自由度重視のクラウド導入ならIaaS!特徴や活用シーンを解説

クラウドの提供形態の一種であるIaaSとは、システムの基盤部分だけを利用できるサービスです。

具体的には、ネットワーク・ストレージ・メモリ・CPUなどは利用料を払うだけで使うことができますが、ソフトウェアなどは自分で準備する必要があります。

IaaSを利用することで、古くなったハードウェアの更新にかかる費用や時間を削減できたり、機器を稼働させる上で必要な電気代やメンテナンス作業が不要になったりといったコスト削減が可能です。

このように、システムのインフラ部分を保有・管理する負担から解放されるIaaSですが、特徴を把握して活用しないと、かえってコストや手間がかかってしまう場合もあります。

だからこそ、IaaSの特徴や活用シーンをしっかり把握して、検討することが大切です。

そこでこの記事では、以下のようなIaaSの導入を検討する上でのポイントを解説します。

  • IaaSはどのようなクラウドサービスなのか
  • IaaSとPaaS・SaaSの違い
  • IaaSのクラウドサービス具体例
  • IaaSのクラウドサービス活用シーン
  • クラウドサービスでIaaSを選択する際の注意点

このようなポイントを押さえることで、現状に最適なクラウドサービスの種類を選ぶことや、IaaSを最大限有効活用することが可能です。

IaaSを使いこなせば、コスト削減・安全性向上など多くのメリットを享受できます。課題やニーズに合わせて、IaaSを効果的に活用できるようになりましょう。

1. IaaSはインフラを利用できるクラウドサービス

冒頭でもお伝えしたとおり、IaaS(Infrastructure as a Service)とは、ITシステムの基盤となる部分(インフラ)を利用できるクラウドサービスです。

クラウドを利用しない場合、システムを構築するには、その土台となるサーバーやメモリなどのハードウェアを購入し自社で設置・管理しなければいけません。しかしIaaSを利用すると、こういった機器類の購入・管理が不要になります。

IaaSのクラウドサービスを利用すると提供されるもの・されないものは、具体的には次のとおりです。

  • 横にスクロールします
IaaSでできること・できないこと
提供される
  • ストレージ、サーバー、CPUなどのハードウェア
  • ネットワーク、ファイアウォールなどの通信回線
  • ハードを設置する安全なデータセンター
自分で準備する
  • OSやソフトウェア
  • ネットワーク以外のセキュリティ対策

このようにシステムの基盤となる機器や通信回線のみの提供を受けられるIaaSは、OSやソフトウェアなどは独自に構築・管理したいけれど、設備投資やハード部分の保守コストは抑えたい場合に最適な選択肢と言えるでしょう。

2. クラウドサービスのIaaSとPaaS・SaaSの違い

クラウドサービスの提供形態に応じた分類としては、IaaSの他にPaaSやSaaSがあります。

3種類の違いとは、サービスで提供される環境の構築状態の差です。

簡単に言うと、IaaSはまっさらな基盤だけ提供を受けるので自由にカスタマイズできる一方、SaaSは基盤にソフトウェアまですべてインストールされた環境を提供されるため、すぐに使えるものの自分でカスタマイズできる範囲はほとんどありません。

SaaS
(Software as a Service)
  • ソフトウェアやアプリケーションを利用できるサービス提供形態
  • メール、オフィスソフト、顧客情報管理ソフトなどさまざま
PaaS
(Platform as a Service)
  • アプリケーションの開発などが可能な環境を利用できるサービス
  • OSやミドルウェアなどが含まれる
IaaS
(Infrastructure as a Service)
  • 基本的なインフラ部分だけを利用できるサービス
  • ストレージやサーバー、ネットワークなどが含まれる

用途に応じて、どの状態まで構築済みの環境が必要か検討し、IaaS・PaaS・SaaSの中で最適なものを選びましょう。

3. IaaSのクラウドサービス具体例

多くのクラウドサービス提供事業者でIaaSのサービスを利用することが可能です。

ここでは具体例として、次の3つのクラウドサービス提供事業者の例を紹介します。

  • 横にスクロールします
IaaSのクラウドサービスを提供する事業者例
AWS
  • 大手通販Amazonが提供するクラウドサービス
  • サービス提供期間が長く実績豊富
Microsoft Azure
  • Windowsでお馴染みのMicrosoftが提供するクラウドサービス
  • Microsoft社製品と親和性が高い
Google Cloud
  • 検索エンジンやYouTubeで有名なGoogle提供のクラウドサービス
  • 豊富なクラウドサービス実績が基盤にあるため信頼性は高い

