電話の用語が分かる!電話辞典

電話について知っているようで、
意外と意味を迷いやすい用語も…
電話の代表的な用語の解説をまとめました。

加入電話

アナログ回線での電話サービスのこと。
通話やFAX等に利用できます。

グループダイヤリング

グループダイヤリングとは、事業所番号+内線番号の簡易なダイヤル手順で、異なる立地にある事業所間での内線通話を可能にするサービス。大きな設備投資をする必要がなく、低コストで導入できます。

クラウドPBX

クラウドPBXは、ビジネスフォンに使われており、外線電話と内線電話の通信を制御する機器、PBX(主装置)をインターネットを介して利用できるようにした仕組みです。外線からの発着信制御や内線同士の通信、ダイヤルイン、転送、代表電話番号着信などの機能を持ち、テレワークや外出先などでも活用できるようクラウド化が進んでいます。

<関連サービス>

テレワークや外出先でも活用するなら
「ひかりクラウドPBX」

ダイヤルイン

ダイヤルインとは、1本の電話回線に複数の電話番号を設定し、個別で電話を受けることができる機能。ダイヤルインを利用すれば、社員それぞれに電話を設置しても全員分の回線が必要なく、コストを抑えることができます。

チャネル

チャネルとは、最大で同時に通話する数を示す言葉。この言葉は回線数と同時通話数を区別するために作られ、1チャネルなら1回線で同時に1通話のみ、2チャネルなら1回線で2通話同時にできるといった仕組みになっています。

電報

電話回線を通じて文書を送ることができる仕組み。就任、栄転、退職、叙勲など、さまざまなシーンに合わせて、日本全国へメッセージを届けることができます。

トーキー

トーキーとは、自動音声ガイダンス。欠番トーキーは「おかけになった電話番号は現在使われておりません。」、輻輳(ふくそう)トーキーは「ただいま電話が大変混み合っております。しばらく待っておかけなおしください。」という自動音声が流れます。

ナンバーディスプレイ

ナンバーディスプレイとは、電話をかけてきた相手の電話番号を電話機などの画面に表示させるサービス。

ナンバーリクエスト

ナンバーリクエストとは、『ナンバーディスプレイ』のオプションになります。非通知で電話をかけてきた相手に、電話番号を通知してかけ直すように自動で応答する音声メッセージサービスです。また、『MOT/PBX』(スマートフォンの内線化システム)では電話番号の表示だけでなく、前回通話者などの詳細データがパソコンに表示されます。

ひかり電話・IP電話

IP電話とは、インターネットで使われている通信方式「IP」を採用したデータ通信技術に基づく電話サービスのこと。ひかり電話は、IP電話の中でも光ファイバーの回線を利用する電話になります。

ビジネスフォン

ビジネスフォンは、電話機単体のことではなく、専用の電話機とPBX(主装置)の組み合わせによる電話装置システム全体のことを指します。複数の電話回線と内線を共有・制御するPBX(主装置)と複数の電話機から構成され、数台~数百台の子機を制御できます。
内線電話や保留、転送などのさまざまな機能により業務の効率化・コストカットが期待できます。

<関連サービス>

ニューノーマルな働き方なら
「SmartNetcommunity αZX typeS,M」
大規模事業所なら
「SmartNetcommunity αA1 Professional」
中小事業所なら
「SmartNetcommunity αA1 Standard」
レンタルでお手軽に
「オフィステレフォン」

ボイスワープ

ボイスワープとは、電話がかかってきた際にあらかじめ設定しておいた電話番号に転送するサービス。即座に転送する「無条件転送」と、転送元の電話を呼び出して応答がない時だけ転送する「無応答転送」があります。また、外出先の電話機から転送の開始・停止・転送先の変更を行うことも可能です。

マルチライン

マルチラインとは、1つの端末で複数の番号を着信できるようにする機能。

ADSL

ADSLとは、一般家庭にあるアナログの電話回線を使用し、高速で大容量の情報を送受信できる通信サービス。既存の電話回線を使用することによる導入のしやすさと、定額での利用が可能なのが特徴。デメリットとして回線の上り速度(アップロード)が遅くなってしまうこと。
「Asymmetric Digital Subscriber Line」の略。
※ 「フレッツ・ADSL」のサービス提供終了に伴う新規申込受付終了についてはこちら

ISDN

ISDNとは、デジタルの電話回線を使用したインターネット通信サービス。ADSLとの違いは、アナログ回線ではなくデジタル回線を使用していること、回線速度がADSLより遅いですが安定性があります。ISDN(ディジタル通信モード)は2024年にサービス提供を終了予定。
「Integrated Services Digital Network」の略。

IVR(自動音声応答)

IVR(自動音声応答)とは、電話がかかってきた際にあらかじめ設定しておいた案内を自動音声で流す機能。主にコールセンターなどで利用されています。担当窓口への自動振り分けや不在時の対応、情報入力の促し、折り返し連絡の予約受付などさまざまな用途でご利用いただけます。
「Interactive Voice Response」の略。

PoE

PoEとは、LANケーブルを通じて電力を供給する技術。コンセントから離れた位置にある機器に電力を供給する場合に多く利用されます。屋上や天井などの電源が確保しづらい場所に設置する、防犯や監視目的のネットワークカメラにPoE技術が多く用いられています。
「Power over Ethernet」の略。

VoIP

VoIPとは、インターネット回線を利用してパケット化した音声データを送受信する技術。主に企業で使われる内線電話やIP電話、その他にLINEやSkypeにもVoIP技術が使用されています。
「Voice over Internet Protocol」の略。「Power over Ethernet」の略。
※ LINEはLINE株式会社の商標または登録商標です。
※ Skype は Microsoft グループ会社の登録商標です。

電話についてのご相談なら、まずはお気軽にお問い合わせください!

FREE!!電話の導入プランについて知りたいなら!

今すぐ資料ダウンロード

<資料の主な内容>
・従業員規模別導入プラン
(構成内容、導入ポイント、おすすめサービス)

  • ダウンロードイメージ
  • ダウンロードイメージ
↑ PAGE TOP

ページ上部へ戻る