NTT東日本の電子カルテ
「Bizひかりクラウド Future Clinic 21 ワープ (FC21ワープ)」
(診療所さま向け)

電子カルテをご利用中の方へ
現在お使いの電子カルテに、満足されていますか?
直感的な操作性と充実の機能と安心を備えた
NTT東日本の電子カルテ(FC21ワープ)を
ご提案します。

  • 新規開業の方へ
  • 紙カルテをご利用中の方へ
  • 電子カルテをご利用中の方へ
  • 新規開業の方へ
NTT東日本電子カルテ(FC21ワープ) 内科・外科・耳鼻咽喉科・皮膚科・眼科の成功導入事例PDF差し上げます!

あなたの診療に役立つ電子カルテのポイントをわかりやすく紹介します。
新しい電子カルテ選びのヒントにご活用ください。

  • Point1パソコン操作に集中して患者さんの方を
    向けないジレンマはないですか?

    両手がキーボードに置かれ、体がパソコンに向いてしまい、患者さんと対面しづらいと感じることはありませんか。

    NTT東日本の電子カルテ(FC21ワープ)はタッチペン式なので、紙カルテのように直感的に操作でき、患者さんに寄り添った診療をお手伝いします。

    ※キーボードでの文字入力・マウス操作も可能。

  • Point2自分の使い勝手に合わせて
    カスタマイズしたくなりませんか?

    診察方法や治療方針は医師によって違うもの。NTT東日本の電子カルテ(FC21ワープ)は自分で書いたシェーマのスタンプを追加できたり、レイアウトを変更できたりと、思った時にすぐご自身でカスタマイズが可能です。

  • Point3デジタルデータなのに、ひとつひとつ
    過去のカルテを見返していませんか?

    NTT東日本の電子カルテ(FC21ワープ)は、タイムラインに過去の検査結果と処方の“相関”関係を一覧表示。

    いつ、どの治療で、どう結果が変化したか分かるので、蓄積されたデータが今の診療をサポートしてくれます。

  • Point4災害リスクに加えて、スペース面、
    メンテナンス面での負担はないですか?

    院内にサーバーを置く場合、地震や火事などの災害でサーバーごと失ってしまうリスクもあります。

    大切な患者さんの診療データだからこそ、災害やパソコンの故障などが起きてもデータセンターと院内のデータ保存装置の両方に保存された診療データから復元できる、安心なクラウド型電子カルテをお勧めします。

  • Point5もし、ご利用中の電子カルテの
    サポートが切れたら?

    異なる電子カルテ同士は互換性が無いこともあります。万が一電子カルテを導入した会社がサポートを終了してしまったら、診療データの移行に頭を悩ます事となります。

    NTT東日本の電子カルテ(FC21ワープ)は日本医師会が提供する日医標準レセプトソフト(ORCA)と連携でき、オープンソースの標準化コードに対応しています。

    またNTT東日本は医療業界全体を見据えた柔軟な開発体制を備えているので、将来にわたり安心してお使いいただけます。





NTT東日本電子カルテ(FC21ワープ) 内科・外科・耳鼻咽喉科・皮膚科・眼科の成功導入事例PDF差し上げます!

日本の診療事情に適した、NTT東日本の電子カルテ
「Bizひかりクラウド Future Clinic 21 ワープ (FC21ワープ)」

ペン操作と手書き入力のシンプルな操作で、診察をサポートします。診療データは、データセンターと院内のデータ保存装置の両方に保存され、災害時などにおける危機管理の手段にもなります。

日本の診療事情に適した、NTT東日本の電子カルテ
「Bizひかりクラウド Future Clinic 21 ワープ (FC21ワープ)」

ペン操作と手書き入力のシンプルな操作で、診察をサポートします。診療データは、データセンターと院内のデータ保存装置の両方に保存され、災害時などにおける危機管理の手段にもなります。

デモ依頼・お問い合わせはこちら
デモ依頼・お問い合わせフォーム

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

ページ上部へ戻る