各社の特徴やサービス例を説明するので、どのようなIaaSのクラウドサービスがあるのか参考にしてください。

3-1. AWS(Amazon Web Services)

引用:AWS (アマゾン ウェブ サービス) とは?【AWS公式】別ウィンドウで開きます

大手通販Amazonが提供するクラウドサービスAWSは、サービス提供期間が長く実績豊富で多彩な機能(サービス)の提供を受けられることが特徴です。

AWSのIaaSには、次のようなサービス例があります。

  • 横にスクロールします
AWSのIaaS一例
Amazon EC2
  • クラウド上に仮想サーバーを構築できる
  • サーバーのスペック(CPU性能・メモリなど)・台数を自由に変えられる
AWS Direct Connect
  • AWSと拠点間を結ぶための専用回線
  • インターネットを経由せず接続でき、セキュリティや速度の安定性が高い
Amazon S3
  • 容量を無制限に拡張できるクラウドストレージ
  • 耐久性が高く、低コスト

Amazonのクラウドサービスは利用者がとても多いため、わからないことや活用方法を調べやすいこともメリットです。

  • Amazon Web Services(AWS)、Amazon EC2、AWS Direct Connect、Amazon S3は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。

3-2. Microsoft Azure

引用:クラウド コンピューティング サービス | Microsoft Azure別ウィンドウで開きます

Windowsでお馴染みのMicrosoftが提供するクラウドサービスMicrosoft Azureは、Microsoft社製品と親和性が高いことが特徴です。OSにWindowsを使う予定の場合などはスムーズに活用できるでしょう。

Microsoft AzureのIaaSのサービス例は、次のとおりです。

  • 横にスクロールします
Microsoft AzureのIaaS一例
Virtual Machines
  • クラウド上に仮想サーバーを構築できる
  • オンプレミスからAzureへ移行する場合に限り適用される割引がある
ExpressRoute
  • オンプレミス環境とクラウドを閉域接続する回線
  • IaaS・PaaS・SaaSいずれとも接続できる
Azure Blob Storage
  • 画像・音楽・動画などの管理・配信ができるクラウドストレージ
  • HTTPやHTTPSでアクセスできる

IaaS・PaaSの取扱いが多いMicrosoft Azureはオラクルにも対応するなど、IaaS導入を検討するなら選択肢に入れておきたいクラウドサービスです。

  • Microsoft Azure、Virtual Machines、ExpressRoute、Azure Blob Storageは、Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標です。

3-3. Google Cloud

引用:クラウド コンピューティング サービス  |  Google Cloud別ウィンドウで開きます

検索エンジンやYouTubeで有名なGoogleが提供するGoogle Cloudは、豊富なクラウドサービス実績が基盤にあるため、信頼性の高いクラウドサービスです。

Google Cloudには次のようなIaaSのサービスがあります。

  • 横にスクロールします
Google CloudのIaaS一例
Compute Engine
  • クラウド上に仮想サーバーを構築できる
  • Linux・Windows ベースに対応
Google Cloud Interconnect
  • VPNや閉域網など4種類の接続方法から選べる回線
  • オンプレミスとクラウドを安全に接続できる
Cloud Storage
  • 容量無制限のクラウドストレージ
  • アクセス制御を細かく設定できる

ビッグデータの分析に強い印象のGoogleですが、種類は抑えめながらGoogleの各種サービス実績に基づく豊富なノウハウを活かしたIaaSのサービスも展開しています。

  • Google Cloud、Compute Engine、Google Cloud Interconnect、Cloud Storageは、Google LLCの登録商標または商標です。

4. IaaSのクラウドサービスの活用シーン

IaaSのクラウドサービスを活用するシーンとして、どのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、IaaS導入が向いている代表的な例を紹介します。

