「クラウド」が「ビジネス」を変える

SERVICE
提供メニュー

Amazon Web Services(AWS)は、米国その他の諸国における、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
Microsoft Azureは、米国Microsoft Corporationおよびその関連会社の商標です。
本サービスは、当社が、Amazon Web Services,Inc.又はその関連会社が提供する各種サービスのうち当社がアマゾンにより契約者への再販を許可されたサービス及び当該サービスに附帯するサポートサービスを提供するものです。
本サービスは、日本マイクロソフト株式会社が提供するMicrosoft Azureのリセール(お客さまはAzureサービスの利用に関するマイクロソフトクラウド契約をあわせて締結したこととなります。)及び当該サービスに附帯するサポートサービスを提供するものです。

POINT
選ばれる理由

01
APN AWS Top EngineerとAWS認定有資格者(APN Certification Distinction 500)が御社のビジネスの成功をリード

有資格者がクラウド移行からAI活用まで、社会環境の変化に応じた業務改革や事業改革によるビジネスの成功をリードします。

02
150を超えるお客様のクラウド導入実績や
当社12のサービスに基づくコンサルティング

実際の活用成功事例と得られたノウハウをもとにしたクラウド活用コンサルティングにより、ビジネスの成功をリードします。

03
あなたの幅広い領域のご相談にどこまでも

各県域の身近な担当者が、LAN・WAN・AWSやMicrosoft Azureのさまざまな課題に関して、クラウド移行・導入から運用まで対応いたします。

SOLUTION
こんなお悩みや課題はありませんか?

働き方改革
いつでもどこでもセキュアに社内ネットワークに接続して働ける環境を作りたい。機密情報や個人情報をパソコンに保存せず必要な時にアクセスできるようにしたい。
経営層・総務部門
BCP(事業継続計画)
災害時でもできるだけ業務や事業を継続したい。不意の停電でもデータにアクセスできるようにしたい。
経営層
情報セキュリティ
サーバーの情報セキュリティ対策を担保するのが大変。手間をかけることなく常に最新の情報セキュリティ環境を手に入れたい。
経営層
見えないコスト
ビルの法定点検のたびにシステムの停止や再起動などのために休日出勤や深夜対応などの人件費がかかる。
情報システム部門
見えないコスト
サーバーを増やしたいけれどもこれ以上サーバー室に場所を確保できない。
総務部門・情報システム部門
見えないコスト
サーバーの資産管理が大変。
財務部門
ビジネスの俊敏性
新規ビジネスの立ち上げにシステムの準備が間に合わない。
事業部門
期間限定のシステム
イベントなどで、期間限定で使えるシステム環境がほしい。
事業部門
運用体制の不安
システムの24時間365日監視ができない。障害時の駆けつけが大変。
情報システム部門

DOWNLOAD
課題解決に役立つダウンロード資料

CASE STUDY
ユーザー事例紹介

PARTNER
ビジネスパートナー

掲載は順不同(2021年11月時点)

COLUMN
クラウドサービスのあれこれ

Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureの
導入支援サービスのご相談、お問い合わせをお待ちしております。

ページ上部へ戻る