少人数学級のよさを生かした
授業の実践で生徒のやる気を
引き出す

適用業界・ビジネス分野

  • 教育機関
  • 学校
  • 自治体
  • 地方公共団体
  • エデュケーションビジネス

従来の課題

過疎地や離島などにある小規模校では、一人ひとりの児童生徒に対してきめ細かく指導しやすいといった利点がある一方で、人間関係が固定化されてしまいがちで、集団の中で自己主張したり、他者に対して自分の考えを伝えたりするコミュニケーション力や社会性を養う機会が少なくなってしまう懸念があります。
生徒たちに、イノベーション能力、コラボレーション能力、情報活用能力など、これからの知識創造社会に必要な資質・能力をどのように身に着けさせていくかという点も地域の課題です。

対策例

離れた学校の児童間で意見を出し合ったり、共同で作品を作ったり、少人数学級だからこそ取り組める、学校を越えた交流活動や、企業、団体、研究機関などの専門家からアドバイスをもらえる交流学習をICT機器でアシスト。
また、大量の情報を収集・編集・共有・分析・表示できるというICT教育の特長は、教材に多様性をもたらします。個々の生徒の進捗状況に応じて知識を修得させるだけでなく、活用能力をも育成するアダプティブラーニングについては、都市部の学校以上に実践が進んでいる学校もあります。
個々の学習スタイル、興味関心、習熟度などにあった教材を提供することは、画一的な教科書教材を使用した場合に比べ、児童が学習内容を自己に関連付けたり、それを教室外学習へ発展させたりする意欲にもつながります。

対策例の用途

  • 学校教育の質を向上
  • ICT活用のノウハウ習得
  • コミュニケーション技術の習得
  • 効率的な学習支援
  • 学習指導・教材の充実

対策例の目的

  • 生徒のモチベーション向上
  • 教育機会の均等化
  • 習熟度別指導の効率化
  • 教師のファシリテーション支援
  • 考え方や表現方法の共有による多様性理解

さらに!

少子化や過疎化が進行する人口減少社会を迎える中、過小規模校の割合はますます増加する見込みです。児童生徒が集団の中で多様な考えに触れ、互いに認め合い、協力し合い、切磋琢磨することを通じて、思考力や表現力、判断力、問題解決能力などを育み、社会性や規範意識を身に着けるためには、一定の規模の児童生徒集団が確保されていることが重要です。ICTを通じた他校や地域社会との合同授業の継続的な実施も重要となります。

アダプティブラーニング
個々の生徒の理解度や学習の進捗状況をもとに、その生徒ごとに学習内容や方法を最適化する教育手法のこと。『適応する』という意味を持つ動詞adaptの形容詞であるadaptiveと『学習』や『習得』という意味を持つlearningによって構成されていることから、日本語では『適応学習』と訳されています。アダプティブ・ラーニングによって、生徒それぞれにより細やかな学習指導が可能になるほか、生徒間で学習の進捗状況や習熟度が大きい場合の指導に役立つとされている。

関連サービス

関連事例

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

ページ上部へ戻る