Azure Virtual Machine Scale SetsによるVMインスタンスの自動制御・高可用性の確保

Azure Virtual Machine Scale SetsはVMインスタンスを自動で増減させ、Azureロードバランサーを自動で構成することが可能なAzureサービスです。プロセスが自動化されることにより、コストの最適化や顧客が満足するパフォーマンスを維持したサービス展開が可能になるものと思われます。今回はAzure Virtual Machine Scale Setsについて、サービス内容や利用シーン、有用性を解説します。

Azure Virtual Machine Scale Setsとは

アプリケーションの冗長性を確保しながらパフォーマンスを向上させるために用いられる手法として、負荷分散があります。アプリケーションへの要求はロードバランサーを経由して、用意されたVirtual Machine(VM)へ分散されます。

できる限り効率がよいVM数を維持することは、アプリケーションの可用性確保はもとより、コスト最適化のためにも必要です。では最適な負荷分散を行うにはどのような施策をとればよいでしょうか。

アプリケーションの利用状況や、あらかじめ予測できるピークタイムに合わせてVM数を手動で増減させることもできますが、運用上効率がよいとは言えません。また人の手を介することで思わぬミスが発生する可能性もあります。

このような背景のもと、必要とされるVMの一元的な管理や、自動構成・更新できるサービスがAzure Virtual Machine Scale Setsです。

Azure Virtual Machine Scale Setsは大規模サービスにも対応し、複数のVMの作成や管理を容易にします。

例えば、通常はAzure PortalにてVMを利用します。しかしAzure PortalではVMをマスターイメージから展開することはできません。Azure Virtual Machine Scale Setsはこの欠点を解消しています。

またAzure CLIやAzure PowerShellからスケールセットを設定することもできます。

Azure Virtual Machine Scale Setsの利用シーン

主に大規模システムやビッグデータを扱うシステムにおける利用が考えられます。必要なVMを一元管理できることは、これらのシステムにおいてとても重要かつ有用なことです。

また、手動でVMを構築することに比べると、Azure Virtual Machine Scale Setsを用いればスケーラビリティの向上を見込むこともできます。

なぜAzure Virtual Machine Scale Setsが有用なのか

Azure Virtual Machine Scale Setsにおけるスケールセットとは、複数のVMをベースとして構成されるVMのグループです。

手動でVMインスタンスを構成することは、コンプライアンス遵守の観点から望ましいことではありません。また、Azure Virtual Machine Scale Setsを用いない場合、負荷分散においてAzureロードバランサーの作成・構成を手動で行うこととなります。

一方Azure Virtual Machine Scale Setsを用いれば、コンプライアンスに則した一元的な構成からVMインスタンスを自動で作成することが可能です。さらにスケールセットはAzureロードバランサーを自動で作成します。

よってVMサイズやディスク構成、アプリケーション構成の一致した大規模な数のVMを自動的に作成できます。作成はあらかじめ用意したシナリオやVMの必要数に応じて行われ、VMが不要な場合は構成を縮小します。

その結果、アプリケーションやサービスは手動による管理では実現し得ない、高い可用性と冗長性を保てるようになります。

仮想マシンスケールセットと利点

スケールセットは最大1,000個のVMインスタンスをサポートしており、大規模に動作させることが可能です。ビッグデータコンピューティングや大規模サービスにおけるVMインスタンス管理にも対応します。

アプリケーションやサービスのピークは数日~数週間単位で推移します。推移が予測できない場合でも、Azure Virtual Machine Scale Setsを利用することで、自動的にVMインスタンスが増減されるため、最適なコストかつミスのないスケーリングが可能です。

またアプリケーションの可用性、回復性の観点でも仮想マシンスケールセットには利点があります。スケールセットにおいて1つのVMインスタンスに問題が生じても、他のVMインスタンスを通じて利用者はアプリケーションサービスを利用できます。利用の中断を最小限に抑えることが可能です。

まとめ

Azure Virtual Machine Scale Setsはアプリケーション管理やリソースの自動管理を実現するサービスです。負荷分散におけるVMインスタンスの増減やAzureロードバランサーの作成を自動で行うため、手動による作業に比べると格段にコストを抑え、人為的なミスも排します。

また一元的な構成からVMインスタンスを大規模に展開できることから、コンプライアンスを遵守したアプリケーションサービスの維持が可能となります。

トラフィック分散、パフォーマンスの最適化、そしてVMのスケーリングなどを自動化することで、運用はより効率化されるでしょう。

24時間365日対応可能なクラウド監視・運用代行で、あなたをシステム運用から解放します!

移行準備段階で知っておくべきMicrosoft Azureの
サービスを学び、具体的にクラウド検討を考える!

Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureの
導入支援サービスのご相談、お問い合わせをお待ちしております。

ページ上部へ戻る