ストレージ導入お役立ちコラム

NASの仕組みとは? 選び方やHDDとの違いもわかりやすく紹介

NASはデータ保存、共有の手段として安価に導入できます。データ容量、RAID、リモートアクセスの可否などの機能について比較を行い、自社のニーズに合ったNASを選ぶことが重要です。近年、クラウドストレージの導入も増加していますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。NASの仕組みから選び方、その他の手法と比べた場合の違いについて解説します。

NASとは

NAS(ナス)はNetwork Attached Storageの略称です。記憶装置がネットワーク上に接続されています。利用者はネットワークを介して記憶装置からデータの保存や読み込みが行えます。

①DAS(HDD)との違い

記憶装置にネットワークを介さず、サーバーやコンピュータを直接繋げる方式はDASと呼ばれます。DASはDistributed Attached Storageの略称です。DASはスキルを必要とせず容易に導入できます。

一方ネットワークを通じたストレージの共有がされないことから、効率的な運用が困難です。また記憶装置とコンピュータが1対1の関係であるため、複数台のコンピュータでは繋ぎ換えの手間が発生します。

関連リンク:バックアップもらくらく! 簡単セキュアなクラウドストレージ「コワークストレージ」
https://business.ntt-east.co.jp/content/coworkstorage/

②ファイルサーバーとの違い

広義の意味でNASはファイルサーバーの一つとされます。ファイルサーバーを導入するにはサーバー上でOSの設定、構築が必要です。そのためNASに比べて導入コストが高くなります。一方でファイルサーバーはストレージの増設や、細かなアクセス管理など、柔軟な運用に向いています。

③NASの一般的な使い方

企業活動の多くでデジタル化が進んだことでNASやファイルサーバーの重要性が年々高まっています。NASを利用することで企業内において、常に最新の情報を従業員間で共有できるのです。このようなNASの代表的な使い方について紹介します。

(1)バックアップ

NASはファイルサーバーと比べて、少人数間での情報共有や管理・運用の手間が少ないデータ保存に適しています。たとえば、スマートフォンやサーバー上にあるデータの定期的なバックアップが代表例です。

バックアップデータはデータを取得・閲覧する頻度が限られます。そのためサーバー管理者は費用面を優先して、バックアップデータの保存先としてNASを導入します。

(2)ファイル共有

NASを利用することで、組織内で業務に利用するファイルを共有できます。またVPNなどの設定を行えば、社外からのアクセスを一部許可することも可能です。短期間かつ小規模なプロジェクトで、安全性を担保してファイル共有を行いたい場合など、NASは有効な手段となります。

NASの仕組み

NASの仕組みをハードウェア、ソフトウェアそれぞれの側面から紹介します。

①ハードウェア(HDD/CPU)

NASはキーボードやディスプレイがなくても動作するように設計されています。コアとなるハードウェアはHDD(ハードディスク)とCPUの2つです。NASの性能はこの2つのハードウェアによって決まり、データの保存容量やアクセス速度に大きな違いがあります。ハイエンドのNASには災害時を想定して複数電源・冷却ファンを備えたモデルもあります。

②ソフトウェア

NASのソフトウェアはハードウェアに組み込まれたOS上で動作するため、機能が非常に限定的です。NASのソフトウェアはFTP、SMB、AFPなど、ファイル共有を行うためのネットワークプロトコルに対応しています。近年ではTCP/IPを用いてインターネット経由でアクセスできるNAS、動的なウイルス検知機能を持ったNASなども登場しています。

NASの選び方

NASを導入する上で検討するべき、5つの要素について紹介します。

①ディスク容量

NASを検討する上でまず一番に確認するのがデータ容量です。HDDでは1000Byte=1KByteとして計算されるため、Windowsと表示が異なる点に注意が必要です。

一般にNASは利用するデータの2〜3倍が目安とされています。容量を増やしたい場合に後からHDDの取り替えもできますが、HDDの取り替え作業はデータコピーで数時間におよびます。運用の手間を考慮して、導入時には容量に余裕のあるNASを選択しましょう。

②RAID

RAIDはRedundant Arrays of Inexpensive Disksの略称で、複数台のHDDを一つのHDDとして仮想的に構築して冗長性を向上させる技術です。RAIDではデータを複数のHDDに分散して書き込むことで、故障リスクを低減します。末尾に番号が振られており、番号が上がるごとに高性能の機能が付与されます。

(1)RAID0

RAID0はデータを分割して、複数のHDDにデータを保存する方式です。RAIDが付帯しないNASに比べて、データへの高速アクセスが実現します。一方のHDDが故障するとNAS自体が利用不能になるなど、冗長性・耐障害性がないことから無を意味する0が付されています。

(2)RAID1

RAID1は複数のHDDに同一のデータを書き込む方式(ミラーリング)が採用されています。一方のHDDが故障しても、片方が運用できることから耐障害性に優れます。一方でアクセス速度の低下や容量効率の悪化がデメリットです。

(3)RAID10(RAID01)

RAID10(RAID01)はRAID0とRAID1を組み合わせた方式で、速度、容量、耐障害性すべてに優れています。構成には最低4台以上のHDDが必要です。RAID0とRAID1、どちらを優先して利用するかで呼び名が変わります。一般的にRAID10の方が耐障害性などの面でRAID01より優れています。

③リモートアクセス

NASにはインターネット経由で外出先からアクセスできる機能があります。リモートアクセスができることで、リモートワークや外出先からのデータバックアップなど、業務効率が高くなります。一方でリモートアクセスが行えることで、情報漏えいリスクも同時に高まってしまうため、セキュリティ対策に注意が必要です。

