ベテラン生産者の栽培ノウハウを「見える化」して共有

  • AI/IoT/クラウド
  • 農業
  • 業務効率化
  • 導入のヒント

適用業界・ビジネス分野

  • 農業・農園経営
  • アグリビジネス
  • 経営支援
  • スマートアグリ

従来の課題

ブランド野菜の栽培はベテラン農家の“肌感覚”や“勘”に頼る面が多々あり、新規生産者の参入障壁が高いため、生産量を増やすことが簡単ではありません。
新規生産者が現れず、後継者がいないままでは、ベテラン農家の技術やノウハウが失われてしまい、ブランド野菜の生産自体が途絶えてしまうおそれさえあります。

対策例

圃場の湿度、温度、照度などの管理状況をタブレットやスマホでリアルタイムにモニタリング。経験知が数字として明確になることで、育成管理がしやすくなります。水分量や気温のデータを参照しながら、生育環境を狙い通りに調整することで、ベテラン農家のノウハウで栽培したブランド野菜に近づくことも可能です。

対策例の用途

  • 新規生産者の参入負荷軽減
  • 担い手の育成
  • 生産振興
  • トレーサビリティ
  • 高付加価値化
  • 高品質化

対策例の目的

  • 地域ブランド野菜の栽培効率化
  • 安定的供給
  • 収穫量増加
  • 農業所得増大
  • 農業教育のマニュアル化

さらに!

ベテラン農家の経験知を明確に数値化することで、新規就農者でも育成管理がしやすくなります。狙った生育環境に近づけるために、水分量や気温をどう調整すればいいか、モニターを参考にしながら、調整することが可能になります。

スマート農業
ロボット技術や情報通信技術(ICT)を活用して、省力化・精密化や高品質生産を実現する新たな農業のこと。スマート農業化することにより、農作業における省力・軽労化を更に進めることで、新規就農者の確保もでき、栽培技術力の継承も期待される。

関連サービス

関連記事

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

お問い合わせ

ページ上部へ戻る