とても有益なAWS 料金体系で注意すべき点は?

多くの企業が膨大なデータを管理する昨今、クラウドサービスの利用が急速に広まっています。そうしたクラウドサービスのなかでも、広く利用されているのがアマゾンウェブサービス(AWS)です。今回は、AWSの料金体系や注意点などについて解説します。

Amazonが提供するクラウドサービスAWS

まずはAWSの概要や、またAWSのメリットとデメリットについてご紹介します。

AWSとは何か

AWSとはAmazonにより提供されるクラウドサービスでの総称です。
Amazonはネットショップの企業としてよく知られています。ネットショップを運営するなかで、大量の在庫管理や商品のデータ分析を行っていることから、ITを駆使したインフラやアプリケーションを自社で活用していました。そこで蓄積したノウハウを一般ユーザーに公開し始めたのがAWSの始まりです。
企業が提供するクラウドサービスは、Amazon以外にMicrosoftのAzure、GoogleのCloud Platform、IBMのIBM Cloudなどがあり、この4社がクラウドサービスの世界市場において大部分を占めていますが、AWSは、その中でもトップを誇っています。

AWSのメリット

AWSはハードウェアやソフトウェアの購入および検討が必要ないことから、初期コストが不要で、かつ早く運用を始めることができます。またオンプレミスサーバーで運営する場合、常にセキュリティを最新状態にし、サーバー機材も最新世代へアップグレードする必要性がありますが、AWSを利用すればAmazonの高度なセキュリティやサーバーを利用できるので、自社で運営・管理する場合にかかるさまざまな経費を削減することが可能なのです。
また、オンプレミスサーバーでは扱うデータ量が増えれば容量の増量を自社で行わなければならず、万が一のために最初から多めに見積もるといった対応が必要ですが、AWSは必要な容量分だけ利用できるため、もしデータ量が増えても、その都度必要な金額を払うだけで容量を増やすことができるのです。

AWSのデメリット

AWSは提供するクラウドサービスが豊富ゆえに、うまく運営していくためにはサービス内容への十分な知識やAWSを利用した設計方法などの専門的な知識が必要となります。また、必要金額を支払うだけでさまざまなクラウドサービスを利用できることは大きなメリットですが、従量課金であるがゆえに、管理を十分にしていないと、予想外の請求額となる可能性もあります。
さらにトラブル対応を自ら行わないといけないことも、デメリットとして挙げられるでしょう。AWSにおいては、Amazonはインフラのみを提供する立場であり、利用中のトラブルにはAmazonは関与しません。そのため、トラブルの際には自社で対応しなくてはいけないのです。

計算が複雑!AWSの料金体系

AWSには120種類以上のクラウドサービスがあり、それぞれに利用料金が設定されています。ここではそのなかでも代表的なクラウドサービスの料金についてご説明します。

仮想サーバー

仮想サーバーは従量課金制のため、使用分の料金だけを支払います。これが簡単に仮想サーバーの台数増減やスペック強化を可能にし、一時的なアクセス増加のような突発的な事態にも柔軟に対応することができるのです。急きょアクセス数の増加が予想されるようなプロジェクトを進める際には、一時的にサーバーを増強し、プロジェクトが終わり次第元に戻すような運用も可能になります。

データベース

データベースについても、使用した分に従い料金を支払うことになります。完全マネージド型データベースのサービスとなっており、自社での運用管理作業が一切不要です。負荷軽減、データの冗長性の提供といった豊富な機能があり、自動バックアップや大規模データ構築の運用などが可能になります。

ストレージ

ストレージも容量が小さいものから大きいものまで対応可能となっており、仮想サーバーとデータベース同様、使用分のみ料金を支払う従量課金制です。AWSのストレージを使用することにより、安い料金で必要分のデータのみ保管することができ、必要なときには柔軟に増減可能です。自社でファイルサーバーの環境を管理するコストを考えれば、大きな利用価値があります。

AWS簡易見積りツールでコストを把握する

上記で代表的な3つのサービスについて大まかにご紹介しましたが、最初にご説明した通りAWSには120種類以上のサービスがあり、各サービスの使用分だけ支払う従量課金制です。費用については自身で使用料を把握し、どれだけの料金が請求されるか常に計算する必要がありますが、使用するサービスが増えるほど料金の計算は複雑になるでしょう。そうした場合、自身で計算するという方法もありますが、AWSには簡易見積りツールが準備されています。「予想以上の料金が発生してしまった」という事態を避けるためにも、料金計算には簡易見積りツールを使い、把握するのがいいでしょう。

AWS料金の支払い方法

AWSの料金体系について分かったところで、料金の支払い方法について見てみましょう。

支払いは基本的にアメリカドル

AWSの料金を支払う際、基本的に通貨はアメリカドルになります。日本円に変更することも可能ですが、為替の影響を受けるので注意が必要です。為替は常に変動するものであり予測が困難なものなので、支払い通貨をアメリカドルにしても日本円にしても為替リスクを避けることはできません。

従量課金制

AWSのサービスは、前述の通り従量課金制です。使用量を少なくし料金を抑えることは可能ですが、無計画に使用量を多くすると多額の請求を受けることになります。そこでAWSには使用者が必要以上の請求を受けないようにするツールがあるのです。先にご紹介した簡易見積りツールもそのひとつですが、ほかにも請求ダッシュボードや請求アラーム機能があります。

請求ダッシュボード

マネジメントコンソール上に設置されており、自身が使っているサービスを常に把握できるようになっています。請求ダッシュボードを常に確認するようにしておけば、今本当に使わなければいけないサービスは何か、不要なサービスは何かを把握できるのです。もし不要なサービスを使っている場合は契約を解除するようにしておくとコストの削減につながります。

請求アラーム機能

AWSの使用料金が一定値を上回ったときにメールで連絡してくれるサービスです。請求ダッシュボードで常に不要なサービスがないかを確認するとしても、忙しくて確認ができず、見過ごしてしまったということも起こるでしょう。そこで請求アラーム機能を設定しておけば、想定以上の請求が来る前にいち早く気づくことができ、サービスの見直しをすることができるのです。

ここでご紹介したサービスのほかにも、予算によるコスト管理、AWS Cost Explorerなど料金管理に役立つサービスが多く用意されているので、有効活用しましょう。

基本的にはクレジットカードによる支払い

AWSの支払いは基本的にはクレジットカード決済になります。ただし、AWSの導入支援会社に依頼をすれば、請求書払いに変更することもできます。なお、先にご説明した日本円払いについても、導入支援会社に依頼することで変更可能です。

まとめ

多くのサービスが提供されるAWSはさまざまなことに活用することができます。ただし、サービスの利用には当然費用がかかります。AWSは従量課金のクラウドであることを踏まえ、私たち自身がしっかりと管理したうえで利用する必要があります。AWSの料金体系や注意点を理解し、AWSを利用するようにしましょう。

Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureの
導入支援サービスのご相談、お問い合わせをお待ちしております。

ページ上部へ戻る