もっと知りたい!電話関連コラム

スマホでIP電話を使う方法3選!固定電話を廃止する3つのメリットや注意点も紹介

「スマートフォンでIP電話番号を使いたい」「電話業務をスマートフォンに移行したい」という企業は多いのではないでしょうか。

近年、働き方改革の推進やテレワーク普及により「IP電話をスマートフォンで使う」ニーズが高まっています。会社の固定電話をスマートフォンに置き換えることで、オフィス外でも柔軟に対応できるからです。

そこで今回の記事では「IP電話の概要」「スマホでIP電話を使う方法」「メリット・注意点」について解説します。会社の固定電話を、スマートフォンに移行したいと考えている企業担当者の方はぜひ参考にしてみてください。

電話のことならなんでも

NTT東日本にご相談ください!

IP電話の3つの種類

イメージ:IP電話の3つの種類

IP電話は、アナログ回線ではなくインターネット用の通信回線を介して通話するサービスです。音声信号をデジタル化して通信することで、固定電話のような通話を実現できます。IP電話には、以下の3つの種類があります。

  • 0AB-J型(ひかり電話など)
  • 050番号型
  • IP電話(通話)アプリ

この章では、IP電話の3つの種類の特徴について解説します。

0AB-J型(ひかり電話など)

0AB-J型とは、03や06などから始まる10桁のIP電話番号です。IP電話を通じて0AB-J型番号を取得する場合、電話加入権の購入は必要ありません。

0AB-J型番号の代表的なものには、NTT東日本・NTT西日本が提供している「ひかり電話」や、その他光回線サービスが提供している「光電話」があります。信頼性も高く、アナログ電話と同様の高品質な通話が可能です。

050番号型

050番号型とは、050から始まる11桁のIP電話番号です。電話番号に地域情報が含まれないため、引っ越しても同じ電話番号を使い続けられます。

「同一プロバイダ利用者同士の通話が無料」という利点がありますが、フリーダイヤルや緊急電話に連絡できないことや、通話品質が不安定といったデメリットがあります。

IP電話(通話)アプリ

IP電話(通話)アプリとは、インターネット上の仲介サーバーを経由して、データ化した音声を送り合う仕組みです。アプリをダウンロードすれば手軽に無料で利用できるため、近年急速に普及しています。

回線の状況によって通話品質が左右されることや、固定電話番号と通話できないデメリットがあります。番号が付与されるものもありますが、LINEなどの番号不要型サービスもあるため、使う前に確認をすると良いでしょう。

  • LINEはLINEヤフー株式会社の商標登録または商標です。

スマホでIP電話を使う3つの方法

イメージ:スマホでIP電話を使う3つの方法

スマホでIP電話を使う場合、市外局番で始まる固定電話番号を使いたい方が多いでしょう。スマホでIP電話を使う際に、固定電話番号を取得する方法は以下のとおりです。

  • 固定電話番号取得サービス
  • クラウドPBX
  • ひかり電話

代表電話を固定電話番号にすることで、電話をかけるお客さまが安心できる場合などもあり、ビジネスシーンにおいて好まれます。この章で、スマホでも固定電話番号を利用する方法を確認してください。

固定電話番号取得サービス

固定電話番号取得サービスは、スマホのアプリで利用できるサービスです。販売会社によって、市外局番番号を取得できる都市が異なりますが、ほとんどは東京・大阪・福岡などの主要都市です。取得できる都市以外は、050番号での契約になるため注意が必要です。

サービスによっては、複数端末での共有・転送・内線通話といった、オフィスの固定電話同様の使い方ができます。

クラウドPBX

クラウドPBXは、インターネットを利用したクラウド型のビジネスフォンサービスです。PBXは「Private Branch eXchange」の略であり「構内電話交換機」を指します。

初期費用を抑えられるだけでなく、専用アプリをインストールすることで、スマホでも固定電話番号を取得できます。通信環境によって通話品質が悪くなったり、販売業者によっては110番や119番など緊急時の番号が使えなかったりする点に注意が必要です。

ひかり電話

NTT東日本・NTT西日本のひかり電話でも、固定電話番号が取得できます。ひかり電話は、光回線を利用しているため、通常のIP電話よりも通信速度や安定性が優れています。

固定電話並みの品質が確保されているだけでなく、110番や119番など緊急電話番号やフリーダイヤルへの発信ができることや、プランによってはオプションサービスが充実していることもメリットです。

電話番号を変えずに利用することができますが、引っ越す場合などは変わる可能性があるため注意しましょう。

スマホでIP電話を使うメリット3選

イメージ:スマホでIP電話を使うメリット3選

スマホでIP電話を使うメリットは、以下のとおりです。

  • 取次ぎの負担が軽減できる
  • 組織・レイアウト変更に柔軟に対応できる
  • 導入コストが抑えられる

スマホでIP電話を使うことができれば、会社に固定電話を置く必要がありません。そのため、固定電話に係る負担やコストを軽減できる。この章で、スマホでIP電話を使うメリットを詳しく理解しましょう。

