管理ハードルを下げることで
新規生産者でも短期間で
確実に生産・収穫

  • AI/IoT/クラウド
  • 農業
  • 業務効率化
  • 導入のヒント

適用業界・ビジネス分野

  • 農業
  • 経営支援
  • アグリビジネス

従来の課題

農作物の栽培は、気候に大きく左右され、人間による管理やコントロールは容易ではありません。近年は異常気象なども多く、管理負担がより大きくなっています。
ICT技術を用い、さまざまな環境や栽培のデータを蓄積し、知識や経験を迅速かつ効率的に引き継いでいくことが、国内農業に必要とされています。

対策例

土壌の状態や天候、肥料、作物の品種、行った作業などをすべてデータとして収集・管理し、生育管理に活用することによって、作物の品質向上、収穫量増加につながり、収益向上も期待できます。
データ化によって発育予測もしやすくなり、害虫の発生予測や農業気象災害の警戒・軽減などの生産管理も比較的容易に行えるようになります。

対策例の用途

  • 新規生産者の参入負荷軽減
  • 生産の省力化
  • 担い手の育成
  • 高品質化
  • コスト削減

対策例の目的

  • 地域ブランド野菜の栽培効率化
  • 管理負担の軽減
  • 安定的供給
  • 農業教育のマニュアル化
  • 耕作放棄地の活用

さらに!

見回りによる確認が必要であった水位・水温などの情報をスマホなどを用いて遠隔で確認することが可能になり、水管理の労力を大幅に削減。ICT技術で栽培ノウハウや経験の不足をカバーし、管理のハードルを下げることで新規生産者でも短期間での確実な生産・収穫が可能になります。
省力化された大規模営農も可能となり、人手不足などの課題解決に貢献しています。

ICT技術
ICTとは、「Information and Communication Technology」の略称で、「情報伝達技術」と訳す。ITとほぼ同義だが、ICTでは情報・知識の共有に焦点を当てており、「人と人」「人とモノ」の情報伝達といった「コミュニケーション」がより強調されている。日本では「IT」がよく使われているが、国際的には「ICT」を用いるのが一般的で、近年は日本でも省庁を中心にICTが用いられるようになった。情報技術の発展は、ビジネスだけではなく私たちの生活の形も大きく変えてきた。それは今後ますます加速していくと思われる。

関連サービス

関連記事

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

お問い合わせ

ページ上部へ戻る