④ユーザー管理機能

NASのユーザー管理機能はフォルダごとに、管理者と利用者などのアクセス権限を割り当てられます。小規模な事業者であれば、退職者の削除などの手間もそれほどかかりません。しかし数百人〜数千人が共有するNASの場合、複雑な管理を求められます。ユーザーの検索機能の有無や、管理画面の見やすさなどに注意してNASの比較をしましょう。

⑤OS(Linux/Windows)

NASはメーカーごとに利用しているOSがさまざまです。Windows Storage ServerやLinuxが代表的なOSです。Windows Storage Serverはユーザー管理にActive Directoryを使えます。

Windowsで構成されるネットワークにおいて、Active Directoryは大規模なデータやユーザー管理を柔軟に行えるサービスです。Windowsのライセンスが必要なことから、デメリットとしてコストが嵩みます。

一方でLinuxはWindowsに比べて導入費用が安価です。Windowsだけでなく、Macとの接続も容易に行えます。しかし多人数向けの機能が十分でないことも多く、小規模かつ導入コストを抑えたい場合オススメのOSです。

NAS導入の流れ

NASはファイルサーバーに比べて導入しやすい点が特徴です。ここではNAS導入の基本的な流れを紹介します。

①ハードウェアの購入・設置

NASの導入にはハードウェアとしてNAS、ネットワークケーブル、ルーターが最低限必要になります。NASとHDDが分かれている場合は、HDDの購入も必要です。

前述したようなポイントを押さえつつ、企業内で必要なNASの要件を整理してハードウェアの購入を進めましょう。ハードウェアの調達ができたら社内のサーバールームなど設置場所を確認し、社内ネットワークからNASへの接続設定を開始します。

②NASの初期設定

NASの初期設定は非常にシンプルです。

(1)管理ソフトウェアのインストール

NASの管理は、ネットワーク越しに手元のコンピュータから行えます。インターネット上でメーカーから管理用のソフトウェアが配布されています。利用しているデバイスに合わせたソフトウェアのインストールを行いましょう。

(2)NASへの接続とユーザーの作成

ソフトウェアのインストールが完了したら、ネットワーク越しにNASに接続します。接続が確認されたら管理者のユーザー名とパスワードの設定を行います。その次に必要なユーザーアカウントの作成ができたら初期設定は完了です。メーカーごとに流れは異なりますが、初期設定は1時間程度で完了です。

③ネットワーク設定

初期設定が完了したら、ネットワーク上からNASにアクセスするためにIPアドレスの付与を行います。管理者以外の従業員には個別にユーザー名とパスワードを発行し、NASへのアクセス権限を都度付与していきます。リモートアクセスを行う場合には、ルーターとVPNの設定を行うことで設定が完了です。従業員はVPNを接続するだけで、社外からもNASにアクセス可能になります。

④セキュリティ設定

NASの代表的なセキュリティリスクには脆弱性、マルウェア感染、情報漏えいの3つがあげられます。NASに顧客や財務情報など企業の重要情報が保存されている場合、情報漏えいは企業の信頼を大きく損ないます。

具体的なセキュリティ対策としては、NASのソフトウェアに対する修正プログラムの適用、マルウェア対策としてファイアウォールやウイルス対策ソフトの導入、従業員別にアクセスできる情報の制御や、ログ取得を行う方法が考えられます。

NASとクラウドストレージどちらがいい?

NASとクラウドストレージはデータ保存という点で共通の機能を持ちます。一方、運用を考慮すると管理コストや費用に大きな違いがあります。

NASはハードウェアを購入するため、設置場所や定期的なメンテナンスが必要です。クラウドストレージであれば、サービス契約をするだけでハードウェアの管理コストがかかりません。

容量当たりの費用については、NASの方が安く抑えられます。クラウドストレージは月額での契約形態が多く、長期保存ではNASにメリットがあります。

災害などによるデータ消失を考えると、NASよりもクラウドストレージの方が安全です。サービス提供企業にもよりますが、クラウドストレージではディザスタリカバリが用意されており、被災時のデータ消失を避ける仕組みが構築されています。

このようにNASとクラウドストレージでそれぞれメリット・デメリットがあります。企業のニーズに合わせてNASとクラウドストレージの使い分けを検討しましょう。

関連記事

まとめ:柔軟なファイルサーバー利用にはコワークストレージがおすすめ

バックアップもらくらく!

NTT東日本が提供するコワークストレージは協業やクラウドシフトが進む企業向けの、データ共有ソリューションです。ファイルサーバーの操作性や堅牢性を維持しつつ、テレワークや協業の効率的な推進を実現します。

コワークストレージであれば、ネットワークやファイルサーバーの不具合対応をサービス運営者が行います。NASでは機器の設定やメンテナンスが必要なため、担当者が必要です。もし企業内でシステム管理者が不在で、データ保存と共有を実現したい場合、コワークストレージが一つの手段としてオススメです。

関連リンク:簡単セキュアなクラウドストレージ「コワークストレージ」
https://business.ntt-east.co.jp/content/coworkstorage/

[コワークストレージ」の資料を今すぐチェック

今すぐコワークストレージを無料で体験しましょう!

有料プランは月額¥2,750(100GB / 5ID)からご利用いただけます。

NTT東日本の経験豊富な専任スタッフがわかりやすくお答えします

お問い合わせはこちらから

料金詳細や導入にあたっての疑問など、いつでもお気軽にご相談ください!

ページ上部へ戻る