「長年の経験」が頼りだった農作業を誰でもできる仕組みに

  • AI/IoT/クラウド
  • 農業
  • 業務効率化
  • 導入のヒント

適用業界・ビジネス分野

  • 農業
  • 経営支援
  • アグリビジネス

従来の課題

栽培期間が長い作物の場合、種を蒔いてから収穫が始まるまでみっちり管理する必要があることや、販売可能な農作物を安定生産できるようになるまでに膨大な時間がかかることから、新規参入へのハードルが高くなりがちです。
加えて、従事者の高齢化や農業人口の減少、後継ぎ不足で営農が困難となり、耕作放棄地が増加しつつあります。

対策例

膨大な経験と知見が必要とされる新品種の開発手法や最適な栽培方法をデータ化することで、ノウハウや経験が少ない新規参入者であっても、科学的根拠に基づいて短期間での高品質生産がしやすくなり、営農の効率化や収入拡大にもつながります。より多くの情報を収集したい場合には、地域全体の農家のデータを収集し、農業クラウドで共有することで、効率的なデータ収集・検証が可能です。

対策例の用途

  • 新規生産者の参入負荷軽減
  • 担い手の育成

対策例の目的

  • 栽培ノウハウの継承
  • 安定的供給
  • 農業所得増大
  • 耕作放棄地の活用

さらに!

個々の農家が感覚的行っていたものを、データ化し、科学的に根拠立てることにより、作業を効率化できるだけでなく、他の農家の栽培にも役立てることできます。
各農家一人ひとりの経験や勘によるところが多かった稲作経営においても、経験が少ない生産者でも効率的な営農が可能になります。

農業クラウド
農作物の生産から流通、販売管理など、農場経営にかかわる業務を支援するクラウドサービス。中心となるのは農作物の生産支援で、圃場の温度、湿度、照度、土中水分、土中温度、農薬や肥料の詳細や散布タイミングなどのデータを収集・蓄積して、作付面積や収穫量とともに分析管理できるようにすることで、経験が少ない生産者でもベテランと同じように農作物を生産できるようにすることをめざしている。

関連サービス

関連記事

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

お問い合わせ

ページ上部へ戻る