Azure Virtual Machinesとは何か

仮想マシンサービスはクラウドにおける最も基本的なサービスの一つとして重要な役割を担います。
利用者の観点では、仮想マシンサービスは従来から利用されている仮想専用サーバー(virtual private server: VPS)と使用感が似ており、過去にVPSを利用した経験がある場合はその時の知識を活かすことができます。
主要なパブリッククラウド事業者の一つであるMicrosoft Azure(以下「Azure」と呼びます)は、仮想マシンサービスとして「Azure Virtual Machines」を提供しています。
この記事ではAzure Virtual Machinesの概要について解説すると共に、基本的な使い方を紹介します。

Azure Virtual Machinesについて

Azure Virtual Machinesとは何か

Azure Virtual MachinesはAzureの仮想マシンサービスであり、Azure Virtual Machinesを使うことによってリモートデスクトップ接続やSSHでアクセス可能な仮想のサーバーマシンを利用することができます。
仮想マシンの利用者は、提供される仮想マシンにWebサーバーやデータベース管理システムなどインストールすることでシステムを構築します。
Azure Virtual Machinesはサービスの利用形態としてはIaaSに該当し、仮想サーバーにインストールできるソフトウェアやライブラリなどの制約が少ないですが、OSやインストールしたソフトウェアパッケージのアップデートやパッチ適用などのメンテナンス作業を仮想マシンの利用者の責任において行う必要があります。

Azure Virtual Machinesの位置付け

AzureではAzure Virtual Machinesの他にもAzure App ServiceやAzure Functionsなどのソフトウェア実行環境サービスが提供されています。
サービスの利用形態に関して、Azure Virtual MachinesがIaaSに該当するのに対し、Azure App ServiceやAzure FunctionsはPaaSに該当し、IaaSと比べて構築の自由度が低くなる反面、OSやソフトウェアパッケージのメンテナンス作業がAzure側の責任において行われるため、PaaSの方が運用の負荷を軽減することができます。
Azure App Serviceがシステムやサービスの実行環境としての用途に適しているのに対し、Azure Functionsはイベントハンドラーの実行環境としての用途に適しています。
一方、Azure Virtual Machinesは使い方によってはシステム/サービスやイベントハンドラーの両方の実行環境に使用することができるため、一見すると優れているように感じられますが、その分だけ構築や運用の際に利用者がやらなければならないことも多くなります。
なお、近年では、PaaSを利用することで要件を満足できるのであれば、IaaSよりもPaaSを利用することがクラウドにおけるベストプラクティスとして推奨されています。

Azure Virtual Machinesの使い方

前段ではAzure Virtual Machinesの概要について解説しました。
Azureではクラウドサービスを利用するにあたって複数のユーザーインタフェースを提供しており、これらの中でもWebベースのグラフィカルユーザーインタフェースである「Azure Portal」は直感的な操作が可能であるため、はじめての方にとっても利用の敷居が低くなっています。
以下、Azure Portalの基本的な操作の説明を交えながら、Azure Virtual Machinesの基本的な使い方を紹介します。

仮想マシンの作成

Azure Portalを使用するには、Azure Portalへサインインする必要があります。
Azure Portalへサインインするには、下記のURLへアクセスし、Azure Portalのサインインページへ移動します。

https://azure.microsoft.com/auth/signin/別ウィンドウで開きます

サインインページが表示された後、Azureアカウントのメールアドレスを入力してから「次へ」ボタンをクリックします。

パスワードの入力ページが表示された後、Azureアカウントのパスワードを入力してから「サインイン」ボタンをクリックします。

サインインが完了し、トップページが表示された後、ページの右上にある「ポータル」をクリックします。

Azure Portalのホーム画面が表示された後、ページの上側にある検索窓に「Virtual Machines」と入力してサービスを検索し、表示される候補の中からVirtual Machinesを選んでクリックします。

Virtual Machinesの一覧ページが表示された後、ページの上側にある「追加」ボタンをクリックします。

仮想マシンの作成ページが表示された後、下記の内容を入力してから「確認および作成」ボタンをクリックします。

  • リソースグループ: 新規作成 → my-resource-group-vm
  • 仮想マシン名: my-vm
  • イメージ: Windows Server 2019 Datacenter
  • ユーザー名: my-username
  • パスワード&パスワードの確認: 任意のパスワード

確認および作成画面が表示された後、ページの下側にある「作成」ボタンをクリックし、仮想マシンの作成を開始します。

仮想マシンの作成中は「デプロイが進行中です」とメッセージが表示されます。

仮想マシンの作成が完了すると「デプロイが完了しました」とメッセージが表示されるので、ページの中央付近にある「リソースに移動」ボタンをクリックします。

仮想マシンの詳細ページが表示されます。

仮想マシンへの接続

仮想マシンを作成したら、次は仮想マシンへ接続します。
仮想マシンへ接続するには、仮想マシンの詳細ページの上側にある「接続」ボタンをクリックして表示されるメニューの中から「RDP」を選んでクリックします。

RDPで接続するページが表示された後、ページの中央付近にある「RDPファイルのダウンロード」ボタンをクリックし、RDPファイルのダウンロードを開始します。

RDPファイルのダウンロードが完了した後、ダウンロードされたRDPファイルを開くなどしてリモートデスクトップクライアントを起動します。

ログインダイアログが表示された後、ユーザー名とパスワードを入力してから「Continue」ボタン(リモートデスクトップクライアントによっては「ログイン」ボタンなど)をクリックします。

証明書に関する警告が表示された場合は「Continue」ボタン(リモートデスクトップクライアントによっては「OK」ボタンなど)をクリックします。

ログインが完了すると仮想マシンのデスクトップが表示され、ソフトウェアのインストールや設定の変更などの操作を行うことができます。

仮想マシンからログアウトするにはWindowsのスタートメニューから「Disconnect」を選んでクリックします。

仮想マシンの削除

仮想マシンへの接続を確認したら、最後に仮想マシンを削除します。

仮想マシンを削除するには、ページの上側にある検索窓に「リソース グループ」と入力してサービスを検索し、表示される候補の中からリソースグループを選んでクリックします。

リソースグループの一覧ページが表示された後、リストの中から「my-resource-group-vm」をクリックします。

リソースグループの詳細ページが表示された後、ページの上側にある「Delete resource group」をクリックします。

リソースグループの削除フォームが表示されるので、リソースグループ名を入力してから「削除」ボタンをクリックし、リソースグループの削除を開始します。

リソースグループの削除中はページの上側にある通知アイコンをクリックすると進捗を確認することができます。

リソースグループの削除が完了すると「リソース グループ my-resource-group-vm を削除しました」と表示されます。

おわりに

Azure Virtual Machinesに限らず、AzureはMicrosoftによって提供されているため、Windows関連製品のラインナップが充実しています。
クラウド事業者の特徴をつかみ、構築や運用の要件から最適なクラウド事業者を選択しましょう。

移行準備段階で知っておくべきMicrosoft Azureの
サービスを学び、具体的にクラウド検討を考える!

ネットワークからクラウドまでトータルサポート!!
NTT東日本のクラウド導入・運用サービスを確認してください!!

Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureの
導入支援サービスのご相談、お問い合わせをお待ちしております。

ページ上部へ戻る