AWSリザーブドインスタンス(RI)で最大75%のコストダウンを実現する

AWSをはじめとするクラウドサービスは短期間で利用開始ができ、保守・運用面でも大きな恩恵を受けられるメリットがある一方で、仮想サーバー(インスタンス)が次々と立てられて、気づかないうちに費用がかさんでしまうことが懸念されます。そこで、AWSで効果的なコスト抑制を実現できるひとつの方法が『AWSリザーブドインスタンス』です。ここではリザーブドインスタンスを活用するための事前知識と注意点、活用事例などをご紹介していきます。

AWSリザーブドインスタンス(RI)とは

AWSリザーブドインスタンス(RI)とは1年、3年単位で購入できる格安インスタンスのことです。電車やバスの定期券をイメージしてもらえればわかりやすいと思います。定期券は1~6ヶ月単位の金額を前払いすることで一定の割引を受けられるサービスですが、リザーブドインスタンスも同様です。

リザーブドインスタンスを契約すれば割引(最大75%)が受けられるのです。割引率は「インスタンスの種類」「契約期間」「支払い方法」の組み合わせで決まってきます。支払い方法は3種類あります。

  • 前払いなし(NURI)
  • 一部前払い(PURI)
  • 全額前払い(AURI)

割引率は支払う金額が多ければ多いほど上がっていく仕組みです。たとえば、1年契約と3年契約では3年契約のほうが高い割引率で契約できます。さらに、支払い方法に関しても「前払いなし」<「一部前払い」<「全額前払い」の順に割引率は上がっていきます。

つまり「3年契約の全額前払い」を選べば最大の割引率が適用されることになります。AWSでシステムを運用するのであればぜひとも上手く活用したいサービスといえるでしょう。

リザーブドインスタンスの種類

リザーブドインスタンスには「スタンダード」と「コンバーティブル」の2種類があります。

スタンダード
  • 割引率が高め
  • 一度支払ったら原則変更できない
  • 契約期間は1年または3年
コンバーティブル
  • 割引率が低め
  • 一度支払っても同等以上のリザーブドインスタンスであれば差額を支払えば交換可能
  • 契約期間は1年または3年

このように、割引率を取るか将来的な拡張性を取るかによって最適なリザーブドインスタンスの選択は変わってくるといえるでしょう。

AWSのインスタンスについておさらい

ここでAWSのインスタンスについておさらいしてみましょう。インスタンスとは、AWS上で稼働するCPU、メモリ、ストレージ、ネットワークをパッケージした仮想サーバーの総称です。ハイスペックなインスタンスを選べば利用料金は高くなります。インスタンスは「a1.medium」や「a1.large」といった名称で呼ばれます。

インスタンスの種類はサーバーが稼働している時間に応じて課金される「オンデマンドインスタンス」、本稿で解説している「リザーブドインスタンス」、さらに未使用の EC2 インスタンスを割引価格で使える「スポットインスタンス」の3種類が用意されています。

調達できるインスタンスタイプ

リザーブドインスタンスはそれぞれサービス名称が決まっており、サービスごとに調達できるインスタンスタイプと仕様が決まっています。2020年7月現在では4種類が用意されていますが、いずれも前払いによる割引サービスであることに変わりはありません。

<リザーブドインスタンスの対象インスタンス>

Amazon EC2 仮想サーバーを提供する。もっとも代表的なAWSサービスの1つ。
参考:仮想サーバーを立てるなら検討したい「Amazon EC2」   
Amazon RDS リレーショナルデータベースを提供する。RDSはAmazon Aurora、PostgreSQL、MySQL、MariaDB、Oracle データベース、SQL Serverなどから選択可能。
参考:AWSのデータベースAmazon RDSとは?
Amazon ElasticSearch Service 全文検索システムである「Elasticsearch」をマネージドサービスとしてAmazonが提供。REST APIで大量データに対して高速検索が可能。

<リザーブドキャパシティの対象インスタンス>

Amazon DynamoDB 高速のデータ処理が可能なNo SQLタイプのデータベース。
参考:AWSのNoSQLデータベースAmazon DynamoDBの特徴とベストプラクティス   

