Eメールの活用でマーケティングやシステムの適正化を実現するAmazon SES

オンラインショップやWebサービスなどで、マーケティング目的や取引状態の確認などに関するEメールを送受信することがあります。企業側は、顧客接点の維持やサービスの安定運用のために、特定のルールに則ったEメールを送受信する仕組みを活用しているのです。「Amazon Simple Email Service (Amazon SES) 」は、こうしたサービスの提供者のためのメール配信サービスです。本コラムではその特徴や利用方法を紹介します。

効率的なEメール配信環境を提供するAmazon SESの特徴

企業にとって、顧客接点を維持することは重要です。オンラインでサービスを提供している場合、Eメールを活用すれば、顧客に新商品を案内したり購入確認や出荷の通知をしたりできます。また、システムの開発・運用担当者は、システムの状態をモニタリングして、異常があればEメールでの通知を受け取り、それをきっかけに適切な処理を行えるような体制を構築できます。

Amazon SESは、これらのEメール配信に活用できるクラウドベースのEメール送受信サービスです。Eメール配信のオンプレミスシステム構築は、機器を用意してネットワークを構成し、送信者の評価を管理するなど、複雑になりがちですが、Amazon SESはこうした悩みを解消するべくさまざまな機能を備えています。

Eメールは送信者と受信者のシステムを経由して送受信される。Amazon SESは送信元のメールサーバーとして機能する。

Eメール配信者としての評価を維持

Eメールによる顧客接点維持は手軽に始めやすいですが、送信する内容によっては、受信者やインターネットサービスプロバイダ、アンチスパム組織などに迷惑メール送信者と判断されてしまうリスクも考慮する必要があります。Eメールを顧客のもとに確実に届けられる可能性は送信元の評価によって決まり、迷惑メールや悪意のあるコンテンツなど、質の低いコンテンツを送信すると評価が下がってしまうことがあるのです。

Amazon SESでは低評価を回避できるよう、低品質のメールをふるいにかける仕組みや、送信前にどの程度配信されるか、また苦情がどれくらい発生するかなどのシミュレートできる機能を備えています。また、配信に悪影響を与えるような問題を究明するためのダッシュボードも用意しています。たとえば、苦情の状況やアンチスパム組織からの報告などのイベント発生に応じて通知を受け取るなどの処理が可能となります。

Eメールコンテンツの最適化をサポート

Eメールで顧客に何か伝えてアクションを求める場合、すべての人に同じ内容の文章を送るよりも、個々の顧客の志向や行動履歴に基づいて最適化を行ったコンテンツを送るほうが、より共感を得ることができるでしょう。Amazon SESでは、テンプレートが準備されており、さらに、個人最適化できる部分を自動的に置き換える機能を備えています。

また、送信したメールが顧客にどのような影響を与えたかを知り、Eメールの送信戦略を調整することも重要です。Amazon SESでは、メール送信状態をモニタリングして、送信・開封・クリック・苦情連絡などの、Eメールの状態を取得できます。取得したデータを、ストレージサービスの「Amazon S3」やデータウェアハウスの「Amazon Redshift」に保存して、分析ツールの「Amazon Kinesis」に処理を渡すなど、AWSのほかのサービスとシームレスな連携運用ができることもメリットのひとつです。

組織内のEメール・カレンダー向けはAmazon WorkMail

AWSは、組織内で利用するEメールおよびカレンダーサービスを提供するビジネスアプリケーション「Amazon WorkMail」も提供しています。これは、Microsoft Outlook、ウェブブラウザ、iOS および Androidなど、デスクトップ・モバイルのEメールクライアントに対応しており、組織内のほかのリソースともセキュアな統合が可能なサービスです。Amazon WorkMail ではAmazon SESを使用してEメールの送受信を実現しています。

Amazon SESが、自社の事業・サービスの顧客向けマーケティングや状態モニタリングなどに利用されるサービスである一方、組織内の情報伝達についてはAmazon WorkMailを使うという住み分けが良いでしょう。Amazon SESで構築したシステムからのEメールの受信ルールに、Amazon WorkMail アクションと連携した処理を設定することも可能です。

Amazon SESによるメール送信の注意点

Amazon SESによるメールは、コンソール、API、SMTPインターフェースの3つの方法で送信できます。テストメールはコンソール、アプリケーションからの送信はAPI、SMTPを前提としてプログラムから利用する場合にはSMTPインターフェースを、といった使い方が考えられます。
次に送信の際に注意すべき点をいくつか紹介しましょう。

送信制限や送信結果のモニタリング

Eメールはプログラムによって自動的に送信されます。しかし、制限なしに送ってしまうと、受信者側のサービスプロバイダに悪質な送信者と判断されかねません。このため、Amazon SESには一定期間に送信できる最大の送信数を制限する仕組みが備わっています。サービスプロバイダとの信頼関係を保つためにも適正な制限のもとで送信する必要があります。

