被災地域住民の生活再建支援を
1人の取り残しもなく、
公正公平に確実に進めていく

適用業界・ビジネス分野

  • 地方自治体
  • 地方公共団体
  • 地方自治関係団体
  • 市区町村議会
  • 広域行政・広域連携

従来の課題

大規模な災害が発生すると、自治体はさまざまな対応業務に追われますが、その業務量は膨大で、なおかつ災害対応の経験がないと、どのように業務を進めていけばよいか分かりません。有事の際、被災者状況を一元的に包括管理し、スムーズに業務を遂行するためにも、平時より災害対応業務を標準化し、効果的に活用できるシステムが不可欠となります。

対策例

「被災者生活再建支援システム」の導入により、り災証明書の内容に応じて、仮設住宅の手配状況や、支援金の給付、税や公共料金の減免等、庁内横断的に被災者支援の状況をデータベース化し、管理を一元化。
支援が行き届いていない被災者やり災証明書の申請状況を把握し、自治体から住民に対してアプローチを行うなど、質の高い行政サービスが実現可能になります。

対策例の用途

  • 被害状況の早期把握
  • 災害時対応
  • 被災者生活再建
  • り災証明
  • 被災者台帳管理
  • 災害対策基本法への対応

対策例の目的

  • 行政への信頼獲得
  • 住民サービスの向上
  • ICTマネジメントの負荷軽減
  • 業務の標準化
  • 防災情報を管理
  • 被害情報を収集
  • 災害に強い街づくり

さらに!

被災経験がない自治体の場合、どういった調査項目や基準があるのか、記録の管理方法、証明書に必要な書式などが把握できず、何から手を付ければよいのか分からないという声がよく聞かれます。
「被災者生活再建支援システム」を導入することで、住民の皆様に公正公平かつ迅速なり災証明書の発行と被災者台帳の作成・管理ができるようになると共に、被災者への支援履歴の管理や状況認識の統一など、生活再建支援における業務全体のマネジメントが可能となり、自治体職員の方々の業務軽減が期待できます。

被災者台帳
被災者支援の支援漏れや手続きの重複をなくし、中長期にわたる被災者支援を効率的に実施するため、個々の被災者の被害状況や支援状況、配慮事項を一元的に集約するもの。事務の効率化だけでなく、遠隔地へ散り散りに避難した住民への取りこぼしのない支援、今後長く続く生活再建といった空間的・時間的課題に被災者台帳が機能していくことが期待されている。

関連サービス

関連事例

表示価格は、特に記載がある場合を除きすべて税抜です。

お問い合わせ

ページ上部へ戻る