IaaS導入が向いている代表例
1. キャンペーンサイト
2. ゲーム・アプリ運営
3. ECサイト

IaaSを導入することでどのような利点があるのか、具体的に見てみましょう。

4-1. キャンペーンサイト

新しい商品やサービスをアピールするために期間限定で作る専用サイトであるキャンペーンサイトの構築に、IaaSは向いています。

IaaSは、

  • 申し込みをすれば、すぐに利用を始められる
  • 不要になったらいつでも利用を終了することが可能
  • スペックなどを自由に変更可能

などの特徴があるため、期間限定で速やかに立ち上げたいキャンペーンサイトに最適だからです。

他のプロモーションとの兼ね合いでアクセス数が急に増えそうな場合も、柔軟に対応できるでしょう。

4-2. ゲーム・アプリ運営

ゲーム・アプリの運営にもIaaSは最適です。IaaSを活用することで、次のような課題の解決ができます。

  • 横にスクロールします
課題 IaaSを使えば
運営準備に時間がかかる 申し込みをすればすぐに利用を始められるため、運営開始までの時間を短縮可能
時間帯によりアクセス数に大きく差が出る 従量課金制なので、アクセスにバラつきがあっても利用した分だけの料金を払えばよく、コスト削減できる
試験的に運営してみたい 不要になったらいつでも解約できるため、一時的な運営もコストを抑えて簡単にできる

4-3. ECサイト

ECサイトを安定して運営したい場合にも、IaaSがおすすめです。ECサイト運営をする際に生じることの多いセキュリティやコストなどに関する課題をIaaSなら解決できます。

  • 横にスクロールします
課題 IaaSを使えば
顧客の個人情報の安全性が心配 堅牢なデータセンターに設置されていることに加え、IaaSで提供する範囲のセキュリティ対策は常に最新のものを適用しており安心
時間帯・時期によってアクセス数にバラつきがある 従量課金制なので、アクセスに増減があっても利用した分だけの料金を払えばよく、コスト削減できる
他の複数のシステムとの連携が必要 種類にもよるが、オンプレミスや他のクラウドとも連携可能

5. クラウドサービスでIaaSを選択する際の注意点

システムのインフラ部分を保有・管理する負担やコストを削減できるIaaSですが、有効活用するためには注意すべき点があります。

クラウドサービスでIaaSを選択する際に注意すべきこと

1. 導入目的を明確にする

2. PaaSと慎重に比較する

3. セキュリティ対策をする

なぜ上記に注意することが必要なのか、確認しておきましょう。

5-1. 導入目的を明確にする

何のためにIaaSを導入し、どのように活用したいのか、導入目的を明確にしておきましょう。基盤のみの提供を受け、導入後の構築の自由度が高いIaaSは、特に導入の目的をはっきりさせておかないと、導入後の活用がうまくいかなくなってしまうからです。

クラウド全般に言えることですが、新しいサービスを導入する以上、システムの再構築・データの移行などいくつもの作業が発生します。IaaSを使いこなして労力をかけた分のメリットが十分得られるよう、導入前に目的を明確にし、社内で共有しておきましょう。

5-2. PaaSと慎重に比較する

自由度の高さにこだわりが強くない場合、ミドルウェアなどの提供が受けられるPaaSの方が運用のコストや労力を抑えられる場合もある、という点を念頭に検討するようにしましょう。

導入後の構築の自由度が高いということは、導入後に自社で購入・作業をする部分が多いということです。運用も、自社で構築した部分については、自分たちの負担ですることになります。

環境構築にかかる費用に加え、運用にかかる労力やコストも踏まえて、費用対効果を確認しましょう。

5-3. セキュリティ対策をする

IaaSを導入する場合、セキュリティ対策もきちんと考えておく必要があります。クラウドサービス提供事業者からインフラ部分のみ提供を受けるIaaSでは、ミドルウェア・ソフトウェアなど自分で準備した範囲のセキュリティ対策や更新作業は自分たちで行わなければなりません

なお、業者によっては、オプションでセキュリティ対策やシステム監視などのサポートを受けられます。導入後のセキュリティ対策をどうするか考えておくことと、信頼のおけるサポート体制の整った業者を選ぶことで、安定した運用が可能になるでしょう。

6. IaaSの導入検討ならクラウドのプロ多数在籍のNTT東日本で

自由度が高い分、利用者側の責任や専門知識が求められるIaaSは、選ぶ際には慎重な検討が必要になります。だからこそ、クラウドのプロの手を借りて導入検討をするのが安心で確実です。

