Azure Storageとは何か

一口にストレージと言っても、クラウドではオブジェクトストレージやファイルストレージなどの複数の種類のストレージが提供されており、用途や使用方法はストレージの種類によって異なります。
クラウドプラットフォームによってはこれらのストレージは別々のサービスとして提供されており、サービスの名称や操作方法もストレージの種類ごとに違いがあったりします。しかしながら、Microsoft Azure(以下「Azure」と呼びます)ではストレージサービスとして「Azure Storage」として提供されており、Azure Storageサービスでは様々な種類のストレージを扱うことができます。
このコラムではAzure Storageの概要を解説するとともに、Azure Storageの基本的な使い方を紹介します。

Azure Storageについて

Azure Storageとは何か

Azure StorageはAzureのストレージサービスであり、Azure Storageを使うことによってクラウドにデータを保管することができます。
一般的にストレージはデータベースやメッセージブローカーなどと並んで重要な構成物の一つであり、高い可用性や耐久性が求められます。
Azure Storageはクラウドサービスの利用形態としてはPaaSに該当し、Azure Storageによって提供されるストレージのインフラストラクチャはAzureの責任において管理・保守が行われるため、利用者は運用の負荷を軽減することができます。

4種類のデータサービス

Azure Storageには「Azure BLOB」「Azure Files」「Azure Queue storage」「Azure Table storage」の4つのストレージサービスが含まれています。
Azure BLOBはオブジェクトストレージであり、データは「オブジェクト」と呼ばれる単位で保管され、HTTP/HTTPS経由でアクセスすることができます。
Azure Filesはファイルストレージであり、SMBプロトコルに対応しているのでファイルシステムとしてマウントすることができます。
Azure Queue storageはメッセージストレージであり、システムを疎結合にするためのメッセージ指向ミドルウェアとして利用することができます。
Azure Table storageはNoSQLデータベースであり、事前にデータ構造を定義することなくデータを読み書きすることができます。
それぞれのストレージサービスは異なる目的のために提供されており、用途に応じて使い分ける必要があります。

Azure Storageの使い方

前段ではAzure Storageの概要について解説しました。
Azure Storageには複数の種類のストレージが含まれており、用途に応じて使い分けることができます。
以下、Azure Storageのファイル共有のためのストレージである「Azure Files」を対象とし、基本的な使い方を紹介します。

ストレージアカウントの作成

Azure Storageではストレージを作成する前に「ストレージアカウント」と呼ばれるリソースを作成する必要があります。
ストレージアカウントを作成するには、Azure Portalへアクセスしてから「ストレージアカウント」のページへ移動します。

ストレージアカウントのページが表示された後、ページ左上の「追加」ボタンをクリックして「ストレージアカウントの作成」のページへ移動します。

ストレージアカウントの作成のページが表示された後、下記の内容を入力してから「確認および作成」ボタンをクリックして「確認および作成」画面を表示します。

  • リソースグループ: 新規作成 → my-resource-group
  • ストレージアカウント名: mystorageaccountntteast

確認および作成画面が表示された後、ページの下側にある「作成」ボタンをクリックしてストレージアカウント作成を開始します。

ストレージアカウントの作成中は「デプロイが進行中です」と表示されます。

ストレージアカウントの作成が完了すると「デプロイが完了しました」と表示されます。

Azureファイル共有の作成

ストレージアカウントの作成が完了したら、次はAzureファイル共有を作成します。
Azureファイル共有を作成するには、ページ中央にある「リソースに移動」ボタンをクリックしてリソースページへ移動します。

リソースページが表示された後、4つのストレージの種類の中から「ファイル共有」を選んでクリックし、ファイル共有ページへ移動します。

ファイル共有ページが表示された後、ページの上側にある「ファイル共有」ボタンをクリックするとファイル共有フォームが表示されます。

ファイル共有フォームに下記の内容を入力してからフォームの下側にある「作成」ボタンをクリックし、Azureファイル共有の作成を開始します。

  • 名前: my-file-share
  • クォータ: 1[GiB]

Azureファイル共有の作成が完了すると、作成されたAzureファイル共有が一覧に表示されます。

作成されたAzureファイル共有の名前をクリックし、Azureファイル共有の詳細ページへ移動します。

ファイルのアップロード

Azureファイル共有の作成が完了したら、ファイルをアップロードすることができます。
ファイルをアップロードする前に、「test.txt」などの名称でアップロード確認用のファイルを作成し、デスクトップなどに保存します。

ファイルを作成した後、Azureファイル共有の詳細ページの上側にある「アップロード」ボタンをクリックし、ファイルのアップロードフォームを表示させます。

ファイルのアップロードフォームが表示された後、アップロード確認用のファイルを選択してから「アップロード」ボタンをクリックし、ファイルのアップロードを開始します。

ファイルのアップロードが完了すると、アップロードされたファイルが一覧に表示されます。

アップロードされたファイルの名前をクリックすると、ファイルのプロパティを確認することができます。

ファイルのプロパティの上側にある「ダウンロード」ボタンをクリックすると、ファイルをダウンロードすることができます。
ダウンロードされたファイルを開き、ダウンロードされたファイルの内容が、アップロードされたファイルの内容と同じであることを確認します。

クリーンアップ

Azureファイル共有の詳細ページへ移動し、ページの上側にある「共有の削除」ボタンをクリックし、Azureファイル共有を削除します。

また、ストレージアカウントのページへ移動し、ページの上側にある「削除」ボタンをクリックし、ストレージアカウントを削除します。

おわりに

ストレージサービスは仮想マシンやデータベースなどと並び、よく利用されるサービスの一つです。
Azure Storageの概要や基本的な使い方を理解することは、Azureの他のサービスを利用する時にも役立ちます。

移行準備段階で知っておくべきMicrosoft Azureの
サービスを学び、具体的にクラウド検討を考える!

ネットワークからクラウドまでトータルサポート!!
NTT東日本のクラウド導入・運用サービスを確認してください!!

Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureの
導入支援サービスのご相談、お問い合わせをお待ちしております。

ページ上部へ戻る