NTT東日本の電子カルテ
「Bizひかりクラウド Future Clinic 21 ワープ (FC21ワープ)」
(診療所さま向け)

新規開業の方へ
新規開業おめでとうございます。
これからは患者さまとのコミュニケーションが何よりも大切。
NTT東日本の電子カルテ(FC21ワープ)は、
“向き合う医療”をしっかりとサポートします。

  • 新規開業の方へ
  • 紙カルテをご利用中の方へ
  • 電子カルテをご利用中の方へ
  • 新規開業の方へ
NTT東日本電子カルテ(FC21ワープ) 内科・外科・耳鼻咽喉科・皮膚科・眼科の成功導入事例PDF差し上げます!

あなたの診療に役立つ電子カルテのポイントをわかりやすく紹介します。
新しい電子カルテ選びのヒントにご活用ください。

  • Point1地域で愛される診療所になるため、
    “患者さまとの距離感”が大切。

    カルテの記入に追われて、手元やパソコンの画面に集中してしまった経験はありませんか?

    NTT東日本の電子カルテ(FC21ワープ)は、両手をキーボードに置く必要のない、タッチペン式の直感的な操作で、患者さまから目を話さない、向き合った診療をサポートします。

    ※キーボードでの文字入力・マウス操作も可能。

  • Point2患者さまのことを
    “知っている“ことの大切さ。


    ※画面はイメージです

    過去の検査結果やこれまでの処方内容をすぐに確認し、患者さまと対話することが大切です。

    NTT東日本の電子カルテ(FC21ワープ)は、過去の全診療データをタイムラインで把握できるので、患者さまとの対話をスムーズに始められます。

  • Point3“待ち時間”も
    診療所が選ばれる基準の1つ。

    紙カルテを探す時間、診療後の会計計算や処方箋作成などのパソコン操作を伴う作業時間、シェーマを書く時間などの効率化をサポートするNTT東日本の電子カルテ(FC21ワープ)。

    より多くの患者さまに、お待たせすることなく対応し、少しでも長く患者さまとの対話に時間を使えるようにお手伝いします。

  • Point4スペースの有効活用も
    腕の見せ所。

    紙カルテであれば保管棚が、電子カルテでもサーバー設置型であればサーバー保管場所が必要です。NTT東日本の電子カルテ(FC21ワープ)はクラウド型なので、データ保管の必要スペースは、データ保存装置の分だけ。その他の院内スペースを有効活用が期待できます。

  • Point5「データ=財産」の
    管理も重要です。

    患者さまの診療データは診療所にとって重要な財産です。NTT東日本の電子カルテ(FC21ワープ)はクラウド型。データセンターと院内のデータ保存装置の両方に診療データが保存されるので、診療所で停電や漏電、災害、機器トラブルが起こっても、診療データの復元の一助となります。

  • Point6日本医師会の標準レセプトソフト
    (ORCA)連携だから安心。

    NTT東日本の電子カルテ(FC21ワープ)は、医標のICT化を推進するために日本医師会が開発・提供している日医標準レセプトソフト(ORCA)と連携できます。

    オープンソースの標準化コードに対応することで将来的なデータ活用や多様なシステムとの連携など、高い発展性も期待できます。

NTT東日本電子カルテ(FC21ワープ) 内科・外科・耳鼻咽喉科・皮膚科・眼科の成功導入事例PDF差し上げます!

日本の診療事情に適した、NTT東日本の電子カルテ
「Bizひかりクラウド Future Clinic 21 ワープ (FC21ワープ)」

ペン操作と手書き入力のシンプルな操作で、診察をサポートします。診療データは、データセンターと院内のデータ保存装置の両方に保存され、災害時などにおける危機管理の手段にもなります。

日本の診療事情に適した、NTT東日本の電子カルテ
「Bizひかりクラウド Future Clinic 21 ワープ (FC21ワープ)」

ペン操作と手書き入力のシンプルな操作で、診察をサポートします。診療データは、データセンターと院内のデータ保存装置の両方に保存され、災害時などにおける危機管理の手段にもなります。

デモ依頼・お問い合わせはこちら
デモ依頼・お問い合わせフォーム

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

ページ上部へ戻る