Azure Billing APIによるAzure使用状況の確認

Microsoft Azure(以下、Azureと呼びます。)の課金情報やリソース消費量データ、推定料金などを知りたい場合、Azure Billing APIが活躍します。本APIは3つのAPIで構成されており、取得したデータはお手元のツールで分析可能です。今回はAzure Billing APIの機能や考えられる利用シーンを解説します。

Azure Billing APIとは

Azure Billing APIはAzureリソースの使用状況や関連情報を取得し、お手元のツール(サードパーティー製ツールなど)でデータ分析できるサービスです。

Azureリソースを使用してアプリケーションやwebサービスを展開する場合やエンタープライズ利用では、請求情報についてできる限り詳細に知りたいケースは珍しくありません。特にサービスのスケーリングや可用性確保のためにリソースの増減を繰り返して、ビジネスを効率化するためには、この情報は不可欠だと考えられます。そのようなニーズに応えるために、Azure Billing APIはリリースされました。

請求に関する似たような機能はAzure Portalも備えており、リソースの種類やデプロイ時に指定したリソースグループ、集計期間などを設定することで、サービス別の課金情報を確認はできます。ただしAzure Portalではcsvまたは請求書面ダウンロードに限られます。また請求書作成後でなければデータの参照はできません。

Azure Portalで参照できる請求情報だけではコストの分析予測には不十分なケースも多く、Azure Billing APIはこの欠点を補うサービスとして利用できます。

Azure Billing APIの機能

Azure Billing APIはリソースの詳細な使用状況をプログラムで取得することができるサービスで、3つのAPIが提供されています。

なおすべてのAPIにおいて、データを参照・取得するためには、Azure Portal または Azure PowerShellにて作成したアクセスポリシーが必要です。アクセスポリシーに設定された、請求閲覧者、閲覧者、所有者、共同作成者のいずれかのロールを持つIDでデータを参照・取得します。

Azure Invoice Download API

Azure Invoice Download APIで請求情報のダウンロードができます。請求書のダウンロードは日付によるフィルタリングが可能で、指定した日付から請求期間最終日までの請求情報が参照できます

Azure Resource Usage API

Azureリソースの消費量データ(推定)はAzure Resource Usage APIを使って参照します。このAPIでは時間単位、日単位によるデータ取得が可能です。

Azure Resource RateCard API

使用可能なAzureリソース一覧と、リソースごとの推定料金情報はAzure Resource RateCard APIにて参照可能です。

以上3つのAPIを利用することで、使用しているリソース一覧やAzureリソースの消費量データから、運用コストの算出、予測ができるようになるでしょう。また請求情報のダウンロードもAzure Billing APIでできるため、Azure Portalより利便性が高いと考えられます。

Azure Billing APIの利用シーン

Azure Billing API(Azure Invoice Download API、Azure Resource Usage API、Azure Resource RateCard API)によって取得された詳細なデータは、サードパーティー製ツールなどを使って分析が可能です。

たとえば、顧客に提供しているAzureリソースを使ったサービスにおける月間のAzureサービス使用量の把握や請求額の予測による運用コストの分析、Azureリソース消費前のコスト分析などによる今後のリソース増減計画の立案などでの利用が考えられ、リソースのスケーリングのコスト最適化を支援します。

また、ビッグデータを扱うデータサイエンティストやオブジェクトストレージによる非構造化データを扱う場合には、分析リソースやストレージ管理にかかるコストを算出、分析するときなどでも役立つでしょう。

まとめ

Azure Billing APIは従来のAzure Portalだけでは分析しきれない、リソース消費量推定データや推定料金データなどを取得できるAPIです。

Azure Billing APIは3つのAPIで構成されており、必要なAPIだけを利用することもできます。お手元のサードパーティー製ツールなどでAPIをコールすることにより、ツール上でAzureリソースの分析などAzureリソースの利用状況把握や予測し、Azureサービスの効率的な利用を支援します。

RECOMMEND
その他のコラム

Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureの
導入支援サービスのご相談、お問い合わせをお待ちしております。

ページ上部へ戻る