NTT東日本には、クラウドのプロであるAWS認定有資格者が多数在籍し、中立的立場からお客さまのクラウド導入検討をお手伝いしています。クラウド導入に向けた検討初期段階における不安なことでも、どのようなことでもご相談ください。最適な解決策をご提案いたします。

なぜ、NTT東日本では解決策が見つかるのか。ここでは、NTT東日本のクラウド導入・運用for AWS/Microsoft Azureの3つのメリットをご紹介します。

NTT東日本のクラウド導入・運用for AWS/Microsoft Azureの3つのメリット

1. 御社の導入目的に最適なクラウドをご提案します

2. 速度安定性やセキュリティ水準のニーズにしっかり応えられるサービス水準の高さが魅力です

3. クラウド化の一元サポートで担当者の負担を最小限に抑えます

6-1. 御社の導入目的に最適なクラウドをご提案

NTT東日本では、潜在ニーズまで汲み取れるプロによるサービス提供を行っています。そのため、御社の導入目的に最適なクラウドだけをご提案することが可能です。無駄を一切省き、必要なサービスは漏れなく盛り込んだ構成だから、目的を確実に達成できます。

潜在ニーズまで汲み取れるサービス提供ができる理由は、

  • クラウドのプロであるAWS認定有資格者が多数在籍
  • 150を超えるクラウド導入実績に基づく豊富なノウハウ

です。

クラウドのプロが、丁寧なヒアリングと現状分析で導入目的を実現し、ビジネス成功につなげられるクラウド化を行ってみませんか。

6-2. 速度安定性やセキュリティ水準のニーズにしっかり応えるサービス水準の高さ

クラウド化するなら、速度安定性やセキュリティ水準などのサービス水準が高いものを選びたいですよね。NTT東日本では、ネットワーク事業者としての実績と多数のクラウド提案・導入サポート実績を活かし、最高水準のサービスをご準備していますので安心です。

すでに導入されたお客さまの事例を一部ご紹介します。

要求するセキュリティ基準を満たすAmazon WorkSpaces導入で、容易なテレワーク環境の構築と運用の作業量を20%程度改善
コアーズ株式会社さま
セキュアで安定したクラウド接続サービスを導入し月6万件にのぼる受注業務に対応
ビセラル株式会社さま
高速なクラウド接続サービスを利用することで短期間でコストを抑えて高品質な4K生中継を実現
株式会社エヌ・ティ・ティ・アドさま

6-3. クラウド化の一元サポートで担当者の負担を最小限に

NTT東日本では、クラウド化・ネットワーク課題の解決を、1つの窓口で一元的にサポートしています。一般的な業者の場合、クラウドの導入はサポートするけれど、ネットワークは対象外ということも多いもの。

一方で、クラウド化の一元サポートが可能なNTT東日本を活用すれば、

  • ライセンス調達やインフラ構築の労力がかからない
  • 運用サポート利用で、システム運用から解放される
  • トラブル時も24時間・365日対応で安心

などのメリットがあります。御社のニーズにあわせて柔軟なサポートも可能です。

無料でご相談も可能ですので、まずは現在のニーズや課題をお聞かせください。

7. まとめ

今回は、IaaSを最大限有効活用する上で知っておくべきポイントを解説しました。

IaaSは、ITシステムの基盤となる部分(インフラ)を利用できるクラウドサービスです。活用することによって、システムを構築する上で必要となるサーバーやメモリなどのハードウェアを購入し、自社で設置・管理する労力やコストを省くことができます。

有効活用するためには、IaaSのできることやできないことだけでなく、PaaS・SaaSとの違いを把握しておきましょう。

SaaS
(Software as a Service)
  • ソフトウェアやアプリケーションを利用できるサービス提供形態
  • メール、オフィスソフト、顧客情報管理ソフトなどさまざま
PaaS
(Platform as a Service)
  • アプリケーションの開発などが可能な環境を利用できるサービス
  • OSやミドルウェアなどが含まれる
IaaS
Infrastructure as a Service)
  • 基本的なインフラ部分だけを利用できるサービス
  • ストレージやサーバー、ネットワークなどが含まれる