Eメール送信にあたって、確かに送信がされたのか、拒否されてしまったのか、苦情の申し立てがあったか、また開封されたのか、個人最適化されたテンプレートが正しく展開されたのかなどのイベントをAmazon SESのコンソールやAPI、またAWSのモニタリングサービスである「Amazon CloudWatch」などを使って取得可能です。メール本文に記載されたリンクのクリックを計測できるようリダイレクトリンクに変換できるので、どの受信者がどのリンクを開いたかも計測できます。

専用IPアドレスからの送信

Amazon SESではデフォルトでは共有IPアドレスから送信されますが、追加料金を支払うことで固定した専用のIPアドレスから送信することも可能になります。コンプライアンス上専用IPでの送信が求められる場合、固定された単一IPからの受信に制限されるシステムとの連携が必要な場合、連携するプログラムごとにIPアドレスを変更して評価するような場合が考えられます。

受信側のサービスプロバイダによっては、これまでやりとりしていないIPアドレスからは大量のメールを受け付けない場合があります。このため、数週間かけて送信メールの数を徐々に増やしていくなど、IPアドレスの評価を高めていく必要があります。Amazon SESでは共用IPアドレスや既にある専用IPアドレスを使って、新しく設定したIPアドレスからの送信を自動的に分散することでこれを実現します。

受取人が存在しないなどのバウンス処理

メールを送信した際、受取人が存在しない場合や、メールボックスがいっぱいで受信ができないといった内容のメールを受信したことがあると思います。このような応答は「バウンス」と呼ばれています。Amazon SESでは、バウンスが生じた場合に通知を受け取ることができます。

バウンス率が高い場合には、Amazon SESは送信先としての評価低下を防ぐために、送信停止措置を適用する必要が発生する可能性もあります。存在しない宛先に今後送信することがないように顧客リストをメンテナンスするために、メッセージングサービスの「Amazon Simple Notification Service (SNS)」や「Amazon Simple Queue Service (SQS)」と連携してバウンスを記録するシステムの構築も可能です。

バウンスが発生した場合は顧客情報をアップデートし、苦情が届いた場合は担当者にメールするようなシステムの例

Amazon SESでのEメール受信をきっかけとした処理を構築

Amazon SESは、利用者のドメイン宛のEメールを受信できるメールサーバーとしても利用できます。ただし、メール受信後にアクションを指定して実行できるようになっていますが、一般的なEメール受信用のメールボックスが用意されているわけではありません。

Amazon SESでEメールを受信したあとの処理としては、定型の自動返信や、購読申し込み・キャンセル、前述したバウンスや苦情の通知などが考えられます。また、受信者や送信元によって受信後の振る舞いを制御することもできます。各局面でのルールを設定し、Amazon SES がAmazon S3バケット、Amazon SNSトピック、AWS Lambdaのコード、Amazon WorkMailアクションと連携できるよう、各サービスへの実行権限を与えて、処理を実現していきます。

あらかじめ設定した受信ルールを評価して次のアクションにつなげることができる

Amazon SESの料金

多くのAWSサービス同様、利用に関して前払い料金、固定費、最低料金はなく、利用した分のみ課金されます。Amazon EC2インスタンスに配備したアプリケーションからのEメール送信の場合は、毎月最初の 6万2000 通は無料で送信できます。詳しくは公式ページをご覧ください。

Amazon SES 料金(AWS公式ページ)
https://aws.amazon.com/jp/ses/pricing/別ウィンドウで開きます

まとめ

Eメール配信サービスであるAmazon SESの特徴を紹介しました。Eメールの送信に際しては、受信相手と、その相手が利用しているサービスプロバイダが存在し関係します。郵便と違ってプログラムによって大量に送信できるEメールは、便利な反面、スパムや悪意のある攻撃をしてしまいやすいというデメリットもあるため、各サービスプロバイダは厳格な制限をしています。

こうした制限をクリアしつつ大量のEメール送信を行うために、オンプレミスではインフラや送信先サービスプロバイダとの信頼関係などの構築が必要になってきますが、Amazon SESはこの手間の軽減を支援します。さらに、個人に最適化した内容のメールを送信したり、受信したメールをほかのサービスと連携した処理をしたりして、企業のEメール運用を高度化したり効率化したりできます。

Eメールによって顧客接点をより強固にしたいマーケターや、Eメールによるシステムの適正運用を実現したい開発者の方は、利用を検討してみると良いでしょう。

移行準備段階で知っておくべきAmazon Web Servicesの
サービスを学び、具体的にクラウド検討を考える!

Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureの
導入支援サービスのご相談、お問い合わせをお待ちしております。

ページ上部へ戻る