COLUMN

Azure Virtual Networkの機能とメリット、注意点

Azure Virtual Networkとは、Azureクラウド、オンプレミスサーバー、Azureクラウド内の各サービスの接続ができるAzureサービス(仮想ネットワーク)です。今回はAzure Virtual Networkの機能やメリットなどを解説します。

Azure Virtual Networkとは

Azure Virtual Networkでは仮想ネットワークを構築でき、さらに複数のサブネットに分割することができます。また、通信のフィルタリングが可能で、例えば通信の許可(拒否)、送信元IP、ポート番号などが指定できます。さらに、ひとつひとつのネットワークやネットワーク機器に対して設定すること無く、通信のフィルタリングをグループ化することもできます。この場合、サービスタグを使ってセキュリティグループとして通信先をあらかじめグループ化することとなります。

またAzure Virtual Networkは基本的にルーティング設定をすることなく、インターネットや仮想ネットワーク内の通信が可能です。必要に応じて、デフォルトのルーティング設定を上書きして、ルーティングを変更することもできます。

仮想ネットワーク同士の通信は、ピアリングによる接続で同じネットワークとして利用できるようになります。ピアリングはリージョンをまたがったピアリングや、他のアカウント(サブスクリプション)とのピアリングも可能です。

Azure Virtual Networkに他のAzureリソース(Azure Cloud Services と Azure Virtual Machines など)を組み合わせることにより、PaaSを利用したシステム構築ができます。

PaaSはサーバーとストレージ、ネットワークファイアウォール、セキュリティ、OS、開発ツール、BIなどが含まれるプラットフォームで、Azure Virtual Networkとの他のAzureリソースを組み合わせにより、多様なPaaSとしてのAzure利用が実現できます。

Azureネットワーク、3つの接続方法

Azureネットワークに接続するには「S2S」、「P2S」、「V2V(Azure Virtual Network間)」の3つが考えられます。

S2SはインターネットVPNを利用する方法で、オンプレミスネットワークをAzureの仮想ネットワークに接続します。P2Sは社内のオンプレミスネットワーク外から接続する方法で、PCなどの端末とAzureネットワークを直接接続する方法となります。

V2Vは自社で利用している複数のAzureサービス(Azureネットワーク)を接続する場合に用いられる方法です。例えばディザスタリカバリとして異なるAzureリージョン間にあるAzureネットワークを接続したい要求に対応します。

Azure Virtual Networkの機能とメリット

Azure Virtual Networkは、Azure内において論理的に他と分離したネットワークとして利用できます。また、サブネットにより分割されたネットワーク設計が可能なため、開発環境やアプリケーション提供環境など、同一のAzure Virtual Network内でさらに用途に分けることなども可能です。独自のプライベートIPアドレスの利用も可能です。

また、Azure Virtual Networkは、他のサービスを併用することにより、オンプレミスサーバーとも接続できるため、WebアプリケーションをAzureネットワーク上に構築し、データベースなどをオンプレミスサーバーとする、ハイブリッドなシステムも構築できます。

ネットワーク構築の注意点

Azure Virtual Networkは仮想ネットワーク数、仮想ネットワークあたりのサブネット数に上限が設けられています。Azure仮想マシンにはクラシックデプロイモデルと、Azure Resource Managerがありますが、前者の既定ネットワーク上限数は50で、Microsoftに依頼することで100まで設定が可能となります。また後者のAzure Resource Managerでは仮想ネットワーク数は既定・上限共に1,000までと定められています。

またAzure Virtual Networkはリージョン間をまたいだ連携を取ることができません。その代わり、ピアリング機能などを使ってAzure Virtual Network間の連携を取ることはできるようになっています。

Azure Virtual Networkの料金

Azure Virtual Networkは基本的に無料で、1サブスクリプション(アカウント)あたり最大50の仮想ネットワークを構築できます。事前コストがかからない点がポイントです。

Azure Virtual Networkで課金対象となるのは「仮想ネットワークで使用されるパブリックIPアドレス(予約済みIPアドレス含む」と「仮想ネットワーク内で稼働するネットワーク機器( VPN Gateway や Application Gateway など)」です。

