NTT東日本の電子カルテ
「Bizひかりクラウド Future Clinic 21 ワープ (FC21ワープ)」
(診療所さま向け)

受付から診断、処置、処方まで、
診療業務の全フローを
トータルにサポートする充実した機能。
使い勝手に合わせてカスタマイズも可能。

NTT東日本電子カルテ(FC21ワープ) 内科・外科・耳鼻咽喉科・皮膚科・眼科の成功導入事例PDF差し上げます!

機能一覧

機能名をクリックすると、説明画面にスクロールします。

Point!はFC21ワープの特徴となっているおすすめの機能です。

※画面は全てイメージです。

  • 新患登録受付 ORCA連携

    日医標準レセプトソフト(ORCA)との連携機能を標準搭載しています。入力した患者基本情報や電子カルテで入力した診療情報を相互に連携することで、事務処理などの業務を効率化でき、患者さまの待ち時間短縮につながります。

  • 受付 受付・患者一覧表示

    受診受付した患者さまを一覧表示する「受付リスト」と、受診受付に関係なく患者さまを一覧表示する「フリーリスト」の2種類の表示が可能です。院内の全端末から確認することができ、患者さまごとにメモを記入したり、複数の付箋を貼り付けたりすることができるのでスタッフ間のコミュニケーションツールとしても便利です。リストは複数作成することができ、たとえば複数の診療科がある場合でも区別することができます。「受付済み」「検査中」「終了」など診療の進捗状況に応じてフィルタリング表示することもできます。

    拡大する
    画面はイメージです

  • 診療開始 付箋機能

    拡大する
    画面はイメージです

    紙カルテに付箋紙を貼るような感覚でメモを作成することができます。受付・患者一覧表示画面でもカルテ画面でも表示することができます。付箋色の種類が多いので、検査情報は黄色、禁忌やアレルギー情報は赤色と言ったように、スタッフ別や情報別に多種多様な使い方ができます。

  • 診療開始 カルテ画面表示

    拡大する
    画面はイメージです

    受付・患者一覧表示画面から患者さまを選択してカルテ画面を開きます。左右二画面のシンプルな構成となっており、各画面の幅や高さなどのレイアウトはカスタマイズすることができます。

  • 診療開始 過去カルテ参照編集機能

    スクロールで過去のカルテを日めくりで簡単に閲覧することがきます。カレンダーから日付を選択して表示することもできます。過去カルテをフィルタリングして表示することも可能です。過去カルテから本日のカルテへの複写も簡単にできます。

    拡大する
    画面はイメージです

  • ページTOPへ
  • 診療開始 タイムライン機能

    画面はイメージです

    患者さまの既往歴や過去の処方内容、検査結果など全ての診療内容を一覧で表示することが可能です。いつ、どの治療により、検査値がどのように変化したかが分かるので、蓄積された診療データが診療をサポートしてくれます。管理したい項目だけを見やすく並び替えることもでき、保存しておけば他の患者さまのカルテにも適用可能です。

    拡大する 拡大する 拡大する
  • 所見 手書き入力機能

    拡大する
    画面はイメージです

    手書き入力により自由に記載することができます。キーボード入力も可能です。

    スタンプ機能

    利用頻度の高い用語やシェーマをスタンプとして登録することで入力時間の短縮につながります。患者さま用の説明資料などをスタンプ登録すれば患者さまに画面を見せながら説明することも可能です。診療に合わせたスタンプを簡単に追加しカスタマイズできます。

  • 所見 画像取込機能

    拡大する
    画面はイメージです

    CRやデジタルカメラ、スキャナから画像を取り込むことができます。取り込んだ画像に手書き入力することもできます。

  • 所見 家族検索機能

    患者さまのカルテ画面からご家族のカルテを簡単に呼び出すことができます。例えば子どもの診療に付き添って来た両親や祖父母の診察を行う場合に便利です。

  • 所見 成長曲線

    拡大する
    画面はイメージです

    患者さまの身長・体重・頭囲・胸囲をグラフ形式で確認することができます。

  • ページTOPへ
  • 検査 検査結果データファイル取込機能

    外注検査会社から提供される検査結果データファイルを取り込むことで、自動でカルテへ検査結果を記録できます。また、検査値と基準値を比較して、正常値・異常値を常に表示することもできます。
    ※検査会社によってはデータ変換などの調整が必要な場合もございます。