IaaSのクラウドサービスは、多くのクラウドサービス提供事業者で利用できますが、AWS・Microsoft Azure・Google Cloudなどの利用者が多い状況です。

特にキャンペーンサイトやゲーム・アプリ運営、ECサイトなどは、IaaSが向いている活用シーンと言えるでしょう。

クラウドサービスでIaaSを選択する際は、以下の点にも注意が必要です。

クラウドサービスでIaaSを選択する際に注意すべきこと

1. 導入目的を明確にする

2. PaaSと慎重に比較する

3. セキュリティ対策をする

IaaSを使いこなすことで、コスト削減・安全性向上など多くのメリットを享受できます。どのような局面で利用することでメリットが最大化するのかを見極め、ビジネスに利活用していきましょう。

ネットワークからクラウドまでトータルサポート!!
NTT東日本のクラウド導入・運用サービスを確認してください!!

クラウドの導入・運用に関する
ご相談、お問い合わせをお待ちしております。

無料ダウンロード

自社のクラウド導入に必要な知識、ポイントを
このに総まとめ!

あなたはクラウド化の
何の情報を知りたいですか?

  • そもそも自社は本当にクラウド化すべき?オンプレとクラウドの違いは?
  • 【AWS・Azure・Google Cloud】
    どれが自社に最もマッチするの?
  • 情シス担当者の負荷を減らしてコストを軽減するクラウド化のポイントは?
  • 自社のクラウド導入を実現するまでの具体的な流れ・検討する順番は?

初めての自社クラウド導入、
わからないことが多く困ってしまいますよね。

NTT東日本では
そんなあなたにクラウド導入に必要な情報を

1冊の冊子にまとめました!

クラウド化のポイントを知らずに導入を進めると、以下のような事になってしまうことも・・・

  • システムインフラの維持にかかるトータルコストがあまり変わらない。。
  • 情シス担当者の負担が減らない。。
  • セキュリティ性・速度など、クラウド期待する効果を十分に享受できない。。
理想的なクラウド環境を実現するためにも、
最低限の4つのポイントを
抑えておきたいところです。
  • そもそも”クラウド化”とは?
    その本質的なメリット・デメリット
  • 自社にとって
    最適なクラウド環境構築のポイント
  • コストを抑えるため
    具体的なコツ
  • 既存環境からスムーズにクラウド化
    実現するためのロードマップ

など、この1冊だけで自社のクラウド化のポイントが簡単に理解できます。
またNTT東日本でクラウド化を実現し
問題を解決した事例や、
導入サポートサービスも掲載しているので、
ぜひダウンロードして読んでみてください。

クラウドのわからない・
面倒でお困りのあなたへ

クラウドのご相談できます!
無料オンライン相談窓口

NTT東日本なら貴社のクラウド導入設計から
ネットワーク環境構築・セキュリティ・運用まで
”ワンストップ支援”が可能です!

NTT東日本が選ばれる5つの理由

  • クラウド導入を
    0からワンストップでサポート可能!
  • 全体最適におけるコスト効率・業務効率の改善
    中立的にご提案
  • クラウド環境に問題がないか、
    第3者目線でチェック
    してもらいたい
  • 安心の24時間・365日の対応・保守
  • NTT東日本が保有する豊富なサービスの組み合わせで
    ”課題解決”と”コスト軽減”を両立

特に以下に当てはまる方はお気軽に
ご相談ください。

  • さまざまな種類やクラウド提供事業者があってどれが自社に適切かわからない
  • オンプレミスのままがよいのか、クラウド移行すべきなのか、迷っている
  • オンプレミスとクラウド移行した際のコスト比較を行いたい
  • AWSとAzure、どちらのクラウドが自社に適切かわからない
  • クラウド環境に問題がないか、第3者目線でチェックしてもらいたい
  • クラウド利用中、ネットワークの速度が遅くて業務に支障がでている

クラウドを熟知するプロが、クラウド導入におけるお客さまのLAN 環境や接続ネットワーク、
クラウドサービスまでトータルにお客さまのお悩みや課題の解決をサポートします。

相談無料!プロが中立的にアドバイスいたします

クラウド・AWS・Azureでお困りの方はお気軽にご相談ください。

ページ上部へ戻る