同一リージョン内ではGB当たりの単価で価格が定められています。リージョンをまたがるV2V接続では、利用するリージョンによって価格が異なります。詳細はMicrosoft公式ホームページを参照して下さい(https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/virtual-network/別ウィンドウで開きます

まとめ

Azure Virtual Networkを利用することで、仮想ネットワーク、アプリケーションプラットフォームの構築が可能となります。Azure Virtual Networkはネットワーク設計における柔軟性が高く、また、情報セキュリティに配慮したネットワーク構築が可能です。さらに、他のAzureサービスを併用することで、Azure上に構築されたアプリケーションとオンプレミス環境にあるサーバーとを接続した、ハイブリッドアプリケーション(システム)なども構築できます。Azureをフル活用したいエンジニアにとって有用なサービスのひとつではないでしょうか。

ページ上部へ戻る

無料ダウンロード

自社のクラウド導入に必要な知識、ポイントを
このに総まとめ!

あなたはクラウド化の
何の情報を知りたいですか?

  • そもそも自社は本当にクラウド化すべき?オンプレとクラウドの違いは?
  • 【AWS・Azure・Google Cloud】
    どれが自社に最もマッチするの?
  • 情シス担当者の負荷を減らしてコストを軽減するクラウド化のポイントは?
  • 自社のクラウド導入を実現するまでの具体的な流れ・検討する順番は?

初めての自社クラウド導入、
わからないことが多く困ってしまいますよね。

NTT東日本では
そんなあなたにクラウド導入に必要な情報を

1冊の冊子にまとめました!

クラウド化のポイントを知らずに導入を進めると、以下のような事になってしまうことも・・・

  • システムインフラの維持にかかるトータルコストがあまり変わらない。。
  • 情シス担当者の負担が減らない。。
  • セキュリティ性・速度など、クラウド期待する効果を十分に享受できない。。
理想的なクラウド環境を実現するためにも、
最低限の4つのポイントを
抑えておきたいところです。
  • そもそも”クラウド化”とは?
    その本質的なメリット・デメリット
  • 自社にとって
    最適なクラウド環境構築のポイント
  • コストを抑えるため
    具体的なコツ
  • 既存環境からスムーズにクラウド化
    実現するためのロードマップ

など、この1冊だけで自社のクラウド化のポイントが簡単に理解できます。
またNTT東日本でクラウド化を実現し
問題を解決した事例や、
導入サポートサービスも掲載しているので、
ぜひダウンロードして読んでみてください。

クラウドのわからない・
面倒でお困りのあなたへ

クラウドのご相談できます!
無料オンライン相談窓口

NTT東日本なら貴社のクラウド導入設計から
ネットワーク環境構築・セキュリティ・運用まで
”ワンストップ支援”が可能です!

NTT東日本が選ばれる5つの理由

  • クラウド導入を
    0からワンストップでサポート可能!
  • 全体最適におけるコスト効率・業務効率の改善
    中立的にご提案
  • クラウド環境に問題がないか、
    第3者目線でチェック
    してもらいたい
  • 安心の24時間・365日の対応・保守
  • NTT東日本が保有する豊富なサービスの組み合わせで
    ”課題解決”と”コスト軽減”を両立

特に以下に当てはまる方はお気軽に
ご相談ください。

  • さまざまな種類やクラウド提供事業者があってどれが自社に適切かわからない
  • オンプレミスのままがよいのか、クラウド移行すべきなのか、迷っている
  • オンプレミスとクラウド移行した際のコスト比較を行いたい
  • AWSとAzure、どちらのクラウドが自社に適切かわからない
  • クラウド環境に問題がないか、第3者目線でチェックしてもらいたい
  • クラウド利用中、ネットワークの速度が遅くて業務に支障がでている

クラウドを熟知するプロが、クラウド導入におけるお客さまのLAN 環境や接続ネットワーク、
クラウドサービスまでトータルにお客さまのお悩みや課題の解決をサポートします。

相談無料!プロが中立的にアドバイスいたします

クラウド・AWS・Azureでお困りの方はお気軽にご相談ください。