  • 検査 検査結果時系列表示

    拡大する
    画面はイメージです

    検査結果を時系列で一覧表示することができます。印刷して患者さまにお渡しすることも可能です。

  • 処置・処方・診断 パレット入力・カスタマイズ機能

    拡大する
    画面はイメージです

    検査・処置・処方・診断名などをボタンとしてパレットに登録・編集できるため、頻度の高い内容などを登録すれば、ボタンをタッチするだけで、素早くカルテに入力することができます。また、項目の並び替えやよく実施する診断行為のグループ化なども自由自在に登録できます。

  • 処置・処方・診断 スーパーセット

    拡大する
    画面はイメージです

    一つのボタンに検査・処置・処方・診断名などの複数のパレットをまとめて登録できるので、インフルエンザや花粉症など決まった治療を行う場合にワンタッチで一連の処理をすることが可能です。

  • 処置・処方・診断 用法用量自動表示機能

    体重や年齢に応じた薬剤の用法や用量をワンタッチで表示。用法の確認や用量・力価計算が不要です。
    ※事前に薬剤ごとに、体重や年齢に応じた用法・用量を登録する必要があります。

    拡大する
    画面はイメージです

  • 処置・処方・診断 文書作成機能

    拡大する
    画面はイメージです

    あらかじめ登録しておいた紹介状や登校許可証などさまざまな文書のテンプレートを活用することで、簡単に文書を作成することができます。

  • ページTOPへ
  • 会計処理・収納 会計送信

    ワンタッチで日医標準レセプトソフト(ORCA)に診療情報を送信することができます。
    改めて入力する必要が無く、伝達ミスの発生を大幅に軽減できます。

  • その他 往診機能

    拡大する

    往診先でも院内と同じ画面でカルテ入力することができます。往診後、端末を院内ネットワークに接続することで、往診先で入力したカルテデータをシステムへアップロードすることができます。

    ※専用アプリをインストールしたタブレットなどのデータ保存領域を持つ端末が必要です。

  • その他 汎用データ出力機能

    診療記録を二号用紙イメージで一括印刷できるため、個別指導時のカルテ提出にご利用できます。また「厚生労働省電子的診療情報交換推進事業」により定められた標準的な医療情報の交換(流通)方式であるSS-MIX2形式のデータ出力にも対応しています。

  • その他 二重データバックアップ機能

    カルテデータを院内とデータセンターの二箇所で保管することが可能です。

  • その他 アプリケーションソフトおよびマスターデータ更新機能

    ネットワークを経由して、電子カルテのアプリケーションソフトや薬剤・検査などのマスターデータが更新されます。更新があると、電子カルテを起動する際に自動的に端末へインストールされますので、アプリケーションソフトやマスターデータ更新の手間がかかりません。

  • その他 ポータルサービス機能

    拡大する
    画面はイメージです

    NTT東日本からのお知らせの確認や、契約情報、施設情報、利用ユーザ情報の登録・管理、NTT東日本への問い合わせなどが行えます。また、各操作マニュアルなどをダウンロードすることができ、よくある質問と、その回答も参照できます。

  • その他 外部システム連携

    外部システム連携用に複数のインターフェイスが用意されており、予約システムや画像ファイリングシステムなど、さまざまなアプリケーションと連携することが可能です。
    ※外部システムとの連携や、連携可能なシステムについてご検討の際は、別途ご相談ください。

  • その他 その他主要機能一覧

    ●オフライン編集機能 ●患者基本情報参照機能 ●処方箋の一般名処方対応機能 ●患者登録機能
    ●サマリ作成機能 ●アラート機能 ●予約管理機能 ●未来オーダー

    ※詳しくはお問い合わせください。

NTT東日本電子カルテ(FC21ワープ) 内科・外科・耳鼻咽喉科・皮膚科・眼科の成功導入事例PDF差し上げます!

日本の診療事情に適した、NTT東日本の電子カルテ
「Bizひかりクラウド Future Clinic 21 ワープ (FC21ワープ)」

ペン操作と手書き入力のシンプルな操作で、診察をサポートします。診療データは、データセンターと院内のデータ保存装置の両方に保存され、災害時などにおける危機管理の手段にもなります。

日本の診療事情に適した、NTT東日本の電子カルテ
「Bizひかりクラウド Future Clinic 21 ワープ (FC21ワープ)」

ペン操作と手書き入力のシンプルな操作で、診察をサポートします。診療データは、データセンターと院内のデータ保存装置の両方に保存され、災害時などにおける危機管理の手段にもなります。

デモ依頼・お問い合わせはこちら
デモ依頼・お問い合わせフォーム

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

ページ上部へ戻る