<リザーブドキャッシュノードの対象インスタンス>

Amazon ElastiCache 高速なデータアクセスを可能にするキャッシュシステムを実装できるクラウドサービス。
参考:クラウド向けのインメモリデータストアAmazon ElastiCacheでリアルタイム処理を強化   

<リザーブドノードの対象インスタンス>

Amazon Redshift 一度に大量のデータの書き込み・読み出しを可能にするデータウェアハウスサービス。
参考:最適な意思決定支援を下支えする、クラウドデータウェアハウスAmazon Redshiftとは   

支払い方法と料金

AWS料金の算出方法は非常に複雑なので紙とペンでできるものではありません。実際の料金を試算するのであればAWSが提供しているAWS 料金計算ツール別ウィンドウで開きますを活用してください。また、AWSの料金体系についてのより理解を深めたい場合は以下のコラムが参考になります。

参考:AWSの料金を見積もるためにAWSの料金体系を理解しよう

AWSリザーブドインスタンスのメリット・デメリット

ここからはAWSリザーブドインスタンスのメリット・デメリットを確認していきます。

メリット
  • オンデマンドインスタンスに比べて圧倒的にコストを削減できる
    すでに解説してきたとおり、リザーブドインスタンスを利用すればオンデマンドインスタンスに比べて最大で75%ものコストを削減できます。これはシステム運用において非常に魅力的なメリットといえるでしょう。
デメリット
  • 途中で解約できない(支払った分は返金されない)
    リザーブドインスタンスは一度支払いを済ませてしまうと、後からキャンセルができません。利用しなくても契約分のインスタンスは確保(リザーブド)されてしまっていますから、契約するときには今後計画の変更がないかを十分に検討する必要があります。

ユースケース

リザーブドインスタンスのメリットを最大化するコツは「必要最低限の処理能力分」を契約することです。たとえば、アクセス数が時間帯によって変わるWebサービスの場合、ピーク時の最大負荷処理をリザーブドインスタンスで契約するのは無駄が生じます。

この場合、夜間などの落ち着いている時間帯でも必要な処理能力をリザーブドインスタンスで契約しておくのがベストといえるでしょう。まずは常時稼働が求められるEC2やRDSなどのサービスでリザーブドインスタンスにできるかを検討してみるのがおすすめです。

リザーブドインスタンスの注意点

リザーブドインスタンスを利用する際には以下の点に注意してください。

  • スポットインスタンスとの混同に注意
    より割引率が高いスポットインスタンスと混同してしまうケースがあります。スポットインスタンスは「未使用のEC2インスタンスを入札で格安購入する」仕組みのインスタンスです。そのため、落札できない場合は突然インスタンスが落ちる可能性があります。クリティカルな処理をスポットインスタンスに任せるのは危険といえます。
  • スケールアップすると割引の適用外になる
    契約する前に将来的にスケールアップする可能性があるかを検討する必要があります。もし、スケールアップの可能性があるのであれば、割引率は下がりますがコンバーティブルタイプを選択したほうが無難でしょう。最悪スタンダードでスケールアップする場合は、インスタンスを変更後にリザーブドインスタンスを新たに適用すれば自動的に割引が適用されますが、すでに契約していた分は戻ってきません。
  • リージョンを確認すること
    リージョンが異なるリザーブドインスタンスを購入してしまうと割引が適用されないため、かならずリージョンを確認するようにしてください。リージョンについては以下のコラムが参考になります。
    参考:AWSにおけるリージョンの特徴について

特性を把握して大幅なコスト削減を実現

リザーブドインスタンスはシステム運用コストを大幅に節約できる魅力的なサービスです。ただし恩恵が大きい分、間違った運用をしてしまうと無駄が発生するリスクもあります。

リザーブドインスタンスを購入する際には「将来的に変わることなく必要なインスタンスか」を十分に検討するようにしましょう。ある程度柔軟な契約にしたいのであれば「スタンダードタイプ」ではなく「コンバーティブルタイプ」も検討してみてください。

Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureの
導入支援サービスのご相談、お問い合わせをお待ちしております。

ページ上部へ戻る