主要なクラウド事業者によって提供されるクラウドサーバーを紹介します。

クラウドサーバーについて

クラウドサーバーとは何か

クラウドサーバーは、クラウド事業者が保有するサーバーの利用権限を利用者に与えるサービスを意味する言葉として用いられます。
クラウドサーバーを利用することにより、利用者はネットワーク経由で利用権限を与えられたサーバーへアクセスし、Webサイトやシステムなどを構築・運用することができます。
なお、クラウドサーバーは「仮想マシンサービス」や「サービスとしてのインフラストラクチャ」(infrastructure as a service: IaaS)など別の名前で呼ばれる場合もあります。
利用権限の対象となるサーバーには物理的なサーバーマシンが用いられることもありますが、必要とするサーバーのCPUコア数やメモリ容量が小さい場合は「仮想マシン」と呼ばれる仮想的なサーバーマシンが用いられます。
仮想マシンは物理的なサーバーマシンにインストールされたOS上で動作するサーバーマシンのエミュレーターであり、1台の物理的なサーバーマシンでは複数の仮想マシンを動作させることができます。

VPSとの違い

VPSはクラウドサーバーと同様のサービスですが、両者の間では料金体系が大きく異なっています。 まず、VPSは通常1ヵ月を単位期間とした固定料金であり、サーバーが起動しているか停止しているかに関わらず、利用料金が発生します。 一方、クラウドサーバーは1時間/1分/1秒を単位時間とした変動料金であり、サーバーが起動している時間のみ利用料金が発生します。 また、VPSではサーバーの利用料金にストレージやネットワークの利用料金が含まれているのに対し、クラウドサーバーではストレージやネットワークの利用料金がそれぞれストレージ容量やデータ転送量に応じて追加で発生するなど、使い方によって利用料金が変動します。 クラウドサーバーは従量課金の料金体系であるため、VPSに比べて柔軟に変更できる点で多く、また、課金の対象となる単位時間が短いため、たとえば需要に応じた稼働サーバー台数を調整するために、起動と停止を繰り返すようなユースケースに向いてます。

レンタルサーバーとの違い

クラウドサーバーやVPSとは異なり、レンタルサーバーではソフトウェアパッケージをインストールすることなどが制限されますが、FTPなどでファイルをアップロードするだけでWebサイトやシステムを構築・運用することができます。
レンタルサーバーの管理・保守はレンタルサーバー事業者の責任において行われるため、クラウドサーバーやVPSを利用する場合と比べてソフトウェアの更新やセキュリティパッチの適用などの負荷を軽減できる場合があります。
また、レンタルサーバー事業者は多くのユースケースで必要とされるソフトウェアパッケージをあらかじめレンタルサーバーにインストールしているため、WordPress構築などの一般的なユースケースではレンタルサーバーを利用しても特に不都合を感じることはありません。
料金に関しては、多くのレンタルサーバーではVPSと同様に月額固定料金の料金体系であることに加え、クラウドサーバーやVPSと比べて低価格で利用することができます。

主要なクラウドサーバー

前段では、クラウドサーバーの概要をVPSやレンタルサーバーとの違いを踏まえて解説しました。
多くのクラウド事業者はクラウドサーバーを提供しており、細部に違いはあるものの基本的な機能は共通しています。
以下、主要なクラウド事業者であるAmazon Web Services(以下「AWS」と呼びます)、Microsoft Azure (以下「Azure」と呼びます)、Google Cloud Platform(以下「GCP」と呼びます)の3社を対象として、各社が提供するクラウドサーバーについて紹介します。

Amazon EC2

Amazon Elastic Compute Cloud (EC2)はAWSによって提供されるクラウドサーバーであり、AWSにおける最も基本的なサービスの一つとして重要な役割を担っています。
Amazon EC2は単体でも十分に利用することができますが、ロードバランサーの「Elastic Load Balancing」や自動スケーリングの「AWS Auto Scaling」と連携させることにより、さらに機能を強化することができます。
AWSはこれらの3社の中で最も早い時期からクラウドサーバーを提供しており、全体的にWebページや書籍などの情報量が充実しています。
なお、Amazon EC2に限った話ではありませんが、AWSが提供するサービスの名前がクラウドサービスの代名詞として使われる場合もあり、例えば、後述するAzure Virtual Machinesは「AzureのAmazon EC2のようなサービス」、Google Compute Engineは「GCPのAmazon EC2のようなサービス」というように使われます。

Azure Virtual Machines

Azure Virtual MachinesはAzureによって提供されるクラウドサーバーであり、AWSにおけるAmazon EC2と同じサービスに位置付けられます。
AzureはMicrosoftによって提供されていることから、同じくMicrosoftによって提供されるWindows製品との親和性が高い点を特徴としています。
Windows Serverをメインに利用するのであれば、Azure Virtual Machinesは有力な候補となります。
なお、AzureではクラウドサーバーのOSとしてWindowsだけではなくLinuxも利用することができます。

Google Compute Engine

Google Compute Engine (GCE)はGCPによって提供されるクラウドサーバーであり、Azure Virtual Machinesと同様、AWSにおけるAmazon EC2と同じサービスに位置付けられます。
GCPではアプリケーション実行環境サービスの「Google App Engine」(GAE)やコンテナー実行環境サービスの「Google Kubernetes Engine」(GKE)が提供されているなどPaaSに強いイメージがありますが、クラウドサーバーであるGCEも他社と比べて決して劣る訳ではなく、例えばライブマイグレーションなどの機能では他社よりも優れています。
クラウドサーバーはその特性上、もともとクラウド事業者の間で違いが少ないサービスであることに加え、サービスのアップデートによって差異がさらに少なくなっているため、クラウドサーバーを選定するにあたっては性能や機能の優劣だけではなく、サポートやエコシステムなども考慮することが大切となります。

おわりに

近年は企業システムなどにおいてクラウドサービスやクラウドサーバーが活用されるようになってきました。クラウドサーバーは優れたサービスですが、もちろんユースケースによってはVPSやレンタルサーバーを利用した方が適切な場合もあります。
例えば、予算などが決まっている場合は従量課金のクラウドサーバーよりも月額定額課金のVPSやレンタルサーバーの方が、安心して利用することができます。

オンプレミスとクラウドを比較 e-Bookをダウンロードして理解を深めましょう!

Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureの
導入支援サービスのご相談、お問い合わせをお待ちしております。

ページ上部へ戻る