取次ぎの負担が軽減できる

スマホでIP電話を使うことで、電話の取次対応を軽減できます。リモートワークが普及している昨今、オフィスの固定電話での取次ぎがうまくいかず、困っている企業は多いです。

担当者がリモートワークをしている場合、出社している従業員が代わりに対応したり、携帯に転送し特定社員が対応したりと、電話対応の負担に偏りが出ます。固定電話をスマホに移行すれば、リモートワークをしている従業員も電話対応ができます。

また、複数の番号を発行できるプランもあり、用途ごとに電話番号を使い分けられるのもメリットです。

組織・レイアウト変更に柔軟に対応できる

スマホでIP電話を使えれば、オフィスの座席構成を柔軟に変更できます。オフィスに固定電話を置かないことで、電話線の配線が不要になるからです。

オフィスのレイアウト変更する際などの、配線工事にかかる費用の削減もできます。固定座席を廃止し、出社した社員が自由な場所で仕事をする「フリーアドレス」への移行も容易です。

導入コストが抑えられる

スマホでIP電話を使うと機器や配線の設置が不要となり、導入コストが安く抑えられます。また、社員のスマホやパソコンを通信端末として使用できるため、電話機の購入が不要です。

スマホでIP電話を使う際の3つの注意点

イメージ:スマホでIP電話を使う際の3つの注意点

スマホでIP電話を使う際の注意点は、以下のとおりです。

  • 発信できない番号がある
  • 市外局番の取得には住所が必要
  • 通信環境によって回線の安定度が変わる

この章でスマホでIP電話を使う際の注意点を知り、対策を講じましょう。

発信できない番号がある

一部のIP電話では、以下の電話番号に発信できません。

  • フリーダイヤル(0120)
  • 特殊番号(0570・0990など)
  • 緊急通報(110・119・118など)

フリーダイヤルとは、0120で始まる番号であり、通話料を着信側が負担する仕組みの番号です。IP電話から「フリーダイヤル」「特殊番号」に電話をかける場合、フリーアクセスや別途設定してある市外局番に発信する必要があります。

また、050IP電話やクラウドPBXからだと、110番や119番といった緊急通報ができません。発信者の位置情報を通知する機能がないからです。その場合は、最寄りの警察署や消防署などの電話番号を事前に登録し、直接電話をかけるというような対策が必要です。

市外局番の取得には住所が必要

市外局番から始まる固定電話番号を取得するには、該当エリアの住所からの申し込みが必要です。03や06から始まる市外局番は、普通の固定電話と同じく収容局エリアごとに電話番号が代わります。

引っ越しても、同じエリア内であれば電話番号を変える必要がありませんが、市外局番が違う地域の場合は変更となります。

また、IP電話で利用できる市外局番は、全国対応しているわけではありません。利用できる市外局番のほとんどが主要都市に限られているため、対象外地域の企業は050番号です。

通信環境によって回線の安定度が変わる

IP電話はインターネット回線を利用するため、周りのインターネット環境に左右されてしまいます。

ただし同じIP電話でも、通話品質Aランクの「ひかり電話」であれば、安定した通話品質が期待できます。総務省は、電話音声品質によってIP電話事業者をA・B・Cのランクに分けているため、通話品質の安定性を重視したい場合は、ランクの高い事業者と契約すると良いでしょう。

スマホでIP電話を使いたい企業はNTT東日本へご相談ください

イメージ:スマホでIP電話を使いたい企業はNTT東日本へご相談ください

フレッツ光ネクストを利用した、NTT東日本「ひかり電話オフィスA(エース)」であれば、電話番号・通話品質を変えずに、IP電話をスマホで使うことが可能です。

フレッツ光の月額利用料に加えて、基本料金が1,210円からであり、通話料金プランを利用状況に合わせて柔軟に選べます。さらに「ひかりクラウドPBX」と連携することで、スマートフォンからの代表番号発着信や、内線通話が可能になります。

フレッツ光ネクストを契約している方・契約を検討している方は、ひかり電話オフィスA(エース)の加入も検討してみてください。

「ひかり電話オフィスA(エース)」の詳細はこちら

まとめ

イメージ:まとめ

IP電話は、インターネット通信技術を利用して通話を行うサービスです。昨今の働き方改革により、固定電話の代わりにスマホでIP電話を使う企業が増えています。IP電話をスマホで使うと、以下のメリットがあります。

  • 取次ぎの負担が軽減できる
  • 組織・レイアウト変更に柔軟に対応できる
  • 導入コストが抑えられる

固定電話をスマホに移行したい企業は、IP電話を使う際の注意点も知ることで、自社に合った方法を選択してください。

電話についてのご相談なら、まずはお気軽にお問い合わせください!

FREE!!電話の導入プランについて知りたいなら!

今すぐ資料ダウンロード

<資料の主な内容>
・従業員規模別導入プラン
(構成内容、導入ポイント、おすすめサービス)

  • ダウンロードイメージ
  • ダウンロードイメージ